ホテルオークラ・JALホテルズグループの機関誌『和らぎ』。ホテルオークラ東京の本館建替えの案内などをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ホテルオークラ・JALホテルズグループの機関誌『和らぎ』。ホテルオークラ東京の本館建替えの案内などをいただきました。

今回は国内では大手のホテルチェーンであるホテルオークラグループ+JALホテルズグループの会員組織であるOne Harmonyから、会員誌である『和らぎ』とその他諸々の案内をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

普段は、私の保有クレジットカードである『アメックス・プラチナカード』でいただいているホテル会員のシェラトン系『SPGゴールド』とソフィテル系の『アコーホテルズプラチナ』の2つのホテル会員を愛用している私ですが、ホテルオークラグループもたまに使うので会員にはなっています。宿泊回数が少ないので上級会員ではないのですが、よく使っている2系統のホテルがない場所で利用するようにしていますね。

和らぎ

会員誌『和らぎ』:今回は『One Harmony』の会員誌である和らぎをいただいています。この会員誌の中には、系列のホテルのお得な宿泊プランの紹介や、ポイントの利用の仕方、その他ホテル関係のお知らせが色々と書かれています。

600ポイント

貯まっているポイント数は少なめです:そんな感じで普段は滅多に使わない『ホテルオークラ』『JALホテルズ』グループなんですけれども、ここ2年ほどでは1回だけ東京に用事があった時にホテルオークラ東京を利用したことから、600ポイントだけ貯まっていますね。1回だけ宿泊した600ポイントではさすがに何も出来ないんじゃない?と思って、今回の会員誌『和らぎ』の案内を見てみると・・

交換可能な商品がありました

交換可能な商品がありました:ちょっと宿泊しただけで貯まった600ポイントでさすがに交換できる商品はないだろうと思ったら、いくつか300ポイントや500ポイントでも交換できる商品があるようなんですよね。上記のホテル日航大阪のカレーはその1つです。こういうカレーは意外に高い商品だと思うので、大阪・心斎橋のこのホテルの前を通る機会がありましたら交換してみても良いのかもしれませんね。

ホテルオークラ東京・本館の建替えを行います

ホテルオークラ東京・本館の建替えを行います:さて、東京の名門ホテルの1つとしても名高いホテルオークラ東京ですけれども、東京オリンピック直前の2019年春の新装オープンに向けて2015年の9月より建替え工事を行うようですね。そのため、それ以降はホテルを縮小して営業するんだそうです。かつて、1964年の東京オリンピック直前にオープンしたホテルオークラ東京が、次の東京オリンピックに向けて建て替えとは感慨深いものがありますよね。

高そうなツアーの広告も入っていま

高そうなツアーの広告も入っています:今回の案内には会員誌の『和らぎ』以外にツアーの案内がいくつか入っていました。高いツアーの定番である飛鳥IIのクルーズや、ビジネスクラスで行くインドのツアーのようですね。高い高いと評判の飛鳥IIですけれども、今回案内されているツアーは2泊3日の国内クルーズなのでお値段は125,000円からとなっています。それでも高いですけれども、手が届かないということはないですよね。いつかは一度体験してみたいものです。

ということで、今回はホテルオークラグループ・JALホテルズグループの会員組織である『One Harmony』から機関誌の和らぎなどをいただきました。今回の注目はなんと言ってもホテルオークラ東京の建替えのニュースですね。味のあるホテルなので、今のホテルオークラ東京が楽しみたいという方は早めに訪れる事をオススメしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ