松屋フーズ[9887]の株主優待券を使って松屋優待生活史上最高額商品の『チゲカルビ焼セット』をいただきます。 - 高配当株で配当金生活

松屋フーズ[9887]の株主優待券を使って松屋優待生活史上最高額商品の『チゲカルビ焼セット』をいただきます。

2週間に1回程度のペースで頻繁に『企画メニュー』が登場する[9887]松屋フーズ。一時期は、この企画メニューが株主優待券で食べられない時期があって、非常に寂しい想いをしたんですけれども、今はこの『企画メニュー』が概ね株主優待券で食べられる対象となっているので、楽しい松屋ライフを送る事ができますね。

9887 松屋フーズ チゲカルビ焼セット
※ 上記画像は[9987]松屋フーズの公式ウェブサイトから引用

松屋の新商品『豆腐キムチチゲ』:さて、少しブログでのご紹介が遅くなってしまいましたが、この[9887]松屋フーズにて2014年11月20日から期間限定で販売されている商品が豆腐キムチチゲ定食になります。正直、1回の食事のメニューとしてはこの『チゲ』だけで十分なようにも思うのですが、何と今回はこのチゲに『カルビ』も+する事ができるんですよね。タダで+できるんでしたらしないとな・・という貧乏根性でいただいてしまいました。さて、完食はなるのでしょうか!?

松屋フーズ[9887]の株主優待 (3月/年1回)

優待お食事券
■ 100株以上:10枚
※ 主要メニュー+おすすめメニューの中から1品を選択可能です。

9887 松屋フーズ 株主優待券

2014年11月30日現在のオススメメニュー

[9887]松屋フーズの株主優待券でいただく事のできるおすすめメニューは頻繁にそのラインアップが変更されます。最新の情報は松屋の公式ウェブサイトで公開されていますので、『限定メニュー』狙いの方が松屋で優待券を使う際は、都度確認した方が良いかもしれませんね。

■ >>> ヤフオクでも大人気の[9887]松屋フーズの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

松屋フーズ[9887]の主要指標(2014年11月30日現在)

■ PER:46.30倍(予想)
■ PBR:1.19倍(実績)
■ ROE:2.1%(実績)
■ 配当利回り:1.15%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:114.3→111.7→40.4→36.2→45.1(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→25→24→24(2015/03予想)

[9887]松屋フーズの『チゲカルビ焼セット』をいただきます。

さて、今回のディナーでいただくチゲカルビ焼セットは、豆腐キムチチゲとカルビ焼肉のセットでありまして、お値段はなんと720円もする商品なんですよね。昔の[9887]松屋フーズの株主優待券は700円縛りがあったんですけれども、最近はメニューが指定されるようになったので、700円縛りはなくなったという事なんですね。松屋の株主生活10年にして、今回が優待券でいただく最高値になります。

半熟卵

半熟卵:生卵か半熟卵かいずれかを選択します。値段的に『半熟卵』をお願いしてしまいましたけれども、鍋の具材を卵に浸けながらいただく事を考えると、普通の生卵の方が良かったのかもしれませんね。

カルビ焼肉

カルビ焼肉:普段はメイン料理となる事が多い[9887]松屋フーズのカルビ焼肉ですけれども、今回はサブ的な扱いとなりますね。これが副菜とは、さすが『松屋の優待生活史上最高金額の料理』と言う事なんでしょうね。

ご飯(並盛り)

ご飯(並盛り):松屋フーズの株主優待では定食を頼むと『ご飯の大盛り』を選択できますけれども、私はそこまで大食いではありませんので、並盛りをチョイスしています。器が大きいため、かなり少ないように見えてしまいますが、実際はそれなりの量のご飯が入っていますのでご安心ください。

豆腐キムチチゲ

豆腐キムチチゲ:そして、こちらが本日のメインである豆腐キムチチゲですね。普段、チゲは[9850]グルメ杵屋の『シジャン』以外であまり食べる事がない商品ですが、おそらくは本場のものより控えめであるとはいえ『辛い』ですよね。辛いものが苦手という方は間違えて注文する事ないよう気をつけてくださいね。

ということで、今回は[9887]松屋フーズの株主優待券を利用しまして、豆腐キムチチゲとカルビ焼肉という何とも贅沢なセットであるチゲカルビ焼セットをいただきました。明らかに多すぎるセットの内容ではありましたが、今回は根性で完食する事ができました。自分で株主優待券で頼んでおいて『残す』なんていう失礼な事はあってはならないので頑張りましたね。我こそは大食いだという読者の皆様は+ご飯大盛りで完食にチャレンジしてみてくださいね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ