JBイレブン[3066]からラーメン屋さん『一刻堂』などで利用できる株主優待券ゲット。名証2部の超マイナー銘柄ですね。 - 高配当株で配当金生活

JBイレブン[3066]からラーメン屋さん『一刻堂』などで利用できる株主優待券ゲット。名証2部の超マイナー銘柄ですね。

マイナーな銘柄の発掘を趣味とする私は、元々は大証銘柄、特に大証2部に上場している地味な銘柄に好んで投資をしていました。今は大証と東証が統合してしまったがために、元々大証2部だった銘柄は基本的には東証2部になってしまっているんですよね。それでも東証に鞍替えした銘柄の多くが未だ『地味』な事には代わりはないんですけれども、東証と大証ではどうしても受けるイメージが異なってしまいます。

3066 JBイレブン 中間報告書

[3066]JBイレブン 中間報告書:さて、マイナーな銘柄の宝庫だった今は亡き大証2部ですが、今でもマイナー銘柄の宝庫なのが名証銘柄なんですよね。名証は今の所東証・大証に統合される気配はなく、その中には独特の魅力を持っている銘柄もいくつか残っているんですよね。今回ご紹介する[3066]JBイレブンもその1つということになりますね。

[3066]JBイレブンの株主優待券(3月9月/年2回)

優待お食事券
■ 100株以上:1,000円分
■ 500株以上:5,000円分
■ 1,000株以上:10,000円分
■ 2,000株以上:12,000円分

3066 JBイレブン 株主優待券

[3066]JBイレブン 株主優待券:さて、私は[3066]JBイレブンの株式を100株保有しておりますので、今回は同社の株主優待券を1,000円分いただきました。同社の優待券は500株、1,000株と保有株数が増えるに連れ比例的に優待券の枚数が増えるので、いずれチャンスが巡って来た場合は買い増しを狙っていきたいと思っています。

株主優待券の相互乗り入れ

[3066]JBイレブン 株主優待券の相互乗り入れ:[3066]JBイレブンの株主優待券は同社の経営する店舗ではもちろんの事、[9850]グルメ杵屋の店舗や、[9828]元気寿司の店舗でも利用することができるんですよね。一見あまり関係なさそうなこの3社ですけれども、実は[3066]JBイレブンと[9828]元気寿司には[9850]グルメ杵屋の資本が入っているんですよね。その関係でこの3社では株主優待券が相互で利用できるようになっているものと思います。

経営しているお店

[3066]JBイレブン 経営しているお店:さて、[9850]グルメ杵屋や[9828]元気寿司は知っているけれども、そもそも[3066]JBイレブンって何のお店を経営しているの?と思ってしまう読者の方も多いと思うんですよね。それも、この3社の中では[3066]JBイレブンがダントツで小さい会社であるためかもしれませんね。

[3066]JBイレブンの経営しているお店は上の画像でご紹介してる通りでありまして、メインがラーメン店の一刻堂、そしてもう1つが麻婆豆腐とチャーハンのお店であるロンフーダイニングとなります。このうち、ロンフーダイニングについては過去の記事で訪れていますので、興味のある方はご覧いただければ幸いです。

■ 過去の参考記事:当ブログ初登場。名古屋本拠地の[3066]JBイレブンの株主優待券で中華料理店『ロンフーダイニング』のチャーハンなどをいただきます。

JBイレブン[3066]の主要指標(2014年12月28日現在)

■ PER:60.21倍(予想)
■ PBR:2.80倍(実績)
■ ROE:2.2%(実績)
■ 配当利回り:0.58%(予想)
■ 直近3期のEPS推移:6.2→6.6→14.3(2015/3予想)
■ 直近3期の配当推移:5→5→5(2015/3予想)

では、最後に[3066]JBイレブンの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。株主優待銘柄ではありがちなケースなんですけれども、実は同社も指標的には全然買う理由が見当たらないんですよね。つまりは、株主優待券が無いと仮定して、今の業績のままであれば超割高な株式ということになります。

同社は配当金もそれほど多い訳ではありませんので、そうなると優待利回りが重要になってくるのですが、その優待利回りも2014年12月末現在で2.3%程度とそれほど魅力的とは言えないんですよね。

以前は株価が今の半分で、つまりは優待利回りが倍の事もあったのですが、最近は優待人気に支えられて株価が堅調に推移しています。そのため、この状況で新規で買い増ししたいとは今の所は思えません。ということで、いずれ買い増しはしたいと思いつつも現在保有している100株を当面はキープということになりますね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ