自転車の[3333]あさひから中間報告書と2,000円分の株主優待券。自転車関連だけに最近の業績はやや『コケ』気味ですね。 - 高配当株で配当金生活

自転車の[3333]あさひから中間報告書と2,000円分の株主優待券。自転車関連だけに最近の業績はやや『コケ』気味ですね。

今回は、全国津々浦々に大規模自転車専門店である『あさひ』を展開している[3333]あさひから中間報告書と同社のお店で使える株主優待券をいただきましたので、読者の皆様にご紹介することにしたいと思います。

3333 あさひ 中間報告書

[3333]あさひ 中間報告書:さて、最近は業績がちょっと『コケ気味』の[3333]あさひ。自転車だけに『コケ気味』なんて関西人らしくない滑るギャグのような気がするんですけれども、それはさておきこのコケ気味の業績を見て、株価の方も軟調に推移しています。1年半前の株価好調の時に比べると株価は4割弱も下がっているのですが、個人的にはコレは下げ過ぎかなという印象ですね。まあ、そういう印象ほどあてにならないものはないですけれども・・・。

ちなみに、12月20日の日本経済新聞にこの[3333]あさひの業績がイマイチだというニュースが掲載されておりまして、その時にTwitterで『嘆きのつぶやき』を行っています。売上高ベースでは+で推移していますので、利益が減少でもここは我慢の時かなと思いますね。

[3333]あさひの株主優待(2月/8月 年2回)

優待券(1,000円)
■ 100株以上:2枚
■ 500株以上:5枚
■ 1,000株以上:10枚
■ 5,000株以上:20枚

■ >>> ヤフオクでも大人気の[3333]あさひの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

3333 あさひ 株主優待券

[3333]あさひ 株主優待券:さて、私は[3333]あさひの株式を100株保有しておりますので、同社の株主優待券を2,000円分いただきました。私自身が普段優待のお店を巡るのに愛用している自転車もこの『あさひ』のお店で買った物でありまして、この優待券で自転車の備品などを購入する事も可能ですね。まあ、無理な商品を買っても仕方ないので、実際には金券ショップ行きにするかもしれませんけどね。

ネットで受け取りサービス

[3333]あさひ 店舗で受け取りサービス:最近[3333]あさひが気合いを入れて宣伝しているのがネットで注文、店舗で受け取りサービスです。注文自体はネットで済ませたいものの、実際に受け取るのは店舗にして、その時に最初の手入れや保険などの説明を店員さんからじっくりうけようというサービスなんですよね。

一見、それなら最初から店舗に行けばいいんじゃないの?という方もいらっしゃると思うのですが、実は[3333]あさひは実店舗よりも楽天市場店の方が安い商品が多い気がしますし、楽天市場店で買えば楽天のポイントも貯まるんですよね。流行るかどうかはともかく、私自身は自転車を買う時にこのサービスを利用しました。

あさひ 店舗数は拡大中です

[3333]あさひ 店舗数は拡大中です:記事の前半で『業績はイマイチ』と書いた[3333]あさひですけれども、実は店舗数自体は今期も順調に伸びておりまして、決算を見てみても減益決算ではあるものの売上高自体は堅調なんですよね。

実は、利益率の低下は今期に限った問題ではなく、過去に株主総会で指摘した事もあるんですけれども、今のところはうまく対処できていないという事になりますね。まあ、こういう商売はまず売上高が立ってこそナンボなので、いずれは為替に恵まれるなどの条件が整って復活の時が来るのではないかと期待しています。

あさひ[3333]の主要指標(2014年12月21日現在)

■ PER:14.16倍(予想)
■ PBR:1.49倍(実績)
■ ROE:12.8%(実績)
■ 配当利回り:1.09%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:81.6→91.8→82.8→83.4→77.9(2015/02予想)
■ 直近5期の配当推移:8→10→12→12→12(2015/02予想)
※ 2015年3月期予想EPS 91.5→77.9に下方修正(2014年6月時点と比較)

では、最後に[3333]あさひの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。足元は『思ったほど高額商品が売れない』などの理由や、おそらくは円安の影響も受けて減速傾向の業績ですけれども、それでも1年半前から見て株価が4割引になるほどの減速ではないように思うんですよね。確かに業績下方修正で前年度比の利益がプラス予想からマイナス予想に転落はしていますけどね。

私自身、同社の株式は株主優待目当てで保有している株式でありまして、現状は法人の100株だけにとどまっているんですけれども、コレくらいの株価推移が続くようであれば、個人でも+100株を購入しても良いのかなと思っています。優待券は必ず自分で使うとは限りませんけれども、金券ショップでもそれなりの金額で売れますからね。ちなみに、自分で使う場合の優待利回りは4%に迫っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ