ハードオフコーポレーション[2674]から中間報告書。総合リユース業の大手で高配当株式、時代に合っているのか着実に増益中です。 - 高配当株で配当金生活

ハードオフコーポレーション[2674]から中間報告書。総合リユース業の大手で高配当株式、時代に合っているのか着実に増益中です。

私が子供の頃には既に存在していた『リサイクルショップ』ですけれども、最近はリユース業と呼ぶ事が多いようなんですよね。地球の資源は限りある中で、再利用できるものは出来るだけ長く使おうという心意気は大切なのではないかと思います。それで、さらに会社として儲かるのであればコレだけ素晴らしい事はないですよね。

2674 ハードオフコーポレーション 中間報告書

[2674]ハードオフコーポレーション 中間報告書:さて、今回はそんなリユース業の超大手でありまして、この中間報告書の表紙にも『富士山のような日本一のリユースカンパニー』を目指すと書いてある[2674]ハードオフコーポレーションから中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。なお、同社は期末1回配当の会社でありまして、今回は中間配当をいただいておりません。

ハードオフコーポレーション 経営理念

[2674]ハードオフコーポレーション 経営理念:それなりの規模の会社につきものなのが『経営理念』ですよね。[2674]ハードオフコーポレーションにも上の画像で示しているような4つの経営理念が存在しています。この理念のうち、1→4の順番に重要なようでありまして、どちらかというと『会社のため』というのは劣後しているようですね。株主としては優先していただきたい所ですが、特に1・2を大切にする事が結果的には会社のため・・という事なんでしょうね。

ハードオフコーポレーション 配当金の推移

[2674]ハードオフコーポレーション 配当金の推移:こちらは[2674]ハードオフコーポレーションの5期分の配当金の推移になります。最近は30円になったり25円になったりと忙しい推移のように思えますが、これは特別配当・記念配当などが毎年のように絡んで来たためでありまして、実は普通配当で30円というのは今期が初めての事なんですよね。今後、業績を伸ばしてさらなる増配を達成できるかに個人的には注目です。

ハードオフコーポレーション 財務ハイライ

[2674]ハードオフコーポレーション 財務ハイライト:さて、今期2015年3月期の同社の売上高は大きく伸ばして過去最高を更新する見込みとなっています。コレは、FC加盟の3社を新たに連結対象とした事に起因しているのですが、色々な費用が先行した事により、中間期ベースでの経常利益は微減となっているんですよね。通期で+17%の経常利益予想が達成なされるかには注目ですね。

リカーオフ2店舗目オープン

[2674]ハードオフコーポレーション リカーオフ2店舗目オープン:さて、自社のブランドとしてはハードオフなど6種類を展開している同社が、最近新たに立ち上げたのが『お酒』を取り扱うリカーオフです。お酒を飲まない私には、その魅力がちょっと分からないのですが、2店舗目が武蔵小山という所にオープンしており、さらに先日の日経新聞の記事によると、3店舗目が今月名古屋にオープンするようです。

既存の『ハードオフ』業態のお店に比べ、出店面積が1〜2割程度で済み、さらに売上高経常利益率も2割前後と比較的高く推移している『リカーオフ』業態。今後は高所得者層の多く住む首都圏を中心に10年程度で100店舗の出店を目指しているそうですね。拡大続く同社の起爆剤ブランドになるかに注目していきたいと思っています。

ハードオフコーポレーション[2674]の主要指標(2014年12月18日現在)

■ PER:10.48倍(予想)
■ PBR:1.09倍(実績)
■ ROE:11.7%(実績)
■ 配当利回り:3.38%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:19.1→91.2→58.9→89.2→84.6(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:15→30→25→30→30(2015/03予想)

では、最後に[2674]ハードオフコーポレーションの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。この3〜4年は特別利益が出たり、特別損失が出たりして1株あたり純利益(EPS)は揺れ動く傾向にありますが、経常利益ベースでは概ね順調に成長を続けています。

個人的には、今後もこのリユース業態というのは堅実に成長を続ける業態であると期待しています。その中で既に先行している同社は、これからもリーディングカンパニーたる資格があると思っているんですよね。ちょっとほめ過ぎかもしれませんが、これからも株価が一時的に大きく下がる場面がありましたら、勇気を持って買い増しを行うようにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ