松屋フーズ[9887]の株主優待券で豆板醤がきいた本格的な『鶏のチリソース定食』のディナータイムです。 - 高配当株で配当金生活

松屋フーズ[9887]の株主優待券で豆板醤がきいた本格的な『鶏のチリソース定食』のディナータイムです。

高配当株で配当金生活のブログで最近登場頻度の高い[9887]松屋フーズ。私の普段の生活の中で、株主優待券を利用した食事として一番訪問しているお店は[9861]吉野家HDの方なんですけれども、[9887]松屋フーズのお店に行くと毎回違うメニューを食べるのでブログでの登場頻度が高いんですよね。

9887 末やフーズ 鶏のチリソース定食
※ 上記の画像は松屋フーズの公式ウェブサイトから引用

[9887]松屋フーズ 鶏のチリソース:さて、いわゆる牛丼系大手3社の中では一番新商品の投入に積極的であると思われる[9887]松屋フーズが、2014年12月18日から発売しているメニューが今回の記事でご紹介する鶏のチリソース定食と言う事になります。正直な所、前回食べた『プレミアム豚テキ定食』は超えられないのでは!?と思いつつ、試食してみることにしたいと思います。

■ 過去の参考記事:2度目のチャレンジでついに食べられました。[9887]松屋フーズの株主優待券でそこそこ人気の『プレミアム豚テキ定食』のディナーです。

松屋フーズ[9887]の株主優待 (3月/年1回)

優待お食事券
■ 100株以上:10枚
※ 主要メニュー+おすすめメニューの中から1品を選択可能です。

9887 松屋フーズ 株主優待券

2014年12月19日現在のオススメメニュー
9887 松屋フーズ おすすめメニュー

[9887]松屋フーズの株主優待券でいただく事のできるおすすめメニューは頻繁にそのラインアップが変更されます。最新の情報は松屋の公式ウェブサイトで公開されていますので、『限定メニュー』狙いの方が松屋で優待券を使う際は、都度確認した方が良いかもしれませんね。

■ >>> ヤフオクでも大人気の[9887]松屋フーズの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

松屋フーズ[9887]の主要指標(2014年12月25日現在)

■ PER:54.88倍(予想)
■ PBR:1.42倍(実績)
■ ROE:2.1%(実績)
■ 配当利回り:0.97%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:114.3→111.7→40.4→36.2→45.1(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→25→24→24(2015/03予想)

[9887]松屋フーズの『鶏のチリソース定食』です。

鶏のチリソース定食 ごはん

鶏のチリソース定食 ご飯大盛り:さて、このブログでは定番の情報となっていますが、[9887]松屋フーズの株主優待券で定食系のメニューを注文した場合は、ご飯の大盛りを選択する事が出来ます。普段は毎回『普通盛り』を選択している私なんですけれども、今回は久しぶりに大盛りが食べたい気分でしたので、久しぶりの『大盛り』ということになりますね。かなりの多さで完食はしたものの後悔することになってしまいました。

鶏のチリソース定食 お味噌汁

鶏のチリソース定食 お味噌汁:定食メニューや丼ものにもついてくる、松屋の特色の1つである『無料のお味噌汁』ですね。

鶏のチリソース定食 メイン

鶏のチリソース定食 メイン:さて、こちらが今回のメインである[9887]松屋フーズの鶏のチリソース定食になります。最近新登場の定食では良くあるパターンとして、こちらの定食も生野菜にプラスで『ポテトサラダ』が添えられていますね。小さい違いではありますが、個人的にはお得に感じます。

鶏のチリソース

鶏のチリソース:鶏肉を鉄板で焼き上げるため、提供までは多少の時間がかかる『鶏のチリソース定食』。豆板醤などが使われているとろみのあるソースをたっぷりとかけていただきます。この商品、個人的にはかなり美味しいとは思うのですが、やはり前回いただいた『プレミアム豚テキ』に比べるとイマイチかなと思いますね。

ということで、今回は[9887]松屋フーズの株主優待券を利用しまして、2014年12月18日から登場した新メニューである鶏のチリソース定食をいただきました。同社の株主優待券をゲットしているという読者の皆様にはオススメできますので、一度食べに行ってみてはいかがでしょうか!? お金を払うのであれば、お値段に差がない『プレミアム豚テキ定食』の方がお得に感じますね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ