ゲームカード・ジョイコHD[6249]から配当金。予想1株利益はわずか7円も根性で60円配当は継続中。優待はまあまあ魅力的です。 - 高配当株で配当金生活

ゲームカード・ジョイコHD[6249]から配当金。予想1株利益はわずか7円も根性で60円配当は継続中。優待はまあまあ魅力的です。

最近は国内株式については必ずしも当てはまらなくなって来ているのですが、私が好んで投資したい銘柄として『タバコ系』『ギャンブル系』の銘柄があります。両者とも、ある意味『反社会的』に捉えられる事がある銘柄なんですよね。ある意味『人気がない』からか、国内外ともに『配当が高め』の株式が多い2ジャンルという事になります。

国内株式でタバコ系というと[2914]JTしか見当たりませんが、『ギャンブル系』というとパチンコ関係の銘柄が色々とあるんですよね。このパチンコ関係というのは、国内では昔から人気のない銘柄でありまして株価が低めに抑えられる事から『高配当傾向』にある銘柄が多かったように思うんですよね。

6249 ゲームード・ジョイコHD 株主通信

[6249]ゲームカード・ジョイコHD 株主通信:さて、今回はそんなパチンコ系の銘柄の中から[6249]ゲームカード・ジョイコHDの配当金と株主通信をいただいています。この[6249]ゲームカード・ジョイコHDは、その配当利回りが4%前後でさらに『株主優待』も実施しているという夢のような銘柄・・のはずだったんですけれども、最近は肝心の『業績』がイマイチなんですよね。

時々、開店直前のパチンコ屋さんの目の前を通る事のある私ですが、今日のような寒い日であっても開店待ちの行列が見られるんですよね。その行列を見ると今でも『パチンコ』という娯楽はめちゃくちゃ人気があるように思えてしまいます。しかしながら、現実的にはパチンコ業界は遊技人口減に苦しんでおりまして、パチンコ系銘柄の全体の傾向として、最近は業績苦戦の所が多くなっているように思います。

参考:[6249]ゲームカード・ジョイコHDの株主優待(3月/年1回)

選べるカタログギフト
■ 2,000円相当:100株以上
■ 3,000円相当:500株以上
1年以上長期保有による優遇制度あり。3年以上の保有で最大5,000円相当になります。

さて、この[6249]ゲームカード・ジョイコHDには株主優待の制度がございます。今回の中間配当では株主優待は実施されませんので、下記に前回の優待をいただいた時の記事をご紹介しておきたいと思います。

■ 過去の参考記事:ゲームカード・ジョイコHD[6249]から選択式の株主優待カタログをいただきました。今回はクオカードが消滅!?

業績の推移

[6249]ゲームカード・ジョイコHDの業績推移:さて、前述のように最近の[6249]ゲームカード・ジョイコの業績推移はダメダメの一言につきます。たったの2年前は1株利益が100円を超えておりまして、1株=60円の配当も余裕な水準だったのですが、そこから2年で純利益は9割以上の減となってしまっているんですよね。売上高も減っておりまして、最近のパチンコホールの設備投資状況の厳しい状況が想像されます。

主力商品

[6249]ゲームカード・ジョイコHDの主力商品:ここまで述べていなかったのですが、この[6249]ゲームカード・ジョイコHDの主力商品はパチンコで使うプリペイドカードなんですよね。私自身、パチンコに行った事がないので詳しい事は分からないのですが、上記のメダル貸機はかなりの高性能のようでありまして、国内のシェアもダントツと言う事なのです。後は、パチンコ業界自体が元気を取り戻すか次第と言う事なんでしょうね。

[6249]ゲームカード・ジョイコHDから配当金です。

6249 ゲームカード・ジョイコHD 配当金

さて、今回は[6249]ゲームカード・ジョイコHDから1株当たり30円の配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,391円ということになりました。

ゲームカードジョイコHD[6249]の主要指標(2014年12月2日現在)

■ PER:216.0倍(予想)
■ PBR:0.52倍(実績)
■ ROE:2.2%(実績)
■ 配当利回り:3.97%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:320.6→112.1→63.2→7.0→21.0(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:60→60→60→60→60(2016/03予想)

では、最後に[6249]ゲームカード・ジョイコHDの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。比較的高配当で放置されがちな『パチンコ系』の同社、高配当銘柄かつ株主優待銘柄ということで、昔から保有している銘柄なんですけれども、最近のパチンコ人口減少のニュースを見るにつけ『そろそろ潮時なのかな?』と思ってしまいます。

既に、保有株数は個人の100株だけまで絞ってはいるのですが、大体こういう状況の時に株式を売却してしまうと結果的にそこが底というケースが今まで多々あったので売却しきれないでいるんですよね。結局だらだらと保有し続ける事になるのでしょうか!?

そもそも1株利益の予想が7円なのに、60円も配当できるの!?という疑問がわき上がる方もいらっしゃると思います。同社は有利子負債0で、剰余金に余裕があり、株主報告書にも『安定配当を志向』とは書いてはありますが、せめて1株利益で60円程度ないと、将来的には配当を続けられませんよね。まずは、今の業績低落傾向に今年度で終止符を打てるかに注目したいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ