セゾン投信口座をお持ちのお客様への『セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのご案内』をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

セゾン投信口座をお持ちのお客様への『セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのご案内』をいただきました。

当ブログでは度々ご紹介しているセゾン投信の投資信託であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド。先日、バンガード社のネット証券の米国株口座を通じて購入するETFが一気に50本も増えるというニュースがありまして、こういった商品を組み合わせると必ずしもセゾン投信の投資信託を使う必要性は薄くなってきていると思うのですが、それでも米国株口座は何かと敷居が高い部分もありますので、こういった投資信託の必要性はまだそれなりに高いのではないかと思います。

ということで、私も毎月1万円ずつの積立投資を続けているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなんですけれども、この運営会社はセゾン投信と名づいているように、あの『セゾングループ』の会社なんですよね。上のバナーを見ても『セゾングループ』であることが感じられるのではないでしょうか。

セゾン投信から宣伝のメールマガジンをいただきました。

さて『セゾングループ』の一員であるセゾン投信。自社グループ内の商品ということで、時々セゾン投信名義でセゾン系のクレジットカードの案内が届くんですよね。また『投資家=高所得』というイメージなのか、いつも届くのは『プラチナカード』の案内なのです。今回は、ダイレクトメールと公式ウェブサイトから引用した情報をご紹介しつつ、興味のある部分を見ていきたいと思います。

セゾン投信からのメール

セゾン投信からのメール:さて、今回はセゾン投信からメールの形で同社のハイクラスなクレジットカードの1つであるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの案内をいただきました。

このカードは、同社の中では最上級のクレジットカードの1つなんですよね。それでも年会費が2万円なのがさすがは『セゾン』という印象でして、公式アメックスブランドにこだわらないのであればサービスと年会費のバランスが非常に良いカードではないかと思うのです。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービス:さて、プラチナ系のカードの特徴の1つと言えばコンシェルジュサービスですよね。私は『アメックスプロパーのプラチナカード』を使っていますが、海外旅行で行きたいレストランがある時に予約をするようにしています。国内のレストランであれば、よほど高級な所に行く場合以外は一休.comレストランなどのサイトで十分ですからね。

空港ラウンジサービス

空港ラウンジサービス:個人的にはクレジットカードで一番重要だと思うサービスの1つが空港ラウンジサービスです。このカードで利用できる国内主要空港のラウンジは普通の『ゴールドカード』とそう変わらないのですが、このカードの特色と言えるのは『プライオリティパス』ですね。

■ 過去の参考記事:『プライオリティパス』で利用可能な高雄国際空港『THE MORE プレミアムラウンジ』で食べ放題です。(LCCのピーチ航空で行く高雄・台南の旅その11)

このプライオリティパスは、世界120以上の国・400以上の都市で700以上の空港ラウンジがタダで利用できるようになるカードです。通常の年会費は399ドルなのにこの『セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード』を保有しているだけでこのプライオリティパスが付与されてしまうんですよね。これは結構大きいのではないかと思います。

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービス:なくても困るという訳ではないんですけれども、あれば助かるのが空港での手荷物無料宅配サービスです。特に、空港までの往復を公共交通機関を使うという方には役に立つと思うんですよね。このサービスは『国際線利用時限定』のため、最近は飛行機のチケットを確認される事が多くなっているように思います。チケットを飛行機の中に置き忘れる事のないようにしたいですね。

ファミリーカードサービス

ファミリーカードサービス:『ファミリーカードサービス』というと、要するに『家族カード』ということですね。本当に年会費の高いプラチナ系のカードの場合は家族カード追加無料の所が多いように思うのですが、『セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード』の場合は1枚当たり年3,000円となっています。まあ、本会員の年会費が安いのでこれでも十分に良心的だとは思いますけどね。

ということで、今回は投資の話題からはちょっと外れましてセゾン投信からいただきましたクレジットカード・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの広告宣伝の内容を中心にご紹介しました。このカードは、プラチナカードの中では年会費が安く、その一方で特に旅行系サービスはソコソコなのでそれなりにオススメできるカードです。実を取るのであれば、私も作成していたのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ