松屋フーズ[9887]から配当金と中間報告書。最近はトンカツ業態『松乃家』の全国出店を加速中、第二の柱になるか!? - 高配当株で配当金生活

松屋フーズ[9887]から配当金と中間報告書。最近はトンカツ業態『松乃家』の全国出店を加速中、第二の柱になるか!?

今回は、株主優待銘柄としては人気の高い銘柄の1つであると思われる[9887]松屋フーズから中間配当金と中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。なお、その人気の株主優待券は年に1回・6月にいただけるものであり、今回はいただいていません。興味のある方は、過去の記事をご参考ください。

■ 過去の参考記事:松屋フーズ[9887]から200株分の配当金と株主優待券をゲット。まさかの優待大改善、コレで同社のメニューが思う存分楽しめるかも!?

参考情報:松屋フーズ[9887]の株主優待 (3月/年1回)

優待お食事券
■ 100株以上:10枚
※ 主要メニュー+おすすめメニューの中から1品を選択可能です。

9887 松屋フーズ 株主優待券

2014年12月7日現在のオススメメニュー
9887 松屋フーズ おすすめメニュー

[9887]松屋フーズの株主優待券でいただく事のできるおすすめメニューは頻繁にそのラインアップが変更されます。最新の情報は松屋の公式ウェブサイトで公開されていますので、『限定メニュー』狙いの方が松屋で優待券を使う際は、都度確認した方が良いかもしれませんね。

■ >>> ヤフオクでも大人気の[9887]松屋フーズの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

プレミアム牛めし

[9887]松屋フーズのプレミアム牛めし:さて、首都圏にお住まいの方であればおなじみかもしれない[9887]松屋フーズのプレミアム牛めし。私はその全国展開を楽しみにしているんですけれども、いつまで経ってもその販売エリアが『関東1都6県』に限られているんですよね。優待も利用できる商品なので是非試してみたいのですが、意外に先行販売中の首都圏の状況が芳しくないという事なのでしょうか。

松乃家を育成中

[9887]松屋フーズ 松乃家を育成中:ついにグループ1,000店舗を達成した[9887]松屋フーズですけれども、実は最近はトンカツ業態の松乃家に出店の軸足が移っているんですよね。今年度は中間期までに11店舗を出店し総店舗数が58となりましたが、下期にさらに22店舗を出店し今年度中に80店舗まで店舗数を増やす計画となっているそうです。本格的に第2の柱としてのブランド育成が進んでいるようですね。

大阪に進出

■ 過去の参考記事:祝☆大阪初出店。[9887]松屋フーズのトンカツ業態である『松乃家』大阪1号店に株主優待券を使いに行ってまいりました。

[9887]松屋フーズ 松乃家・関西の店舗数は?:上記の過去記事のように、今を遡ることちょうど1年前くらいに関西への出店をスタートさせた松乃家。あれから1年が経ちまして、関西エリアの出店は5店舗まで進みました。私の行動範囲の中心である兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市東部あたりへの出店はまだですけれども、普段からよく遊びに行く梅田店は愛用しています。今度も1〜2ヶ月に1回くらいは利用することになるでしょうね。

[9887]松屋フーズから配当金です。

9887 松屋フーズ 配当金

さて、今回は[9887]松屋フーズから1株あたり12円の配当金をいただきました。保有株数は個人で100株+法人で100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は1,973円ということになりました。

松屋フーズ[9887]の主要指標(2014年12月15日現在)

■ PER:50.31倍(予想)
■ PBR:1.30倍(実績)
■ ROE:2.1%(実績)
■ 配当利回り:1.06%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:114.3→111.7→40.4→36.2→45.1(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→25→24→24(2015/03予想)

では、最後に[9887]松屋フーズの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。最近の人件費増・食材コストの増は『安い系』の外食には逆風となっている所が多いようですが、同社も2013年3月期からは業績がやや悪化していますね。

その一方で、最近は『株主優待銘柄』の人気が高いのか、株価については年初来高値近辺での攻防が続いています。個人口座で購入している同社の株は、リーマンショック以来初めての含み益圏まで上昇しておりまして、テンションが上がりますよね。

とはいえ、ここで『やれやれの売り』をする事はなく、株主優待券が今の内容で継続される限りは同社の株式を個人100株+法人100株の計200株保有し続ける事にしたいと思っています。『松屋』業態のメニューは定期的に新メニューが投入され、その新メニューが株主優待で利用できるものがほとんどであるため、優待を利用していて楽しいですからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ