靴のヒラキ[3059]から中間配当金と中間報告書。兵庫県ではおなじみの激安ブランドで優待銘柄、最近は通販の方が儲かっているようです。 - 高配当株で配当金生活

靴のヒラキ[3059]から中間配当金と中間報告書。兵庫県ではおなじみの激安ブランドで優待銘柄、最近は通販の方が儲かっているようです。

私はファッションにあまり気を遣わないタイプですので、靴はスーツの時に履くものと普段着用のものに、気楽にはけるクロックスやビルケンシュトックなどのサンダルしか持っていないんですけれども、女性の方は靴を多く揃える傾向にあるそうですね。以前、ヒラキ[3059]が取材された番組で映った神戸市内の主婦の方の家はまるで靴屋さんかと思うような靴の量でした。

3059 ヒラキ 中間報告書

[3059]ヒラキ 中間報告書:さて、今回はそんな[3059]ヒラキから中間報告書と中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。私の地元、兵庫県では靴のヒラキとしておなじみの同社ですけれども、実際の所は全国はおろか関西地区でも兵庫県以外ではあまり知名度は高くないように思えるんですよね。

3059 ヒラキ テレビCM

[3059]ヒラキ テレビCM実施:その[3059]ヒラキですけれども、関西地区にお住まいの方はテレビCMをご覧になったという方が多いのではないかと思います。テレビをあまり見ない私ですら何度も[3059]ヒラキのCMを見たんですからその放送回数は多かったんでしょうね。後述の通り、今期の業績はイマイチなんですけれども、このCMが起爆剤となるのでしょうか。

また、画像の下半分は[3059]ヒラキが今期投入した新商品の一例となります。牛丼よりも安い衝撃の価格帯の靴でおなじみの同社ですけれども、最近は少し高めの価格帯の商品を推す事も多くなって来ていますね。それでも質と値段のバランスを考えると『安い』と思われるため、靴を多く揃えるのが好きという方には良い価格帯なのではないかと思います。

参考:[3059]ヒラキの株主優待(3月/年1回)

2,000円相当の自社買物券
■ 100株以上の株主全員に配布されます。

3059 ヒラキ 株主優待券

■ 過去の参考記事:牛丼よりも安い靴の販売・通販で有名。兵庫県応援銘柄[3058]ヒラキの株主優待券2,000円分をいただきました。

[3059]ヒラキ 株主優待券:さて、[3059]ヒラキの株主優待は期末の年1回ですので、今回の郵送物では株主優待券はいただいていません。その内容など、詳しい事が気になる方は上記のリンク先である過去の記事をご覧いただければと思います。

ヒラキの強み

[3059]ヒラキの強み:さて、[3059]ヒラキの強みというのはその『商品開発力』と『ローコスト運営』ということなんですよね。その主力商品である安い靴の『安い』価格帯を実現するためには、様々な苦労があるようです。基本的にはアジア圏に大量発注して直輸入しているために最近の円安が痛手になっているのか、後述のとおり最近の業績はややイマイチになってしまっているんですよね。

[3059]ヒラキから配当金をいただきました。

3059 ヒラキ 配当金

さて、今回は[3059]ヒラキから1株あたり10円の中間配当金をいただきました。保有株数は500株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,235円ということになりました。

ヒラキ[3059]の主要指標(2014年12月25日現在)

■ PER:18.25倍(予想)
■ PBR:0.74倍(実績)
■ ROE:8.5%(実績)
■ 配当利回り:2.82%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:45.1→-71.6→67.4→80.2→41.0(2015/3予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→20→20→20(2015/3予想)
※ 2015年3月期予想EPS 64.0→41.0に下方修正(2014年10月時点と比較)

では、最後に[3059]ヒラキの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。同社は地元兵庫県応援枠で保有している銘柄であるため、多少の業績悪化では売るつもりないんですけれども、今期については消費税増税の駆け込み需要の反動、実店舗では同社の主要エリアである郊外での個人消費の低迷などの影響を受けて、イマイチな推移となっているようですね。

その一方で、実は前回紹介した時よりも株価は上がっておりまして、足元では年初来高値をうかがう状況となっっています。『株主優待銘柄人気』の影響もあるのかもしれませんね。同社の優待は最低単位の100株だけ保有した時は優待利回りが3%前後となりまして、配当と合わせた総合利回りが6%弱もあるためです。

さて、同社の礎業である『ディスカウント店』の方は、頑張ってもなかなか利益が出ないようなのですが、『ネット通販』の方はそれなりの利益率をキープしているようなんですよね。同社は、商品と値段のバランスで見ると魅力的ですので、これからも通販の方で踏みとどまって中長期的には売上高・営業利益をキープできると見ています。株価が大きく下がる事があれば、買い増しを行いたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ