高級和食レストラン[7604]梅の花から12,000円分の株主優待券。豪華なお店のランチ、デパートのお惣菜売り場などで利用可能です。 - 高配当株で配当金生活

高級和食レストラン[7604]梅の花から12,000円分の株主優待券。豪華なお店のランチ、デパートのお惣菜売り場などで利用可能です。

お豆腐系のメニューが有名な高級レストランの[7604]梅の花。分類としては高級レストランなんですけれども、ランチタイムのコースメニューのお値段が2,000円前後からとあって、私の地元関西地区のお店ではランチタイムは大混雑という所が多いような気がします。混んでいるのに、そう儲かってはいないというのは問題かもしれませんけどね。

7604 梅の花 定時株主総会招集通知

[7604]梅の花 定時株主総会招集通知:さて、毎年9月が決算期となる[7604]梅の花。記事でご紹介している今の時点では既に終わっているのですが、昨年12月25日に同社の地元久留米市にて株主総会が行われました。今回は予定が合わずいけませんでしたが、いずれ機会があればこの辺りの旅行も兼ねて株主総会に参加したい所ですね。

ちなみに、長年株主をやっていて今まで気づかなかったのですが、この[7604]梅の花の株主は梅野さんなんですね。梅の花の本拠地である福岡県の県の花は『梅の花』ですし、その社長さんは『梅野さん』とまさに梅づくしですよね。良くできたものです。

梅の花[7604]の株主優待(3月9月/年2回)

■1:株主優待カード(2と併用不可)
100株以上の株主に全員:店舗における飲食料金の20%割引

■2:飲食店舗用優待券(1と併用不可)
200株:4,000円分
400株:8,000円分
600株:12,000円分

■3:テイクアウト店舗用優待券
200株:2,000円分
400株:4,000円分
600株:6,000円分

株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私も利用している口座を紹介しています。
ヤフオクで[7604]梅の花の株主優待券の相場をチェック

7604 梅の花 株主優待セット

[7604]梅の花 株主優待セット:さて、今回も[7604]梅の花の豪華な株主セットをいただいています。このセットは年に2回いただけるものとなりますね。まず、下の方には■1の株主カードがセットされています。このカードを見せると[7604]梅の花での飲食が2割引となりますが、■2の商品券と併用する事はできないので、同社のヘビーユーザーでなければ、そうそう利用することはないかもしれませんね。

飲食店舗用優待券

[7604]梅の花 飲食店舗用優待券:こちらは、[7604]梅の花の飲食店舗用の優待券です。たまにめっちゃお得なランチセットメニューなどで利用出来ない事もあるようなんですけれども、基本的にはランチタイム・ディナータイムのどの時間にも利用できる優待券です。本当は2,000円強のランチタイムで使うのがお得なのですが、私の近隣のお店はランチタイムの安いメニューは予約不可なので、最近はディナーで利用することが多いですね。

テイクアウト店舗用優待券

[7604]梅の花 テイクアウト店舗用優待券:[7604]梅の花の株式は400株保有しておりますので、上の飲食店舗用優待券は8,000円分、こちらのテイクアウト店舗用優待券は4,000円分の合計12,000円分の優待券をゲットしています。テイクアウト店舗用の優待券は、梅の花直営店舗や、おにぎり屋さん『俵大名』、お寿司屋さん『古市庵』などで利用することができます。一番美味しいのは直営店舗だと思いますが、それ以外の2業態もなかなかですね。

梅の花[7604]の主要指標(2015年1月4日現在)

■ PER:68.30倍(予想)
■ PBR:2.54倍(実績)
■ ROE:3.4%(実績)
■ 配当利回り:0.21%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-23.8→36.5→5.7→31.3→34.9(2015/09予想)
■ 直近5期の配当推移:5→5→5→5→5(2015/09予想)

では、最後に[7604]梅の花の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。ここ数年は『ちょっと豪華な消費』がクローズアップされる事が多いですよね。[7604]梅の花はまさにそういう消費に該当すると個人的には思うのですが、実際の同社の外食店舗は月次ベースで前年度割れする事が多いようです。実際にお店に行くと混んでいるのに難しい所ですよね。

PER面では決して割安ではなく、PBR面でも同様、そして配当金もまさに雀の涙クラスの[7604]梅の花。優待利回りが2015年1月上旬時点で2.6%+割引カードあるのが救いですが、単純に『割』だけを求めるとあまり美味しくない会社なのかもしれませんね。私自身は同社のレストランのファンですので、今後も株主として年に数回のランチ・ディナーを楽しみたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ