配当金生活のたっちゃん、楽天証券の『住民票取得代行サービス』を利用して今更ながらNISA口座開設へ。海外ETFの買付手数料無料が魅力ですね。 - 高配当株で配当金生活

配当金生活のたっちゃん、楽天証券の『住民票取得代行サービス』を利用して今更ながらNISA口座開設へ。海外ETFの買付手数料無料が魅力ですね。

その制度がスタートした時には『これってちゃんと流行るのだろうか!?』と思った方もいらっしゃると思うのですが、ふたを開けてみるとそれなりに流行ったのではないかと思われるNISA口座。このブログをご覧の読者の皆様の中にも実際に口座を開設したという方が多いのではないでしょうか。

実は、このNISA口座を私は恥ずかしながらまだ開設していなかったんですよね。『高配当株の配当金にかかる税金が無税』となるのにもったいないという意見もあると思うのですが、そのご意見はまさにおっしゃる通りとしか言いようがありません。そんな私が今までNISA口座を開設していなかったのは、一番の理由が住民票を取りに行くのが面倒というものなのです。

必要書類

NISA口座開設に必要な書類:というのも、普通にNISA口座を開設するだけなら『住民票の写し』を取りに行くだけでいいんですけれども、私は上の表でいう『2013年1月1日以降に別の市町村へ転居』した人でありまして、住民票の除票の写しという謎の書類をゲットする必要があったんですよね。この書類、前住んでいた自治体に行かないとゲットできないのかは分からないのですが、それを調べるのも面倒で結局NISAは申し込まないままになっていたのです。

住民票取得キャンペーン

楽天証券 住民票取得キャンペーン実施中:そんな私が、先日楽天証券のウェブサイトを見ていると『住民票取得キャンペーン実施中』とありました。楽天証券側が住民票を取得してくれるという事なんですけれども、通常の住民票はもちろんの事、住民票の除票の取得もOKという事だったので、それならこの機会にNISA口座を開くかと思い、申し込みをしてみることにしました。

住民票取得の委任状

楽天証券 住民票取得の委任状:こちらが、楽天証券から届いた住民票取得のための委任状です。同社に住民票の取得を代行すると、通常のNISA開設手続きよりもさらに時間がかかってしまうと言う事でありまして、今年の枠に間に合う可能性は0となってしまうのですが、そればかりは仕方ない事ですよね。のんびりやの私なので、ゆっくりと開設を待つ事にしたいと思います。

投資信託2000円分プレゼント

楽天証券 投資信託2,000円分プレゼント:さて、NISAの口座を開設すると各社色々なキャンペーンがありますよね。楽天証券も例外ではありませんで、現在は投資信託2,000円分プレゼントという面白いキャンペーンを実施しています。

はじめての投資が『NISA』という方ですと、どうしても『投資の最初の一歩』を踏み出すのが大変だと思うんですよね。そういう方も、最初の2,000円分を楽天証券からいただけるというのであれば、その最初の一歩を踏み出しやすいのではないかと思います。NISA口座の稼働率は『意外に低い』そうですし、まずは『買ってもらう』事が重要ですよね。

NISA口座のポイント

楽天証券 NISA口座のポイント:さて、楽天証券でNISA口座を開設する際のポイントを見ておきたいと思います。私個人としては、正直な所今まで使っている口座と被らないからという理由が一番だったんですけれども、それはさておき何と言っても一番大きいのは『海外ETFの買付手数料』が無料ということでしょうね。

海外ETFは1回あたり50万・100万と買う方は手数料が無視できるレベルなのですが、国内株式に比べると『5万・10万など、ちょっとだけ買う時の手数料が重い』傾向にありますので、非常に良い施策だと思います。この手数料無料キャンペーンを使って、読者の皆様にも海外ETFデビューを果たしてほしいですね。

ということで、今回は当ブログでは久しぶりの登場の楽天証券で、ついに来年度のNISA口座の開設手続きをしたと言う事をご紹介しました。NISA口座では『配当金生活のポートフォリオ』の枠外として、相対的に『ダメ』な商品に投資して一発逆転を狙いたいと思っています。その売買についても、Twitterやブログでご紹介する予定です。


グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
■ 取得が面倒な住民票取得無料代行キャンペーン実施中
■ 投資信託2、000円分もプレゼントされます
■ 海外ETF買付無料で海外投資デビューに最適!?


資産運用始めるなら!マネックス証券
■ マネックス証券なら海外ETFだけではなく個別株も買付手数料無料
■ 米国個別株はもちろん香港個別株も手数料無料
■ 日米よりは出遅れ気味の香港高配当株狙いに最適!?


実はサービス面ではマネックス証券が上かも!?:さて、私自身はNISA口座を楽天証券で開設することにしましたが、実はサービス面だけを見るとマネックス証券の方がやや上回っているように思えるんですよね。

それなのに、なぜ楽天証券を利用したかと申しますと、その一番の理由は上でも少し述べていたのですが『既存で保有している口座と同じ会社でNISA口座の取引をするとややこしい!?』と思ったからです。NISA口座で取引したいのに、間違って一般の口座で買ってしまうというミスが発生するかもしれませんからね。読者の皆様のNISA口座選びの参考となれば幸いでございます。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ