東京リスマチック[7861]から配当金。国内では珍しい年4回配当の高配当銘柄。四半期毎に6円の配当が延々と続いています。 - 高配当株で配当金生活

東京リスマチック[7861]から配当金。国内では珍しい年4回配当の高配当銘柄。四半期毎に6円の配当が延々と続いています。

『四半期配当』というと、まだまだ国内では馴染みのない言葉かもしれませんが、米国株ではこの『四半期配当』が当たり前となっているんですよね。米国で当たり前だから国内でも導入すべきとは思いませんけれども、日本で多い『中間・期末の2回配当』と『四半期配当』ではどちらの方が投資家にとってうれしいんでしょうね!? 事務の手間を考えると、個人的には2回で十分なように思いますね。

さて、日本での四半期配当は実はそれほど歴史の深いものではありませんで、実は21世紀になってから2005年に導入された会社法という法律で定められたものなのです。この法律の中で、配当金については『回数の制限が撤廃』されたため、法律上は年何回でも配当が行えるようになったんですよね。ただ、まだこの『四半期配当』を行っている企業数は10程度となっているようです。

7861 東京リスマチック 分配金
※ 上記画像は[7861]東京リスマチックのウェブサイトから引用

四半期配当の[7861]東京リスマチック:さて、今回は国内に数少ない『四半期配当』の銘柄の1つである[7861]東京リスマチックから配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社はDTPの世界では大手ということでありますが、今はジャスダック上場の小型株と言う事になりますね。3Dプリンタにも進出しているということで、いつかはブレイクという期待を持ちつつ保有している銘柄です。

配当金の支払いについて

[7861]東京リスマチック 配当金の支払いについて:さて、[7861]東京リスマチックは12月決算の会社でありまして、今回いただくのは9月で締まる第3四半期の配当金という事になりますね。同社は四半期毎に6円の配当がなされるのが最近の定番パターンとなっておりまして、今回も6円の配当がなされました。

[7861]東京リスマチックから配当金をいただきました。

7861 東京リスマチック 配当金

さて、今回は[7861]東京リスマチックから1株あたり6円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は1,435円ということになりました。

[7861]東京リスマチックの主要指標(2014年11月24日現在)

■ PER:6.17倍(予想)
■ PBR:0.74倍(実績)
■ ROE:5.4%(実績)
■ 配当利回り:3.61%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:17.5→12.5→76.8→44.3→107.8(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:24→24→24→24→24(2014/12予想)

では、最後に[7861]東京リスマチックの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。今月、2014年11月11日に9ヶ月決算を発表した同社ですが、1株あたり純利益が107.8円の予想となっておりまして、これから計算したPERが6倍ちょっとしかないんですよね。

もしかして、めっちゃ割安!?と思ってしまいそうなのですが、実は同社の今期は特別利益の要因が大きく、実は営業利益ベースでは▲26%の見込みなんですよね。目先の特別利益による好決算で見誤らないようにしないといけないですね。

つまり、同社の今期の業績は実質はやや不調と言う事なんですけれども、同社の過去を振り返ると大赤字が出ていても四半期6円の配当は継続してくれていました。つまり、配当金投資家としては同社の株式は『不調の時こそ買い』と言えそうですね。特殊要因が消えて『指標的には割高』となりそうな来年あたり、その買い増しチャンスがやってくるのかに注目しておきたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ