新興プランテック[6379]から中間報告書。『新興』と名付けられるも戦前からの老舗、プラント関係の高配当株式です。 - 高配当株で配当金生活

新興プランテック[6379]から中間報告書。『新興』と名付けられるも戦前からの老舗、プラント関係の高配当株式です。

高配当株で配当金生活のブログで週1回のペースで集計している『私なら買っても良いと考える高配当株式トップ10』。最近は、毎週金曜日時点でのデータをその週の日曜日にご紹介するようにしています。

■ 過去の参考記事:国内高配当株式トップ10(2015年1月16日)イベント企画の[4767]テー・オー・ダブリュー。株価高値圏ながら、業績上方修正で初めてのランクインです。

この高配当株式トップ10にランクインしている銘柄は、実は『全てオススメ』という訳ではないんですけれども、少なくとも私の考えたスクリーニング基準に当てはまった銘柄の中でランキングを作っている訳ですから、立場上は『全てオススメ』というべきなのかもしれませんね。

[6379]新興プランテック 中間報告書

[6379]新興プランテック 中間報告書:さて、今回はその『高配当株式トップ10』のトップ10常連銘柄である[6379]新興プランテックのご紹介になります。同社は、2014年3月期が経常利益ベースで前年度比マイナスとなってしまいまして、一時期はランキングの集計対象外となっていたのですが、今期2015年3月期はギリギリ+予想ということで、最近は常時トップ10の下の方にまったりとランクインを続けています。

最近の受注高・完成工事高推移

[6379]新興プランテック 最近の受注高・完成工事高推移:普段銘柄チェックをする中で、個人的には本業の儲けである『営業利益』を重視する私なんですけれども、[6379]新興プランテックのような工事関係の銘柄の場合は受注高が重要になってくると思うんですよね。上の表を見ると、108期(2012年3月期)が好調のピークで、それ以降は受注高・完成工事高ともにやや減少となっていますよね。

受注高が3年前に比べて減少していると思うと、それは心配な事ではありますが、今年度は幸いにも前期比+のペースで推移しています。また、同社の配当は最近は1株=30円のペースなのですが、前期・今期の利益が1株あたり60円程度となっていますので、配当金がメインである事を思うと、とりあえずはこれくらいの業績をキープできていれば十分なのかなと思いますね。

新興プランテック 海外展開へ向けて

[6379]新興プランテック 海外展開へ向けて:JXや東燃ゼネラルなどの超大手を相手に製油所や石油化学プラントなどの日常的なメンテを行っている同社。大手が顧客となっているので、それなりに安定した受注が見込めるというのが私の考えですけれども、それでも国内に留まっていては中長期的にはジリ貧になってしまう可能性がありますよね。

ということで、最近の同社は海外にいくつか子会社を設立して海外事業を拡大しつつあります。中国は何かと難しい所があるかもしれませんので、個人的にはこれからますます成長しそうなインドネシアや、親日的な風土のあるタイでの成長に期待したい所ですね。

新興プランテック[6379]の主要指標(2015年1月22日現在)

■ PER:13.87倍(予想)
■ PBR:1.18倍(実績)
■ ROE:7.9%(実績)
■ 配当利回り:3.58%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:70.2→90.7→60.8→55.0→60.6(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:25→25→30→30→30(2015/03予想)
※ 2015年3月期予想EPS 67.1→60.6に修正(2014年7月時点と比較)

では、最後に[6379]新興プランテックの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。下でご紹介するように、アベノミクス相場を全く感じさせないまったりとした株価推移を示している[6379]新興プランテック。この5年の業績の推移を見ると、確かに上昇どころか下降しているのですが、それでも今の相場環境でこれだけまったりしているのはちょっと軽視されすぎの感もありますよね。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[6379]新興プランテック 過去5年株価チャート:[6379]新興プランテックの株価を代表的な株価指数であるTOPIXを比較すると、こんな感じでビックリするほどの大差がついてしまっています。同社はなんと過去5年間で2割のマイナスなんですよね。これは、同社の業績がこれからもそれほど良くない事を示唆していると考える事もできますし、マイナーな株式なので誰にも注目されていないという考え方もできます。私自身は、どちらとも判断しにくいので当面は様子見のホールドという方針で臨みたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ