誰もが知っているブランドバッグ販売会社。[COH]コーチから配当金をいただきました。高配当ながら、株価は3年前の約半額ですね。 - 高配当株で配当金生活

誰もが知っているブランドバッグ販売会社。[COH]コーチから配当金をいただきました。高配当ながら、株価は3年前の約半額ですね。

私自身は正直な所ブランドの事はよく分からないんですけれども、身なりはそれなりに整えるように努力しておりまして、小物はブランドものをできるだけ利用するようにしています。必ずしもブランド物=優れたものという訳ではないと思うのですが、それでもブランド物は比較的しっかりとした作りのものが多いような気がしますよね。

コーチ 画像
※ 上記画像はコーチジャパンの公式ウェブサイトから引用

さて、今回はそんな『ブランド物』銘柄の1つである[COH]コーチから配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。皆さんも『コーチのバッグを持った事がある』かどうかはともかく、さすがに『コーチ』という名前を聞いた事がないという方は少ないのではないかと思いますね。

さて『コーチ(Coach)』というと英語に詳しい方なら『大きな乗り物』をこう呼ぶ事をご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。実は、この[COH]コーチもこの名前に由来している会社でありまして、その正確な由来は馬車なんですよね。馬車のマークというと、今のコーチのロゴにも用いられていますよね。

COH 株かチャート
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[COH]コーチの過去5年間株価チャート:さて、この[COH]コーチは実は過去5年間のチャートで見てみると『株価が大きく下がっている企業』であると言えます。2012年頃は株価が80$に達そうかという場面もあったんですけれども、2014年には逆に32$台まで株価が下落する場面があったんですよね。これは、同社の業績減速が主要因でありますが、ここまで株価が落ちると配当利回りが4%以上となりましたので、業績減速の中で勇気を持って同社の株式を購入しました。

同社の2014年6月期の1株当たり純利益は2.79$と前の期に比べ2割強の減少となりました。確かに前の期と比べると減少ではあるんですけれども、これは2011年6月期とほぼ同じ水準なんですよね。最近は、将来の業績観測がたってきているのか株価も反転しています。2015年6月期は減益を食い止められるかに注目したいですね。

[COH]コーチの主要指標(2015年2月12日現在)

■ PER:19.3倍
■ PBR:4.3倍
■ ROE:32.35%
■ 配当利回り:3.41%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:2.23→2.92→3.53→3.61→2.79(2014/06実績)
■ 直近5期の配当推移:0.37→0.68→0.99→1.24→1.36(2014/06実績)

では、最後に[COH]コーチの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。アメリカでは12月決算の会社が多い中、同社は6月決算というちょっと珍しい企業ですね。さて、個人的に一番重視しているEPS(1株あたり純利益)は前年度は22%ほどのダウンとなってしまいました。今期も引き続きマイナスで推移しているようでありまして、過去4四半期分のEPSを足し合わせてみると2$強でしかないんですよね。

その一方で、実は長らく配当を行っていなかった[COH]コーチは、2009年から配当をスタートさせました。『今までのような成長が難しい』というフラグではあるのかもしれませんが、それはそれとして配当金投資家としてはウレシイ事ですよね。ここ2年は減益傾向のため増配ペースは鈍っていますが、減益でも増配というのは何とも典型的なアメリカ企業らしいですよね。

現在は、株価が上昇したので一旦売ってしまった[COH]コーチの株式なんですけれども、また株価が下がって配当利回りが4%台に突入するようでしたら、再度購入を検討したいと思います。業績の急成長はなくとも、ヨコヨコ〜微増程度の増益・増配継続に期待したいですね。

米国個別株式デビューには、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中

SBI証券では使えない「成行注文」が出来るため、指値をするのが面倒な方にオススメです。単純な株式取引の手数料も他大手2社に比べると割安です。2013年12月から特定口座への対応が始まった事により、確定申告の煩わしさがなくなりました。

また、さらに2014年8月からは、米国市場に上場している米国『以外』の国の株式である『ADR』の取り扱いもスタートしています。ADRの取り扱い銘柄数については、他ネット証券大手2社に劣っているのですが、その事を除くと相対的には一番オススメといえるのではないかと思っています。私も米国株取引は主に同社を利用しています。


グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
■ 楽天銀行と提携で普通預金の金利がアップ
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 東南アジア株式も特定口座に対応へ

東南アジアの株式の取り扱いが多いのが魅力的。楽天市場の楽天ポイントが貯まりやすく、楽天銀行との提携で普通預金の金利も特別金利になります。ADR(米国上場の他国の株式)の銘柄選択のセンスが私好みですね。米国上場の米国以外の株式を買いたい方にもオススメです。

楽天証券もマネックス証券の後を追う形で2014年12月から外国株式の特定口座への対応が始まりました。マネックス証券で取り扱いのない『東南アジア株式』なども視野に入れているという方は、楽天証券ではじめるというのも一つの手かもしれませんね。


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ