松屋フーズ[9887]の株主優待券を使って『チゲカルビ焼セット』のランチタイム。ついでに、ついに同社の株が含み益に!? - 高配当株で配当金生活

松屋フーズ[9887]の株主優待券を使って『チゲカルビ焼セット』のランチタイム。ついでに、ついに同社の株が含み益に!?

このブログをご覧の読者の方は、実際に国内株式に投資しているという方が多いと思うんですけれども、一生含み損なんじゃないかなと思ってしまう銘柄が1つはあるという方が多いのではないでしょうか?私の場合は、[9887]松屋フーズがその1つでありました。

ついに含み益に

[9887]松屋フーズ ついに含み益に:さて、最近の優待株人気の流れに乗る形で株価推移がかなり堅調な[9887]松屋フーズ。10年前に買った株価に戻る事はもう二度とないと思っていたのに、ついに含み益水準まで株価が回復してきました。株は損切りが大切という方も中にはいらっしゃるようですが、私は『耐える』方が自分好みではありますね。ちなみに、1行上の[9861]吉野家HDの含み損状態はまだまだ続いています。

松屋フーズ[9887]の株主優待 (3月/年1回)

優待お食事券
■ 100株以上:10枚
※ 主要メニュー+おすすめメニューの中から1品を選択可能です。

9887 松屋フーズ 株主優待券

2015年1月30日現在のオススメメニュー
9887 松屋フーズ おすすめメニュー

[9887]松屋フーズの株主優待券でいただく事のできるおすすめメニューは頻繁にそのラインアップが変更されます。最新の情報は松屋の公式ウェブサイトで公開されていますので、『限定メニュー』狙いの方が松屋で優待券を使う際は、都度確認した方が良いかもしれませんね。

■ >>> ヤフオクでも大人気の[9887]松屋フーズの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

松屋フーズ[9887]の主要指標(2015年1月30日現在)

■ PER:54.57倍(予想)
■ PBR:1.41倍(実績)
■ ROE:2.1%(実績)
■ 配当利回り:0.98%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:114.3→111.7→40.4→36.2→45.1(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→25→24→24(2015/03予想)

チゲカルビ焼セットのランチタイムです。

チゲカルビ焼セットのランチ

お水もいただけます:さて、今回は株主優待券でいただけるセットメニューの中では最も高いメニューの1つ、690円のメニュー(720円の地域もあるようです)であるチゲカルビ焼セットをいただきました。このメニューについている『チゲ』は辛い料理ですので、こんな感じで『お水』と『お茶』の両方をいただけます。

チゲ

チゲ:チゲカルビ焼セットのメインですね。韓国料理屋さんで食べる『チゲ』に比べるとイマイチかなとは思うのですが、これはこれで結構美味しい商品ではないかと思います。カルビの付かない普通のチゲのセットであれば500円で食べられますが、この商品で500円ならお金を払って食べても良いのではないかと思うほどですね。

カルビ焼肉

カルビ焼肉:チゲカルビ焼セットの副菜です。本当であれば、チゲもカルビもどっちもメインとなる事が出来る商品だと思うので、その2つの商品を同時に食べられるチゲカルビ焼セットは優待でいただける商品としてはかなりお得ではないかと思うんですよね。

半熟卵

半熟卵:半熟卵は生卵と選択可能です。この2商品は単品で頼んだ場合半熟卵の方が高いので、ついこっちを選択してしまうのですが、チゲの具を浸しながらいただくのであれば生卵の方が向いているのかもしれませんね。

ごはん

ごはん:チゲカルビ焼セットのごはんです。松屋の株主優待券を利用して定食をいただく場合、ご飯は無料で大盛りにできるんですけれども、この『チゲカルビ焼セット』自体かなり量の多いメニューなので、これでかつ『大盛りご飯』を食べるのはかなりの大食いでないと厳しいのではないかと思います。私は普通サイズのご飯をチョイスしています。

ということで、今回は[9887]松屋フーズの株主優待券を利用しまして、同社の優待券対象のメニューの中ではかなりお高い商品であるチゲカルビ焼セットをいただきました。このメニューは『期間限定メニュー』ということなので、楽しむなら今のうちなんですよね。まだ同社の株主優待券が手元に余っているという方は、この機会に利用してみることをオススメしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ