R&Iファンド大賞2014受賞『ひふみ投信』の運用レポート『ひふみのあゆみ』をいただきました。今までの私の運用成績もご紹介です。 - 高配当株で配当金生活

R&Iファンド大賞2014受賞『ひふみ投信』の運用レポート『ひふみのあゆみ』をいただきました。今までの私の運用成績もご紹介です。

『投資信託』はこのブログをご覧の方のほとんどの方がご存知だと思います。最近、この投資信託は日経平均株価などの指数などに連動する『インデックス型』の商品が人気になっているんですよね。毎年の運用経費である『信託報酬』が安い事が魅力でありまして、結局プロでも指数に勝ち続けるのは難しいと言われている事から、このインデックス人気はある意味理にかなっているものなのではないかと思います。

ファンド大賞のひふみ投信

R&Iファンド大賞3年連続受賞のひふみ投信:さて、今回はそんな保守的な運用の『インデックスファンド』とは対局的な商品であると言えるひふみ投信 から毎月の運用レポートにあたるひふみのあゆみをいただきましたので、このレポートの一部も見ながら私自身が投資しているひふみ投信の成績も合わせてご紹介することにしたいと思います。プロでも『インデックスに勝ち続けるのは難しい』と言われている今の世の中で、それなりに指数に勝ち続けているのがひふみ投信なんですよね。

アクティブなファンドにしては手数料が安め!?:さて、今回の記事でご紹介するひふみ投信は、その運用方針として第一に『守りながら増やす運用』を挙げてはいるものの、実際は結構チャレンジングな投資方針だと私自身は考えています。そういう投資信託だと、どうしても運用経費は高くなってしまいがちなのですが、ひふみ投信の年間の運用経費にあたる信託報酬は1.0584%とそれほど極端に高いものではないんですよね。

女性向けセミナーを開催中です

女性向けセミナーを開催中です:知名度が低かった時代からとにかくセミナーを大切にしてきているイメージのあるひふみ投信。最近は上記のように『女性向け』のセミナーに力を入れているようですね。実は、元々投資信託としては女性の口座が多いという同社ですけれども、こういうセミナーを行う事で若い女性の方を顧客に出来れば将来的にはファンドの発展につながる気がしますね。

地方でのセミナー開催も盛んです

地方でのセミナー開催も盛んです:地方の小型株への投資も積極的に行っているひふみ投信。実際にFMの藤野さんが投資している会社に出向く事もあるようなんですけれども、それ以外に同社は地方でのセミナー開催に積極的なんですよね。あまりに地方すぎる所で開催しすぎて参加者が数人と言う事も過去にはあったそうですが、それでもこういう姿勢は普段から『地方銘柄重視』の私にとっては+材料です。

たっちゃんのひふみ投信成績

たっちゃんのひふみ投信成績(2015年1月下旬現在):さて、ここで私自身が毎月1万円ずつ積み立てているひふみ投信の運用状況を見ておきたいと思います。現在、積み立ては27ヶ月目に入っておりまして積み立て元本は27万円となっています。それに対して時価は363,236円ですね。ここまでの運用成績は+34.5%と上々です。

ここ2年ほどは基本的には右肩上がりの株価推移となっていますので、本当は27万円を27ヶ月前に投資しておけば現状はもっとプラスだったのですが、基本的に私の投資は将来の株価の動きはわからないというスタンスでやっておりますので、その成績については過度に気にしないでおきたいと思います。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

ひふみ投信 過去2年間の株価チャート(青線):では、最後にひふみ投信の過去2年間の値動きを見ておきます。アベノミクス相場の初期の頃は大胆に大型株を組み入れ、主要株価指数との連動を目指していた同社ですが、最近はまた得意な小型株の比重を高めており、比較対象指数のTOPIX(赤線)は大幅に上回っていますね。

運用スタートからここまでは概ねTOPIXを大きく上回って来ているひふみ投信。ここまで好調だったからといって、ここからもずっと好調とは限らないというのは難しい所ですが、個人的にはファンドマネージャーの藤野さんがいらっしゃる限りは大丈夫と信じて、これからも積み立てを続けていきたいと思っています。

5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャーが明かす 儲かる会社、つぶれる会社の法則

藤野 英人 ダイヤモンド社 2013-02-22
売り上げランキング : 308014
by ヨメレバ

当ブログ内で定期的に積み立てている投資信託は以下の2銘柄です。

低コストで世界分散投資『セゾン投信』
年率0.74%前後の低い運用手数料を売りとする『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』。世界の株式:債券にバランスよく分散投資できる積立型投資信託です。

国内株式に投資する投資信託『ひふみ投信』
『守りながらふやす運用』を特徴としながらも、小型の成長株を中心にチャレンジングな銘柄選択が光ります。保守的な私だからこそ、冒険的な銘柄選択はひふみ投信にお任せです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ