アルプス物流[9055]から配当金。今期は創業50周年記念で5円増配決定、業績はまったり傾向の子会社系高配当株式ですね。 - 高配当株で配当金生活

アルプス物流[9055]から配当金。今期は創業50周年記念で5円増配決定、業績はまったり傾向の子会社系高配当株式ですね。

今回は、電子部品の大手である[6770]アルプス電気の子会社で、同社の子会社らしく『電子部品の配送』に強みを持っている[9055]アルプス物流から中間報告書と配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

9055 アルプス物流 中間報告書

[9055]アルプス物流 中間報告書:さて、[9055]アルプス物流のような物流系の会社はここ数年人材不足に加えて『燃油費の高騰』にも苦しんできました。しかしながら、燃油費については円安基調は逆風ながらも、原油相場自体が下がって来ているため、これからは『追い風』となる可能性が出て来ていますよね。今回は、急な原油安だったので事業報告書の中ではまだ燃料費の高騰が逆風と書かれてますけどね。

アルプス物流 安定した業績

[9055]アルプス物流 安定した業績:さて、[9055]アルプス物流のような大手の子会社の場合は、当然ながら親会社からの安定した発注が得られますよね。同社は、[6770]アルプス電気はもちろんの事、[6762]TDKの資本も入っていますので、この両社の電子部品の配送に関しては上記2社の業績が大きく悪化しない限りは安定するのではないかと思います。また、電子部品に限らず上記2社に依存しないような新規開拓は行っているようですね。その結果の安定した業績ではないでしょうか。

50周年の記念配当実施です

[9055]アルプス物流 50周年の記念配当実施です:[9055]アルプス物流は今年で創立50周年の節目を迎えました。節目というと『記念配当』が定番ですけれども、同社も例外ではないようですね。50周年と言えばやはりキリの良い『50円配当』を期待したかったですけれども、実際は普段の35円から5円アップの40円配当という事で落ち着いたようです。

[9055]アルプス物流から配当金です。

9055 アルプス物流 配当金

さて、今回は[9055]アルプス物流から1株あたり22.5円の中間配当金をいただきました。普段は半期で17.5円の配当金の所、今回は記念配当の5円が上乗せされた形ですね。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,717円ということになりました。

アルプス物流[9055]の主要指標(2014年12月7日現在)

■ PER:10.29倍(予想)
■ PBR:0.67倍(実績)
■ ROE:5.9%(実績)
■ 配当利回り:2.93%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:92.1→106.1→133.2→119.8→132.5(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:35→35→35→35→40(記)(2015/03予想)

では、最後に[9055]アルプス物流の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。ネット通販出身の私は、個人的には『物流』の会社には興味を持てるんですけれども、一般的には地味な業種であるためか、PER・PBRの面では株価が上昇した今であってもやや割安感があるように思えますね。

ただ、最近の株高で配当利回りは『高配当株式』の基準である3%を切ってしまっています。上記の2.9%というのは今期の記念配当をベースにしているものでして、普段の35円配当をベースにすると2.6%程度まで下がって来てしまっているんですよね。

今年、2014年にはドイツに現地法人を設立し、これからも同社の事業には拡大の余地があります。それでも、業績については保守的にヨコヨコであると見て、配当利回りが2%前半まで下がってくるようであれば利益確定も考えたいですね。なお、来期2016年3月期にに今期の記念配当分を普通配当で継続という場合は増配中の株式ということになりますので、利益確定は焦らない事にします。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ