中山福[7442]から中間報告書。『キッチン用品』の卸大手。理由はよく分かりませんが、なぜか鉄壁のヨコヨコ業績が続いています。 - 高配当株で配当金生活

中山福[7442]から中間報告書。『キッチン用品』の卸大手。理由はよく分かりませんが、なぜか鉄壁のヨコヨコ業績が続いています。

個人的にはのんびりまったりの配当金生活を送るには最適であると思っている『マイナーでそれなりに高配当な銘柄』。私自身のポートフォリオで保有しているそういう銘柄をできるだけ魅力的にご紹介したいと思っているのですが、実際の読者の皆様の興味はどうしても『メジャーな株式』によってしまうというのはある意味仕方ない事なのかもしれません。

読者の皆様がどういう銘柄の記事に興味をお持ちかというのは、この記事をPCやタブレットでご覧の方には右下の方に高配当株で配当金生活 過去2週間で人気の記事20というコーナーがありますので、そちらをご覧いただければと思います。スマホからご覧の方は、高配当銘柄人気ランキングトップ10の過去記事をご覧いただければ幸いです。

7442 中山福 中間報告書

[7442]中山福 中間報告書:さて、今回はそんなマイナーな銘柄の中から[7442]中山福の中間報告書をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は、個人的にはお好みの感じ3文字の古風な名前でありまして、その創業も戦後すぐと非常に古い大阪企業なんですよね。

会社の名前からどういう企業かを想像するのは非常に難しいと思いますが、同社は家庭用品の卸をメインとしている会社です。こういう系統の会社はそれなりに業績や配当金が安定していても『割安・高配当』のままで放置されている事が多いというのが私の印象ですね。

参考までに、私の保有株式の中でマイナーな卸系の会社で高配当のものとして、以下の2銘柄を例示しておきたいと思います。興味のある方は、下の過去記事もご覧いただければ幸いです。

ユアサ・フナショク[8006]から2,000株分の配当金と株主優待券。食品卸が本業も、意外な副業で稼ぐ高配当株式です。
電響社[8144]から中間配当金。漢字3文字で古風な超渋い高配当銘柄も、あまりにマイナーすぎて売買0の事も。取引注意ですね。

安定した業績

[7442]中山福 安定した業績:さて、個人的にこの[7442]中山福でスゴいと思う所はその『安定した業績』なんですよね。家庭用品というのは確かに景気の変動に関わらずある程度必要なものではあると思うのですが、それにしても景気が良くても、景気が悪くても営業利益ベースではほぼヨコヨコの業績を続けているというのが不思議でなりません。今は、円安の逆風とある程度の景気の良さが相殺ということなんでしょうかね!?

中山福 品目別の売上高

[7442]中山福 品目別の売上高:[7442]中山福のメインは『家庭用品』と言う事なんですけれども、今回の事業報告書からもう少し細かい情報をみておきたいと思います。この資料を見るに、同社のメインとしている商品は『家庭用品』の中でも、特に『キッチン・ダイニング用品』ということですね。個人的な意見としては、その系統の株主優待を創設してくれると女性投資家からの人気が出るのではないかと思いますね。

中山福[7442]の主要指標(2014年8月4日現在)

■ PER:12.53倍(予想)
■ PBR:0.93倍(実績)
■ ROE:7.7%(実績)
■ 配当利回り:3.11%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:68.2→73.8→76.2→69.2→69.4(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:25→27→27→27→27(2015/03予想)

では、最後に[7442]中山福の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。記事の中でも述べたように、同社の大きな魅力の1つが安定した業績です。1株あたりの純利益(EPS)で見てみても毎期70円前後と鉄壁のヨコヨコ業績が続いているんですよね。公共系ではない会社でここまでヨコヨコというのは珍しいのではないかと思います。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[7442]中山福は業績がヨコヨコ傾向な分、この直近2年の景気回復の場面では株価指数のTOPIXに遅れをとっていますね。ただ、当然ながら[7442]中山福自身の株価も上がっておりまして、以前は4%台中盤の配当利回りだったものの、この2年間業績も配当も鉄壁のヨコヨコ推移である事から、配当利回り面での魅力は薄れてまいりました。

基本的には、こういう超ヨコヨコ傾向にある株式は、配当利回りが2%台中盤くらいまで上がれば一旦は売り時かなと考えています。いつかは来たる次の不況時に国内の株式市場が全体的に崩れる時は、こういうヨコヨコ傾向の会社であっても一緒に沈みますので、そういう時に買い増しを行えるとキレイな売買ということになりますね。まあ、そんなにうまくはいかないと思いますが・・・。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ