アイティフォー[4743]から中間報告書。無借金で安定高配当継続中も今期は業績下方修正で株価はイマイチ中です。 - 高配当株で配当金生活

アイティフォー[4743]から中間報告書。無借金で安定高配当継続中も今期は業績下方修正で株価はイマイチ中です。

『ITシステム』にも『パソコン』にも全く詳しくない私。『あなた、元ネット通販の店長ですし、今はブログやってるじゃないの!』とツッコミを受けてしまいそうですけれでも、ネット通販をやっていたのも根性ですし、ブログの方もシステムやPCに詳しくなくてもそれなりにやれてしまうものなんですよね。最近は、疑問があっても大体グーグルで検索すれば解決する世の中ですしね。

さて、そんな感じで私はシステムやパソコンが大の苦手なんですけれども、そんな私がどういう訳かポートフォリオではそれなりに保有してしまっているのが『情報・通信業』の株式です。以前のITバブルの頃のイメージと違い、最近は意外に業績安定・高配当の手堅い会社が多いように思えるんですよね。システムというのは既に今の社会とは切っても切りはなせないインフラですしね。

アイティフォー 中間報告書

[4743]アイティフォー 中間報告書:さて、今回はそんなIT系の会社の中から[4743]アイティフォーの中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。IT系のシステムベンダーは『大手の子会社』である所も多いのですが、同社は独立系のベンダーと言う事になりますね。

アイティフォー 7つの事業

[4743]アイティフォー 7つの事業:[4743]アイティフォーは大きく分けて7つの事業領域を持っています。大きく分けると『システムソリューション』『ネットワークソリューション』『カスタマーサービス』の3つなんですけれども、システムソリューションの中を顧客のタイプ毎に5つに分類しているようですね。この中で、売上が一番大きいのは銀行などのフィナンシャルシステムの分野です。その中でも債権関係のシステムに特に強いようですね。

[4743]アイティフォー コンタクトセンターの受注:[4743]アイティフォーの得意分野の1つであるコンタクトセンターのシステム開発。今回の中間報告書で、最近請け負ったシステムの案件の1つとして[8005]スクロールが紹介されていました。席数の設定が柔軟にできるという点が珍しいシステムのようですね。確かに繁忙期と閑散期でその設定が柔軟に変えられるのは便利そうです。

ちなみに、大手カタログ通販の[8005]スクロールはかつてはポートフォリオに入っていた銘柄であります。業績があまりにイマイチだから切ってしまったんですけれども、今でも業績が低迷する一方で配当金は根性で1株=10円の水準を続けておりまして、大逆転一発銘柄として買うには面白い銘柄なのかもしれませんね。

アイティフォー 今期は不調です

[4743]アイティフォー 今期は不調です:さて、一般的には『業績が安定傾向にある』というイメージのあるITベンダー系の会社ですけれども、今期については公共分野で不採算案件が発生してしまったと言う事で、中間期時点で売上高は+ペースながら、経常利益は半減以下となってしまっています。通期では35%減までリカバーする予定ですが、その目標が達成なされるかに注目していきたいですね。

[4743]アイティフォーの主要指標(2014年12月15日現在)

■ PER:18.70倍(予想)
■ PBR:1.20倍(実績)
■ ROE:9.9%(実績)
■ 配当利回り:3.37%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:17.8→28.6→30.3→36.6→24.9(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:10→15→15→15→15(2015/03予想)
※ 2015年3月期予想EPS 39.6→24.9に下方修正(2014年7月時点と比較)

さて、それでは[4743]アイティフォーの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。前回、この銘柄をご紹介した7月時点から株価はほぼヨコヨコでありますが、実は夏のピークからは株価が2割程度マイナスになっているんですよね。

その原因は本文中で述べた『不採算案件』の発生による業績の下方修正ですが、この下方修正によって1株あたりの純利益予想(EPS)は▲37%程度の下方修正となってしまいました。

同社の規模の会社の場合、1本の大きな案件の出来具合によって業績がある程度揺れるのは仕方ないと思います。売上高ベースではそれなりに堅調な推移が続いており、さらに無借金という堅実な銘柄でもありますので、配当利回りが4%に乗るほど株価が下落する場面がありましたら、勇気を持ってちょっとずつ買い増しを行いたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ