円定期預金(3ヶ月もの)年5%の撒き餌付き。[8316]三井住友銀行から『資産作りセット』の案内をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

円定期預金(3ヶ月もの)年5%の撒き餌付き。[8316]三井住友銀行から『資産作りセット』の案内をいただきました。

個人口座・法人口座ともに私が普通預金の預入先のメインとしている銀行は[8316]三井住友銀行です。特に個人の方はとりあえず使わない現金を全て預け入れてありますので、普通預金ではなく利息無しの代わりに1,000万円を超えても元本保証である『決済性預金』を使っているんですよね。

個人的には、三井住友銀行に『いざ』という時はないと信じたいのですが、普通預金の利息が今の水準で推移するのであれば、とりあえずは『決済性預金』を中心に現金をキープしておくことにしたいと思います。『決済性預金』よりは『個人向け国債』の方がベターだという意見もあろうかと思いますが、その判断は難しいですね。

三井住友銀行からお手紙

三井住友銀行から封筒:さて、今回はその[8316]三井住友銀行から封筒をいただきました。普段、決済性預金以外にほとんど取引のない同社からお手紙がくるというのはちょっと珍しいですよね。早速開封して中身をチェックしてみることにしましょう。

投資信託 総合取引約款・規定集の改訂

投資信託 総合取引約款・規定集の改訂:今回、[8316]三井住友銀行からお手紙をいただいたメインの理由はこの投資信託 総合取引約款・規定集の改訂でした。こういう約款・規定集は本当は重要だと思っているんですけれども、実際のところをいうと私は一回も読んだ事がありません。こういう細かい書類を本当に全部読んでいる細かい方っていらっしゃるんでしょうかね?

SMBCニュースレター

SMBCニュースレター:さて、今回の投資信託の約款・規定集の案内と一緒にSMBCニュースレターというものも同封されていました。こちらは、ニュースレターとはいいますがページ数は少ないものでありまして、合計4ページのサービス案内ですね。普段からこういう案内は送ってくれても良いのですが、我が家はそれほど同銀行で取引をしないので、こういうレターをいただく機会はありません。

三井住友銀行 資産づくりセット

[8316]三井住友銀行 資産づくりセット:今回の『SMBCニュースレター』のメインとなる情報は、今回の記事のタイトルにも挙げた資産づくりセットです。最近、銀行系では良く行われている『投資信託などの投資商品』と定期預金を組み合わせたキャンペーンということになりますね。

『投資信託』の方で手数料たんまりが期待できるため、こういった系統のキャンペーンの円定期預金の部分はそれなりの好条件が定番となっています。今回は、条件によって異なるのですが円の定期預金3ヶ月ものの初回金利が『2%』または『5%』になるんですよね。預け入れは3ヶ月とはいえ、5%の定期ですと100万円毎に税引後の利息が1万円近くになりますので、決して無視出来る金額ではありませんよね。

ただ、こういったキャンペーンを利用する際は一緒に買う『投資信託』を良く吟味する必要があります。元々買いたい投資信託があったという方であれば、その投資信託を購入すれば良いと思うのですが、あくまで定期預金キャンペーンがメインという方は、投資信託の方では損をしにくい商品をオススメしたい所ですね。

三井住友銀行で扱っている投資信託の中から良さそうなものを見てみると、基準価額の動きにくい国内債券ものの投資信託であるSMT 国内債券インデックス・オープンがオススメできるのではないかと思います。

ただ、国内債券系の投資信託は普段は基準価額が動きにくいのですが、最近の基準価額の値動きを見るとわかるように最近は値動きが以前よりは激しくなってきてしまっています。株式に投資する投資信託よりは値動きはまったりですが、損をしてしまう可能性があるというのは十分に理解しておきたいですね。

ということで、今回は[8316]三井住友銀行からいただいたお手紙の中から、3ヶ月の円定期預金で5%というビックリのプランも選択可能な『資産づくりセット』の情報などをご紹介しました。この商品は、色々とややこしいルールがあるようですので、実際に投資をされる際は店舗でアドバイスを受けながらというのが良いでしょうね。興味のある方はお近くの三井住友銀行のお店へお願いします。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ