J-POWER(電源開発)[9513]から300株分の配当金。電力株なのに利回りは1%台、なかなか当たらない施設見学会の申込券付きです。 - 高配当株で配当金生活

J-POWER(電源開発)[9513]から300株分の配当金。電力株なのに利回りは1%台、なかなか当たらない施設見学会の申込券付きです。

今回は、国内大手の電力株の一角である[9513]電源開発から配当金と中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この[9513]電源開発という会社、電力株としては圧倒的に知名度が低いと思うんですけれども、実は国内の電力網を支える上ではなくてはならない存在なんですよね。

9513 電源開発 中間報告書

[9513]電源開発 中間報告書:さて、この[9513]電源開発という会社は、戦後間もない時期に国内に電気を安定的に供給する事を目的として電源開発促進法という法律に基づいて設立されました。大手電力株が国内に安定した電気を供給できるようになった今となっては、ある意味役割を終えているのですが、今でも大手電力を補完する形で国内の電力の安定供給体制の一翼を担っているんですよね。

この[9513]電源開発の売上高は、いわゆる地域電力会社と比較してみると地域電力会社の中では比較的小さい[9507]四国電力・[9509]北海道電力と互角の戦いとなっています。[9513]電源開発は現状で原発を保有していない分、上記2社に比べると業績が安定しているため、現在の株式時価総額で見ると、売上高では2倍近い差のある[9504]中国電力と互角の戦いとなっていますね。

施設見学会

[9513]電源開発 施設見学会:[9513]電源開発の定番のイベントと言えば株主向けの施設見学会です。全国を営業エリアとする同社ですので、その見学会も全国各地で開催されるんですよね。次回、来年2月開催の施設見学会は広島県の『竹原火力発電所』ということで、もし当選したら広島県東部の観光を兼ねた旅行ということになりますね。実際は、滅多に当たらないんですけどね・・・。

■ 過去の参考記事:2013年10月 [9513]電源開発奥清津発電所見学会兼新潟旅行のまとめ記事です。

J-POWER倶楽部入会案内

[9513]電源開発 J-POWER倶楽部入会案内:さて、今回も同社の謎の会員組織であるJ-POWER倶楽部の入会案内をいただきました。既に私は入っている組織なので申込書を送る必要はないのですが、この組織に入ると同社関係の詳細なIRの情報を郵送でいただけるようになるんですよね。資料好きという方は是非とも入っておきたい会員組織ですね。

■ 過去の参考記事:ポートフォリオ内の電力株・最後の砦[9513]電源開発の謎の会員組織『J-POWER倶楽部』から郵便物をいただきました。

[9513]電源開発から配当金をいただきました。

9513 電源開発 配当金

さて、今回は[9513]電源開発から1株あたり35円の中間配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は8,892円ということになりました。

電源開発[9513]の主要指標(2014年12月7日現在)

■ PER:20.70倍(予想)
■ PBR:1.17倍(実績)
■ ROE:5.6%(実績)
■ 配当利回り:1.71%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:130.5→107.4→198.7→191.2→219.9(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:70→70→70→70→70(2015/03予想)

では、最後に[9513]電源開発の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。原子力発電所が動いていない今であっても、幸いにも国内の電力供給自体は問題がないようですが、元々原発の存在を前提としていた大手電力については、今でも業績的には苦戦している所が多いというのが電力株の現状ですよね。

そんな中で[9513]電源開発は、現状は完成している原子力発電所がないため『原発の存在を前提』とした会計にはなっていません。そういうこともあって、昔ながらの電力株のような安定業績・安定配当が今でも続いています。

実は、同社は青森県に新規で大間原子力発電所を建設中でありまして、この原発が本当に稼働できるのかなど波乱要因はあるんですよね。賛成派・反対派ともに色々な思いが交錯しているようなのですが、投資家としての観点からは、この波乱要因で株価がドーンと下がる事があれば、そこは買い増しの時かなと思っています。今は、配当利回りが1%台まで下がっていますので、どちらかというと『利益確定』の時ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ