偽セレブの自分には厳しい物件?神戸市内なのに80平米で8,000万円〜億ションの超高級レジデンス『岡本レジデンス』をご紹介します。 - 高配当株で配当金生活

偽セレブの自分には厳しい物件?神戸市内なのに80平米で8,000万円〜億ションの超高級レジデンス『岡本レジデンス』をご紹介します。

2012年末頃からスタートしたいわゆるアベノミクス相場のおかげで『一気に資産を増やした』という読者の方は少なくはないのではないかと思います。かくいう私もその1人でありまして、下でご紹介している配当金生活のポートフォリオの基準価額は、2012年末頃までは上がったり下がったりという推移だったのに、それ以降3年かけて5割程度上昇しているんですよね。

私は保守的なポートフォリオを志向しているので、チャレンジングな銘柄選択をしている投資家に比べて成績としてはイマイチだとは思うのですが、それでも5割以上プラスになっているということは、元手を考えると1億円以上プラスになっている訳でありまして、実は手元には現金が大量に余っている状況になっています。

『いずれそれなりの規模のインフレが来る可能性があるではないか』と考えている私。本来は日銀が目指しているように2%程度のマイルドなインフレが望ましいとは思うのですが、2%を目指したらめっちゃ上がっちゃったというのは資本主義社会では往々にしてある話です。そういう時の事を思うと、株式に投資するのは当然ながらさらに現物不動産を保有するのも悪くはないと思うんですよね。

さて、私はアベノミクス相場前夜に兵庫県内の阪神電車という私鉄の主要駅の駅近に居住用マンションを購入しました。このマンションは将来家族で住むには小さすぎるので、いずれは賃貸行きが決定しておりまして、いずれ『自分用のちょっと豪華なマンション』を購入したいと思っています。

岡本レジデンス

めっちゃ高いマンション 岡本レジデンス:さて、今回はそんな私が出来れば住みたいと思っているマンションの1つである岡本レジデンスという物件をご紹介することにしたいと思います。一般的に兵庫県のマンションは東京都に比べるとかなり安いのが通常でありまして、私が今住んでいるマンションも新築で3,000万円前後でした。

それなのに、上の岡本レジデンスを見てみると一番小さい80平米のタイプで8,000万円もしているんですよね。既に販売が進んでいる段階なので、もう少し安いお部屋もあったのかもしれませんが、それにしても1平米あたり100万円以上もするマンションは、私が今住んでいるマンションの『倍の水準』と言う事になるのです。地図で調べると我が家から7kmしかないのにこの差なんですよね。

神戸のセレブエリア『岡本』:さて、この物件が所在するのは阪急神戸線の岡本駅とJR神戸線の摂津本山駅の間です。この岡本駅は、関西圏にお住まいの方以外はほとんどご存知ないと思うのですが、神戸市の中でも最も高級で品のあるエリアと言われている所なんですよね。住みたい町ランキングでも、関西地区の中では上位の常連となっているエリアです。

大阪梅田にも神戸三宮にも行きやすい町です:共に神戸の中心地である『三宮』と大阪の中心地である『梅田(大阪駅)』を結んでいる阪急神戸線とJR神戸線。この2路線は駅同士が近くライバル関係にある事で有名なのですが、この岡本エリアでは駅同士が数百メートルしかなく、岡本レジデンスからはどちらも徒歩3分以内で行けるんですよね。どちらの駅も神戸・大阪の繁華街に10〜20分程度で着く非常に便利なエリアです。

オーダーメイドの間取り:超お高い物件である岡本レジデンスですが、この物件の特徴となっているのがオーダーメイドの間取りです。私自身、手元にはかなり多くの資金がありますのでこの物件は憧れなんですけれども、このオーダーメイドの間取りが購入をためらわせる要因なんですよね。さすがに、このレベルのマンションを1人で買いに行って、設計士さんと打ち合わせなんてちょっと恥ずかしいですからね。

インナーガレージを作る事ができます岡本レジデンスの一部部屋タイプでは、こんな感じでインナーガレージを作る事ができるんだそうです。めっちゃ高級な外車などを乗り回す方の多い岡本エリアなので、このインナーガレージにふさわしい高級車をお持ちの方がこういうタイプの部屋を使うんでしょうね。

ということで、今回は神戸市の中で最もセレブなエリアの1つである『岡本』に存在するマンションであり、私自身もご縁があれば是非とも購入してみたい物件である岡本レジデンスをご紹介しました。『将来のインフレ対策』というのが、最近私がちょくちょくマンションを見ている理由ではあるのですが、その一方で今マンションを買うと高値づかみの懸念もあると思うんですよね。そのせめぎ合いは非常に難しい所ではないかと思います。皆さんはどのようにお感じになりますか?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ