日本航空[9201]のビジネスクラス・ファーストクラスのマイレージ特典が超超大改悪。マイレージの価値がデノミ状態になってしまいます。 - 高配当株で配当金生活

日本航空[9201]のビジネスクラス・ファーストクラスのマイレージ特典が超超大改悪。マイレージの価値がデノミ状態になってしまいます。

海外旅行好きの投資家の皆さん、日本航空[9201]のJALマイレージは貯めていらっしゃいますでしょうか!?中には、そこまで旅行が好きという訳ではないけれども、それなりにマイルが貯まりやすいJALカードを利用してJALのマイレージを貯めているという方もいらっしゃると思うんですよね。

JALマイレージ残高

たっちゃんのJALマイレージ残高:そんな私は、普段から特に会社関係の経費をJALダイナース・ビジネスアカウントで決済しまくり、さらに時々日本航空や、マイレージ提携を行っているキャセイパシフィック航空・マレーシア航空などの翼で海外旅行に行く事で、頑張って12万台のマイレージを貯める事ができました。目標としていた、ファーストクラスでのアメリカ旅行も後は『予約を入れるのみ』となっているんですよね。

マイレージリニューアル
※ 上記画像は[9201]日本航空の公式ウェブサイトから引用

JALマイレージバンクサービスリニューアルのお知らせ:さて、そんな旅行ファンの私に今年も恒例の『JALマイレージバンクサービスリニューアル』のシーズンがやってまいりました。同社のマイレージ関係のサービスは毎年何らかの変更が行われるのが常でありまして、概ね11月末頃にその内容が発表されることとなるんですよね。既にタイトルでネタバレはしていますが『良くなりました!』とドーンと書いていない点がまだ良心的と言えるのかもしれません。

ビジネスクラス・ファーストクラス大改悪

ビジネスクラス・ファーストクラス超大改悪:今回の[9201]日本航空のサービス変更の一番の注目点は何と言ってもビジネスクラス・ファーストクラス特典のマイレージ交換比率の超大改悪と言えると思います。

■ 過去の参考記事:ANAHD[9202]の『ファーストクラス・マイレージ特典』が超大改悪。ますますファーストクラスの旅ゲットへの道のりが険しくなります。

先日、ライバルの[9202]ANAHDの方でもマイレージ特典が超大改悪されたとご紹介したばかりだったのですが、JALの方はファーストクラスだけではなく『ビジネスクラス』までも超大改悪となってしまったのです。幸いにも超大改悪の実施日は2015年11月1日からということでありまして、今マイレージを貯めている最中という方はまだ特典交換に間に合うかもしれませんね。

曜日を限定すれば据え置き

JALの良心!? 曜日を限定すればレート据え置きです:さて、マイレージからの交換レートが概ね20%〜30%台悪化してしまう日本航空[9201]のビジネスクラス・ファーストクラス特典なんですけれども、日本発火曜〜金曜、海外発月曜〜木曜の日程であれば今までと据え置きのマイル数でOKだと言う事なんですよね。曜日が選べる私のような人には救いの手と言えるのかもしれませんね。

ボーイング787のシート
※ 上記画像は[9201]日本航空のウェブサイトから引用

国際線ボーイング787の椅子も良心的です:このブログでは度々述べているように、再建処理を経て身軽になり、利益をあげられる体質となった[9201]日本航空の最近の機材更新のレベルは素晴らしく、[9202]ANAHDびいきの私からしても国際線で同じ値段ならJALを選ぼうと書いてしまうほどの設備の差となってしまっているんですよね。

上記画像は、同社のウェブサイトで紹介されていた国際線ボーイング787のエコノミークラスの椅子です。最近のJALの機材の良さの一例として挙げているのですが、この機材は他社であれば3ー3ー3(2ー4ー3の場合も)の横9列である会社が多い中、同社は2ー4ー2の配列となっておりまして、特に2人で旅行する時は非常に使いやすい配列なんですよね。

ANAHD[9202]の国際線・ボーイング787も登場した時はエコノミークラスの座席配置が2ー4ー2となっており『さすがANAやな』と感心した記憶があったのですが、いつの間にやら最新機材では3ー3ー3がデフォルトとなってしまいました。いずれ、2ー4ー2は無くなってしまうのかもしれませんね。

ということで、今回は[9201]日本航空の国際線ビジネスクラス・ファーストクラスへの特典マイレージ交換比率が超大改悪となるという情報を中心にご紹介しました。ユーザーの立場で見るとこれは大改悪なんですけれども、実は株主の立場で見ると『改善』と言えるのでちょっと難しいんですよね。まあ、曜日限定であれば条件据え置きなので、私はこれからも指定の曜日に特典航空券を取るようにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ