リベレステ[8887]が星野リゾート優待涙の廃止も超上方修正で一気に1位に初登場。☆国内高配当株式トップ10(2015年2月13日現在) - 高配当株で配当金生活

リベレステ[8887]が星野リゾート優待涙の廃止も超上方修正で一気に1位に初登場。☆国内高配当株式トップ10(2015年2月13日現在)

今週は、アメリカのダウ平均株価が久しぶりに18,000の大台に乗りましたよね。瞬間的な過去最高値はこの記事を執筆している時点で、2014年12月26日の18,103.45となっています。来週、この値を超えて来るかに注目したいですよね。私は、そんな絶好調のダウ平均株価の推移の中で、相対的にダメダメ銘柄を狙っていきたいと思っています。例としては、先日の記事でご紹介した[COH]コーチがありますね。

■ 過去の参考記事;誰もが知っているブランドバッグ販売会社。[COH]コーチから配当金をいただきました。高配当ながら、株価は3年前の約半額ですね。

また、日経平均先物の値も先週末の値で18,000を超えてきていますよね。私のポートフォリオはディフェンシブ株・優待株ばかりなので、日経平均株価の動きとは関係なく独自の上げ下げとなる事が多いのですが、一般的な投資家はベタな銘柄をお持ちの方が多いと思いますので、日経平均株価などの株価指数が好調というのは好ましい事ですよね。

さて、今回は2015年2月13日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第114回(2015/02/07):アズマハウス(4.18%)/アルプス技研(4.12%)/キヤノン(4.04%)
第113回(2015/01/30):アズマハウス(4.21%)/キヤノン(4.01%)/CDS(3.80%)
第112回(2015/01/23):アズマハウス(4.25%)/京都きもの友禅(4.16%)/ウェッズ(3.83%)
第111回(2015/01/16):アズマハウス(4.23%)/京都きもの友禅(4.16%)/キヤノン(4.04%)
第110回(2015/01/09):アズマハウス(4.23%)/京都きもの友禅(4.16%)/キヤノン(4.04%)

2015年2月13日現在のランキングです

1(初):[8887]リベレステ:4.16%(-)
2(ー1):[3293]アズマハウス:4.13%(-0.05%)
3(ー1):[4641]アルプス技研:4.01%(-0.01%)
4(ー1):[7751]キヤノン:3.93%(-0.11%)
5(ー):[2169]CDS:3.78%(-0.01%)
6(+1):[7551]ウェッズ:3.71%(+0.01%)
6(ー):[4718]早稲田アカデミー:3.71%(-0.04%)
8(+2):[4767]テー・オー・ダブリュー:3.64%(+0.09%)
9(ー1):[9757]船井総研HD:3.55%(-0.06%)
10(再):[4327]日本エス・エイチ・エル:3.52%(-)
4(再):[9622]スペース:3.97%(-)

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は1位に[8887]リベレステが初登場した以外は動きの少ないランキングでした。ただ、実は先週4位にランクインしていた[9622]スペースが今週はランクの集計対象外になってしまっているんですよね。これは、先週発表された今期2015年12月期の決算予想で経常利益が『ー1.9%』と出てしまったためなのでです。経常利益前年度比+がランクインの条件ですので仕方ないですよね。私は、これからもホールドしたいと思っています。

[8887]リベレステ 2015年5月期上方修正:さて、先週金曜日に分譲マンション販売の小型・高配当株である[8887]リベレステの業績が上方修正となりました。今までの同社はROE7%基準を満たしていなかったのでランキングの集計対象外だったのですが、今回の業績上方修正で予想ROEが7%を超える見込みとなりましたので、ランキングの集計対象になっています。

■ 過去の参考記事:リベレステ[8887]から中間報告書と中間配当金、星野リゾート裏磐梯ホテルの宿泊優待券などをゲット。配当も4%台キープ中です。

さて、この[8887]リベレステは既に私が保有している銘柄でありまして、今月の上旬に上記の記事を執筆しています。その時に星野リゾートの優待券をゲットと書いたんですけれども、今回の業績上方修正のIRの最後の部分にこっそりと『星野リゾートの優待は廃止いたします』と書いてありました。同社は基本高配当株式で優待はオマケでしかないとは思うのですが、これから新規で星野リゾート目当てで同社の株式を買わないように気をつけたいですね。

リベレステ[8887]の主要指標(2015年2月15日現在)

■ PER:5.89倍(予想)
■ PBR:0.94倍(実績)
■ ROE:3.4%(実績)
■ 配当利回り:4.31%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:27.8→112.2→32.7→25.5→122.5(2015/05予想)
■ 直近5期の配当推移:30→30→30→30→30(2015/05予想)

では、最後にリベレステ[8887]の主要指標をチェックしておくことにしたいと思います。元々の予想EPS(1株あたり純利益)は56円程度の予想だったのに、今回は122.5円まで一気に2倍以上の上方修正となりました。ただし、今回の上方修正は優待廃止にも絡んでいるもので、同社のホテル事業売却益が寄与しているものです。特殊要因である事は理解しておかなくてはいけませんね。

ちなみに、同社は前述の通り分譲マンションを主力としている会社ですけれども、同社規模の会社の場合物件の引渡時期のタイミング等で業績がそこそこ揺れ動く傾向にあります。ただ、配当については長年減配を行っていないというのが同社の誇りだそうなんですよね。これからも、単年度で見ると業績が良い時、悪い時ともにあると思うのですが業績が悪い時に買い増しを行えたらと思っている銘柄です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ