アメックス・プラチナカードから高級ホテルに1泊タダで宿泊出来る『フリー・ステイ・ギフト』をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

アメックス・プラチナカードから高級ホテルに1泊タダで宿泊出来る『フリー・ステイ・ギフト』をいただきました。

今回は久しぶりにクレジットカードの話題となりまして、私が保有しているクレジットカードであるアメックス・プラチナ・カードのサービスのうちの1つである『フリー・ステイ・ギフト』をご紹介することにしたいと思います。

この『フリー・ステイ・ギフト』は、その名前の通りホテルにタダで宿泊できるという素晴らしいチケットなんですよね。しかも、後述の通り対象になっているホテルがそれなりに高級なホテルなので一緒に宿泊する人がいるという幸せな方であれば、かなり有効に使えるのではないかと思います。

ただ、この『フリー・ステイ・ギフト』で宿泊しようとすると、なかなか部屋が空いていないんですよね。私は繁忙期や週末に予約しようとしている訳ではないのですが、今まで6カ所くらいのホテルに電話して『一度も希望日が空いていた事がない』のです。追加料金を払ってアップグレードする部屋なら大体のホテルが空いているんですけどね。

それでも、ある1つのホテルで『いつ宿泊しても構いません』という余裕のあるスケジュールであれば、予約は取れるのではないかと思います。去年は旅行のついでに利用しようとしたので、この『フリー・ステイ・ギフト』を使うのに苦戦しましたが、今年は地元近くのホテルに『空いている日』にタダで宿泊するようにしたいと思います。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード:さて、アメックス・プラチナカードは年会費面でも取得面でも結構敷居の高いカードだと思うのですが、『ホテル関係だけ』プラチナ級のサービスを受けるのであれば、上記のスターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードがオススメです。

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを保有していると、シェラトン系のホテルプログラムの『SPGゴールド会員』が付与されたり、ホテルのタダ券が年1枚ゲットできたりと、ホテル系のサービスについてはアメックスプラチナカードのサービスと遜色ないんですよね。詳細が気になる方は上記のバナーからご覧いただければと思います。

アメックス・プラチナ・カードから案内をいただきました。

アメックス・プラチナ・カード 封筒

アメックス・プラチナカード 封筒:さて、今回はアメックス・プラチナカードから案内をいただいています。アメックスのプラチナカードらしく、プラチナカード色の封筒でお手紙が届くのが特徴ですね。他社のプラチナカードですと黒を基調としている所もありますが、個人的にはやはりこの系統の色の方が『プラチナカード』であるという印象を受けますね。

アメックス・プラチナカード フリー・ステイ・ギフト

アメックス・プラチナカード フリー・ステイ・ギフト:こちらが、アメックス・プラチナカードからいただいたフリー・ステイ・ギフトです。カードで隠している部分に私の会員番号と名前が書いておりまして、右側の部分にサインをして利用することになります。実際に宿泊出来るのはカード会員本人+1名か、家族会員+1名ということですね。当然、宿泊時には『アメックス・プラチナカード』をホテルのカウンターで見せる必要があります。

フリー・ステイ・ギフト対象ホテル

アメックス・プラチナカード フリー・ステイ・ギフト対象ホテル:さて、こちらは『フリー・ステイ・ギフト』に参加しているホテルの一部となります。参加しているホテルは全部で33でありまして、国内あちこちに散らばっている事から、どのカード会員さんも地元で利用したり、旅行先で利用したりと色々な選択肢を楽しむ事ができるのではないかと思います。

33の対象ホテルの中で、私自身がオススメしたいのはやはり地元兵庫県を代表する高級ホテルの1つであるホテルオークラ神戸ですね。天皇陛下が神戸でお休みになるホテルとしても知られている超名門ホテルです。今回のチケットはこのホテルで利用して、このブログ内でホテルオークラ神戸宿泊をご紹介したいと思っています。皆さんの関西旅行の参考となれば幸いです。

ということで、今回は私が保有しているクレジットカードである『アメックス・プラチナカード』のサービスの1つであるフリー・ステイ・ギフトをご紹介しました。アメックスのプラチナカードの年会費は13万円+税という驚きの高さなので、このサービス自体がきっかけで保有したいという方もなかなかいらっしゃらないとは思うのですが、それはそれとして、利用する側としてはウレシイサービスではありますよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ