キユーピー[2809]から事業活動報告書・株主総会招集通知・期末配当金。株主様優待見学会の案内もついています。 - 高配当株で配当金生活

キユーピー[2809]から事業活動報告書・株主総会招集通知・期末配当金。株主様優待見学会の案内もついています。

基本的に業績の変動幅が小さいとされる『ディフェンシブ株』を好む私。今回の記事でご紹介する[2809]キユーピーなどの『食品株』はよほどの高級品でなければ、景気変動の影響を受けにくいというのが常識的な判断だと思いますよね。この[2809]キユーピーは『ディフェンシブ株』の範疇でありながらかつ株主優待も人気の銘柄なんですけれども、最近はこの優待人気のおかげなのか、同社の株価は絶好調な推移となっています。

2809 キユーピー 事業活動報告書

[2809]キユーピー 事業活動報告書:さて、今回はそんな[2809]キユーピーから配当金・事業活動報告書・株主総会招集通知の3つをいただきましたので、その中の一部を読者の皆様にご紹介することにしたいと思います。同社は11月決算の会社ですので、株主総会はおおよそ3ヶ月後の今月末に開催ということになりますね。私の保有銘柄の中では11月決算というのは非常に珍しい事ではないかと思います。

キユーピー 中国で圧倒的なシェア

[2809]キユーピー 中国で圧倒的なシェア:日本と中国と言えば、経済的にはかなり密接ではありながらなにかとややこしい関係ですよね。業種によっては、その会社の営業努力とは全く関係なしに売れなくなってしまう事も珍しくはないと思うのですが、ペビー用品に強い[7956]ピジョンなどではほとんど影響がなかったというのは有名な話ではないでしょうか。[2809]キユーピーもあれだけ色々とあって、マヨネーズでこのシェアなんですから影響は大きくはなかったんでしょうね。

キユーピー 海外での売上の伸び

[2809]キユーピー 海外での売上の伸び:皆さんもご存知の通り、国内の人口は既に減少傾向となってしまっているため。[2809]キユーピーのような小売り系の会社は、長期的に成長を続けようとするのであれば海外に討ってでるしかありません。その海外での売上比率はまだ6%弱ではあるんでけれども、足元は年率3割程度のペースで伸びています。特に中国・北米の伸びが良いようですね。

キユーピー 株主向け見学会実施

[2809]キユーピー 株主向け見学会実施:さて、[2809]キユーピーのような製造業系の会社では『株主向けの見学会』を行う所が多いように思います。同社の場合も、東京調布市にある自社施設のマヨテラスで見学会を行うようですね。ただ、その参加可能人数は35名と極端に少なく、参加出来る株数も1,000株縛りがあるために、私のような100株の零細株主はお呼びではありませんでした。残念ですね。

[2809]キユーピーから配当金をいただきました。

2809 キユーピー 配当金

さて、今回は[2809]キユーピーから1株当たり11.5円の期末配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は974円ということになりました。

参考:キユーピー[2809]の株主優待 (11月/年1回)

自社商品詰合せ(マヨネーズ・ドレッシング等)
■ 1,000円相当:100株以上
■ 3,000円相当:1,000株以上
※ ご注意:2015年11月から3年以上株式を保有した方のみが株主優待の権利を持つ事になります。見た目改悪ではあるんですけれども、本来の株主優待の趣旨に照らし合わせると、長期保有を優遇するというのもあながち悪い事ではないように思いますね。

キユーピー[2809]の主要指標(2015年2月10日現在)

■ PER:26.58倍(予想)
■ PBR:2.07倍(実績)
■ ROE:7.1%(実績)
■ 配当利回り:0.98%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:62.6→82.1→83.9→86.8→100.0(2015/11予想)
■ 直近5期の配当推移:18→20→22→23→26(2015/11予想)

では、最後に[2809]キユーピーの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。まず、同社の2015年11月期の配当予測については以前の前年度比ヨコヨコの予想から、+3円の26円配当に増配予想と変更になっていますね。EPSも同じく1割程度の上方修正となっています。

それでも、基本的には『ディフェンシブ』な[2809]キユーピーの業績推移はそれほど大きな変動もなくまったりヨコヨコという印象なのですが、株価の方だけは全然そんな事はございませんで、この1年間で2倍にまで上昇してしまっています。外食系の優待銘柄であればちょくちょく見かけるケースなのですが、[2809]キユーピーのような銘柄まで物色の手は及んでいたのですね。

さて、過去の同社の株価の事を思うと今の同社の株価はちょっと割高と感じるのですが、それはあくまで私の感想であります。同社の株主優待は来年度から基本的に『3年以上の長期保有』でしかもらえなくなりますので、株主優待目当ての人は意外とホールドし続けるのではないでしょうか。私自身も今の所はそのつもりです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ