国内高配当株式トップ10(2014年11月28日)金曜日の出来高はたったの4単位。忘れられた高配当株[8898]センチュリー21・ジャパンが再ランクインです。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2014年11月28日)金曜日の出来高はたったの4単位。忘れられた高配当株[8898]センチュリー21・ジャパンが再ランクインです。

今回は、2014年11月28日時点での高配当国内株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

昨日、11月29日の日本経済新聞に『買い物天国になったニッポン 関連企業の株価上昇』というタイトルの記事が掲載されていました。私自身、海外旅行に行きつつ日本で普段暮らしていて『最近の日本の物価ってそんなに高くないんじゃない?』と思っていたのですが、やはり日本の物価は長期のデフレ傾向・円安傾向のダブルの効果で相対的に低くなって来ているようなんですよね。

私の住む関西地域では、最近中国からの観光客が前年度比+7割のペースで増えているそうなんですけれども、中国の方に人気なのが大阪・心斎橋〜なんば地区でのお買い物だそうです。『本物』の日本製品が中国本土よりも安く買えるとあって、ビックリするくらい買って行く外国の方が珍しくないんですよね。こういうふうに、外貨主導で景気が良い店が生まれる事は良い事なのではないかと思います。

最近は、アジア諸国と国内の物価格差が縮まって来ているように思うのですが、日銀が示している『2%の物価上昇目標』が達成されるのであれば、いずれは日本もゆるやかなインフレ社会になるのでしょうか。必ずしも成功するとは限らない施策だとは思うのですが、それでも『いつまでもデフレ〜物価ヨコヨコ』であるとは思わない方が良いんでしょうね。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。先日までは記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄で残念な決算があった時の嘆きのつぶやきや、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったものをご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第104回(2014/11/21):アズマハウス(4.46%)/京都きもの友禅(4.17%)/ウェッズ(4.12%)
第103回(2014/11/14):夢真ホールディングス(4.59%)/アズマハウス(4.34%)/京都きもの友禅(4.17%)
第102回(2014/11/7):夢真ホールディングス(4.50%)/アズマハウス(4.35%)/京都きもの友禅(4.17%)
第101回(2014/10/31):アズマハウス(4.42%)/京都きもの友禅(4.16%)/ウェッズ(4.12%)/
第100回(2014/10/24):アズマハウス(4.41%)/京都きもの友禅(4.17%)/ウェッズ(4.17%)/

2014年11月28日現在のランキングです

1(ー):☆[3293]アズマハウス:4.42%(-0.04%)
2(ー):☆[7615]京都きもの友禅:4.20%(+0.03%)
3(ー):☆[7551]ウェッズ:4.13%(+0.01%)
4(ー):☆[4718]早稲田アカデミー:3.77%(-0.02%)
5(+1):[1737]三井金属エンジニアリング:3.75%(-0.00%)
6(ー):☆[6379]新興プランテック:3.69%(-0.06%)
7(+2):☆[8096]兼松エレクトロニクス:3.68%(-0.04%)
8(ー):☆[9883]富士エレクトロニクス:3.67%(-0.06%)
9(再):☆[8898]センチュリー21ジャパン:3.61%(-)
10(再):☆[4327]日本エス・エイチ・エル:3.60%(-)
※ ☆マークは、私が配当金生活のポートフォリオで実際に保有している銘柄です。

さて、今週のランキングを見てみたいと思います。今週は、日経平均株価などの主要な指数は高値圏内でのもみ合いという感じでありまして、このブログでご紹介しているランキング上位常連銘柄の株価も2%以内の値動きとなっていたようですね。上げ下げが激しい方がトレーダーとしてはウレシイのかもしれませんが、私のようなのほほん投資家としては、株価の動きはまったりとしている方がお好みですね。

今回は、今週9位に再ランクインとなりました[8898]センチュリー21ジャパンの指標を詳しく見ておく事にしたいと思います。この会社は『会社としての知名度』は比較的高いと思うんですよね。上で紹介している動画の最後で流れるセンチュリー21の『テレビCMの音楽』を知っているという方は少なくないのではないかと思います。

しかしながら、株式の方の[8898]センチュリー21・ジャパンとなると非常に地味な存在となってしまうんですよね。上場している市場はジャスダックですし、先週金曜日2014年11月28日の出来高を見てみると、なんとビックリの400株しか売買がなされていないのです。4単位しか取引が成立していないんですよね。

同社の指標や配当金の推移などを見るに、それなりに手堅い企業であるように思えるのですが、なぜか株式市場からは忘れられた存在となってしまっています。その分、株価の上げも下げもまったりとしているのである意味配当金生活向けの銘柄と言えるのかもしれませんけどね。

[8898]センチュリー21ジャパンの主要指標(2014年11月30日現在)

■ PER:12.73倍(予想)
■ PBR:2.07倍(実績)
■ ROE:16.9%(実績)
■ 配当利回り:3.61%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:238.0→247.5→289.3→318.6→326.7(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:150→150→150→150→150(2015/03予想)

では、最後に[8898]センチュリー21・ジャパンの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。『センチュリー21』自体はアメリカの法人ですけれども、日本では伊藤忠系が主導権を握っておりまして、主にFCにて店舗を展開している事から、加盟料とサービスフィーが収入となっているんですよね。

そういう事業構造だからか、同社は意外なほどに高収益となっておりまして、ROEも15%を超える水準が続いています。PBRも私が保有している小型株の中では高めの2倍強となっていますね。

最近は、不動産市況が良い事を反映して賃貸市場もそれなりに活況のようでありまして、今期も消費増税の景気反動をはねのけて増収の見込みとなっています。ただ、半年前の予想データに比べると1株利益で7%ほどの減速となっているようですね。賃貸マンションは消費税が非課税とはいえ、消費増税の影響は多少なりともあったということなんでしょうね。

さて、不動産市況は当然ながら景気にある程度影響を受けるものですけれども、同社が主力としている『住宅の賃貸』は不動産業の中ではかなり手堅い分野であると見ています。それでも不景気の時には多少業績が減速するとは思うのですが、同社のような『大手(伊藤忠)の子会社系』の会社は景気が減速する時にも『安定配当』の傾向にありますので、そういう不景気時こそ買い増しの時だと考えています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ