リート・国内債券・その他マネー関係の2014年12月の人気記事ランキング。今月は定期預金・国内債券など手堅い商品が全体的に話題でした。 - 高配当株で配当金生活

リート・国内債券・その他マネー関係の2014年12月の人気記事ランキング。今月は定期預金・国内債券など手堅い商品が全体的に話題でした。

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2014年12月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内高配当銘柄・株主優待銘柄・海外株式・海外債券以外のリート・国内債券・その他マネー関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。

先月のリート・国内債券・マネー関係の記事トップ5のまとめ

1位:SBIホールディングス社債(国内債券)
2位:楽天カードフリーケアプログラム(その他マネー関係)
3位:[3234]森ヒルズリート投資法人(国内リート)
4位:楽天証券でNISA口座(その他マネー関係)
5位:[8954]オリックス不動産投資法人(国内リート)

先月2014年11月の『リート・国内債券・マネー関係』の記事の中で最もアクセス数が多かったのは、SBI証券関係のSBIホールディングス社債の記事でした。同社の格付けがあまり高くないからという理由はあるにせよ、それにしても今のご時世『利率2%』の債券はなかなかないですよね。まあ、抽選に当たらないから全然買えないというのは難ですけれども・・・。

当ブログのリート・国内債券・マネー関係人気ランキングトップ10について

当ブログの人気の二大系統のコンテンツと言えば『国内の高配当株式』『株主優待銘柄』でありまして、読者の皆様も私のブログにはこの2系統の記事を期待しているという方が多いのではないでしょうか!?そもそも、このブログのタイトルが『高配当株式で配当金生活』なので致し方ない部分もあると思うのですが・・・・。

しかしながら、配当金生活のポートフォリオに占める『国内株式』の割合は全体の16%にしか過ぎず、それ以外の『海外株式』『国内債券』『海外債券』『リート』などの割合が残り84%も占めているのです。

このうち『海外株式+債券』については別途ランキング記事を執筆していますので、今回の記事では『国内債券』『リート』『高配当ではない株式』『その他マネー関係』の記事のうち、過去1ヶ月間の間に多くの読者の方にご覧いただいたものをランキング形式でご紹介することにしたいと思います。ちょっと地味な内容の記事が多いですけれども、ポートフォリオを多様化するには欠かせないタイプの投資商品かなと個人的には考えております。

なお、今回のランキングは当ブログの2014年11月30日から2014年12月29日までのアクセス数を元に作成しています。ランキングをチェックしていただき、もし興味がある投資商品がございましたら、元の記事もチェックしていただければ幸いでございます。具体的な内容のご紹介は各個別の記事で行っています。

下記の人気記事ランキングトップ10も合わせてご覧ください(月1更新)

国内高配当株式 人気記事ランキングトップ10
国内株主優待銘柄 人気記事ランキングトップ10
海外株式・海外債券 人気記事ランキングトップ10

第10位:マネックス証券 米国株スタートガイド全プレ(その他マネー関係)

2014年11月30日までの期間限定で全員プレゼント中。マネックス証券の『米国株取引スタートガイド』をゲットしました。

第9位:楽天証券でNISA口座開設(その他マネー関係)

配当金生活のたっちゃん、楽天証券の『住民票取得代行サービス』を利用して今更ながらNISA口座開設へ。海外ETFの買付手数料無料が魅力ですね。

第8位:[3226]日本アコモデーションファンド(国内リート)

日本アコモデーションファンド投資法人[3226]から分配金。東京23区超重視の住宅リート、黒田バズーカ2以降株価が絶好調です。

第7位:[8953]日本リテールファンド(国内リート)

日本リテールファンド投資法人[8953]から分配金。国内で初めて上場した商業専門リートで今でも規模1位。全体でも国内第3位の規模のリートです。

第6位:大和ネクスト銀行 年末特別金利キャンペーン(その他マネー関係)

大和証券の個人向け国債キャンペーンとセットでオススメ。大和ネクスト銀行の『年末特別金利キャンペーン』のご紹介です。

第5位:[3285]野村不動産マスターファンド(国内リート)

リートの野村不動産マスターファンド[3285]から分配金。『野村』の呪縛で上場時に弱気な投資口数→意外に堅調で後悔しきり!?

第4位:SBIホールディングス社債(国内債券)

【オチを追記】11/26 PM8時に抽選結果発表。久しぶりに登場のSBIホールディングス社債の今回の利率はなんとビックリの『2%』ということです。

第3位:個人向け国債(国内債券)

個人向け国債(3年・固定)100万円分の微々たる利金をゲット。さらに野村證券のキャンペーンに乗って1000万円分の個人向け国債を購入します。

第2位:[8968]福岡リート投資法人(国内リート)

福岡リート投資法人[8968]から分配金。地元・福岡と九州地区の目利きは抜群!? ビックリするほど安定した分配金推移の超優良リートです。

第1位:イオン銀行 冬の特別金利定期預金(その他マネー関係)

イオン[8267]ユーザーの皆様にオススメ。イオンのクレジットカード&イオン銀行の『冬の特別金利定期預金』で快適なイオンライフを。

ということで、今回は株式・リートなどの市場が好調な中で、その傾向とは逆に手堅い投資対象の話題が全体的に人気でありまして、その中でもイオン銀行 冬の特別金利定期預金の話題が第一位となりました。この定期預金のキャンペーン単独で見ると、そこまで美味しい企画ではないのですが、普段イオン系のお店を使っている方であれば、この機会にイオン銀行・イオンカード・イオン株などを揃えてみるのも良いのではないでしょうか?

その他、最近株価が好調なリートもいくつかランクインしていますが、上位には『個人向け国債』『SBIホールディングス社債』など定番の債券の話題がランクインしていますね。これらの商品は、株式やリートに比べると元本割れの可能性が低い商品ですよね。今のように相場が好調な時であっても、こういう商品はある程度需要があるものだなと感じました。当ブログ内でもできるだけ債券系の商品はフォローしていきたいと思っています。

2014年12月 リート・国内債券・マネー関係の記事トップ10のまとめ

1位:イオン銀行 冬の特別金利定期預金(その他マネー関係)
2位:[8968]福岡リート投資法人(国内リート)
3位:個人向け国債(国内債券)
4位:SBIホールディングス社債(国内債券)
5位:[3285]野村不動産マスターファンド(国内リート)
6位:大和ネクスト銀行 年末特別金利キャンペーン(その他マネー関係)
7位:[8953]日本リテールファンド(国内リート)
8位:[3226]日本アコモデーションファンド(国内リート)
9位:楽天証券でNISA口座開設(その他マネー関係)
10位:マネックス証券 米国株スタートガイド全プレ(その他マネー関係)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ