JAL・日本航空[9201]から中間報告書。興味深い株主限定の特別工場見学の案内も合わせていただいています。 - 高配当株で配当金生活

JAL・日本航空[9201]から中間報告書。興味深い株主限定の特別工場見学の案内も合わせていただいています。

国内の大手航空2社と言えば、誰もが知っている[9201]日本航空[9202]ANAHDですよね。この両社はその株主優待が人気でありまして、飛行機を使った旅行が多いのであれば、両社の株主になっているという方も少なくないのではないかと思います。私も当然ながら両社の株主となっています。

9201 JAL 中間報告書

[9201]日本航空 中間報告書:さて、今回はそんな国内大手航空株の一角である[9201]日本航空から中間報告書をいただきましたので、その内容の一部を読者の皆様にもご紹介する事にしたいと思います。

[9201]日本航空 お年玉タイムセール実施中:さて、国内旅行・海外旅行のツアーで最近増えているのが、ダイナミックパッケージという航空券+ホテルだけがセットになっているものなんですよね。大手旅行会社でも扱ってはいるのですが、[9201]日本航空のような航空会社直営のパッケージは、飛行機の空席をリアルタイムに把握しているためか、特に平日中心にビックリするほど安いパッケージが表示される時もあります。昨年は関西=沖縄4泊のツアーにたったの3万円で行きました。これってめっちゃ安いと思うんですよね。

[9201]日本航空の株主優待券(3月/9月 年2回)

株主割引券(普通運賃の50%割引)
■ 100株以上:1枚/年
■ 200株以上:2枚/年(1+1枚)
■ 300株以上:3枚/年(2+1枚)
■ 400株以上:4枚/年(2+2枚)
■ 500株以上:5枚/年(3+2枚)
■ 600株以上:6枚/年(3+3枚)
■ 700株以上:7枚/年(4+3枚)
■ 800株以上:8枚/年(4+4枚)
■ 900株以上:9枚/年(5+4枚)
■ 1000株以上:10枚/年(5+5枚) 以下省略
※ 3年以上継続して保有の場合、300株以上1,000株未満の株主には半年あたり1枚、1,000株以上10,000株未満の株主には半年あたり2枚、10,000株以上の株主には半年あたり3枚追加となります。

JAL 株主優待券

■ 過去の参考記事:JAL・日本航空[9201]から国内線半額の株主優待券ゲット。同社の株主優待券は、いざという時には全然役に立たない可能性があるのでご注意を。

[9201]日本航空 株主優待券:さて、[9201]日本航空の一番の興味と言えばその株主優待券だと思いますが、同社の株主優待券については先月先行していただいています。詳細については過去の記事に記載していますので、興味のある方は合わせてご覧いただければ幸いです。

意外に好調な営業利益

[9201]日本航空 意外に好調な営業利益:[9201]日本航空の今期の業績は昨年に比べると微減程度で推移しているようです。実は、通年での営業利益予想は元々1,400億円だったのですが、その後1,580億円まで上方修正なされています。ヨコヨコとはいえ、元々の想定よりは好調に推移しているということなんですね。また、営業利益率が5%程度の予想のライバル[9202]ANAHDに比べると、同社の高い営業利益率が際立ちますよね。

日本航空 大人の工場見学

[9201]日本航空 大人の工場見学:さて、[9201]日本航空では株主向けの特別企画としまして見学会が開催されるようなんですよね。その2つの見学会の内容は

■ 非常救難訓練センター見学会
■ JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜見学会

となっています。それぞれ4回ずつの開催で合計で招待される株主の数は2企画合わせて400名です。株主の数に対し参加できる人数が少ないので、現実的には参加するのはちょっと難しいように思いますね。また、見学会の参加応募が今のご時世自分でハガキを準備して書く必要がありまして、非常に面倒です。それだけに、倍率はちょっとマシになるかもしれませんけどね。

日本航空[9201]の主要指標(2014年12月10日現在)

■ PER:9.80倍(予想)
■ PBR:1.90倍(実績)
■ ROE:24.1%(実績)
■ 配当利回り:1.81%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:1761→514.5→473.4→458.5→383.2(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:0→0→95→80→68(2015/03予想)

では、最後に[9201]日本航空の主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。同社は再上場直後はアベノミクス相場スタート直前という時期もあってか、株価は低めにスタートしまして、その一方で上場後に配当予想を上方修正したため、一時期は配当利回り4%程度の高配当株式だった事がありました。

その後、業績がやや減速して配当が減配される一方で、アベノミクス相場に突入して株価は絶好調であることから、配当利回り面での魅力は薄れて来ていますね。ただ、基本的には同社は株主優待銘柄として保有しておりまして、さらに長期保有での優遇もあることから、これからも長期的に同社の株式は保有していきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ