売却済のウェブクルー[8767]から最後の『みなし配当金』などをゲット。TOB実施につき、上場廃止の可能性がありますね。 - 高配当株で配当金生活

売却済のウェブクルー[8767]から最後の『みなし配当金』などをゲット。TOB実施につき、上場廃止の可能性がありますね。

今回は、自動車保険・生命保険などの比較サイトを運営している[8767]ウェブクルーから期末配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。一般的には知名度が低いと思われる同社ですけれども、昔からネット界隈ではそれなりに有名な企業なんですよね。その創業も1999年とこの系統の会社にしては比較的新しい会社であると言えるでしょう。

8767 ウェブクルー 定時株主総会決議通知

[8767]ウェブクルー 定時株主総会決議通知:さて、今回はそんな[8767]ウェブクルーから期末配当金をいただいています。上は定時株主総会の決議通知ですね。同社の株式はこの期末配当金の権利が確定した後、売却してしまっているので、今回が[8767]ウェブクルーからいただく最後の配当金と言う事になります。今まで長らく同社にはお世話になりましたね。

ウェブクルー みなし配当金

[8767]ウェブクルー みなし配当金:今回の[8767]ウェブクルーからいただいた配当金はその一部がみなし配当金となっています。このみなし配当金というのは、数段落で説明するのは非常に難しく、そもそも私自身も理解に間違っている部分があるかもしれませんので、参考までに読んでいただければ幸いです。

さて、配当金というのは基本的に『利益』からなされるものですよね。会計上の項目でいうと利益剰余金という所からなされるのが通常なのです。しかしながら、この配当金が利益剰余金からなされず会計上の項目でいうその他資本剰余金という所からなされる場合があります。

この『その他資本剰余金』というものはざっくりと言ってしまうと、株主が出資した部分なんですよね。ということで、この『その他資本剰余金』から配当が行われる時は、自分の出資したお金がそのまま戻ってくるという意味合いから税制が異なって来ます。

具体的に税制がどう異なっているのかというのが読者の皆様の気になる部分かもしれませんが、実際の所私も税理士さんに任せっきりでよく分かっておりませんので、その点の説明については割愛させていただきます。私のように、法人で確定申告している人からすると厄介な『みなし配当』ですが、特定口座であれば意識をする必要はないと思いますので、あくまで参考知識としていただければと思います。

ウェブクルー TOBが行われました

[8767]ウェブクルー TOBが行われました:さて、[8767]ウェブクルーのここ最近の大きな話題というと、何と言っても株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングによるTOBですよね。2014年12月18日に締め切られた同社のTOBでは、9割強の株式が集まったようで、同社が[8767]ウェブクルーの直接の親会社ということになりました。もしかすると、上場廃止の可能性もあるかもしれませんね。そうなると何かと面倒なので、私は既に市場で同社の株式は売ってしまっています。

[8767]ウェブクルーから配当金です。

8767 ウェブクルー 配当金

さて、今回は[8767]ウェブクルーから1株あたり10円の配当金をいただきました。このうち、一部の3円強が前述の『みなし配当金』となりまして、税制が異なっています。ということで、今回は源泉徴収税を差し引きしますと、300株分の手取りの配当金は2.857円ということになりました。

ウェブクルー[8767]の主要指標(2015年1月4日現在)

■ PER:17.20倍(実績)
■ PBR:2.90倍(実績)
■ ROE:16.3%(実績)
■ 配当利回り:2.86%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:15.2→0.3→47.9→47.4→40.7(2014/09実績)
■ 直近5期の配当推移:5→7.5→15→20→20(2014/09実績)

では、最後に[8767]ウェブクルーの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。普段は、上記数字は予想数字ベースを記載する事が多いのですが、同社はTOBが行われ、今期から決算期の変更も行われていますので、終わったばかりの2014年9月度までの数字をご紹介しています。

2012年9月期以降の3年間はネット系にしては珍しく安定業績・安定配当となっていた同社。栄枯盛衰が激しいネット業界の中ではよく頑張っている方かなと思いますね。今後も、同社の業績自体はそれなりに安定して推移はすると考えているのですが、上場維持するかなど判断に難しい材料がありますので、新規での投資はあまりオススメはできません。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ