国内高配当株式トップ10(2014年11月21日)アベノミクスを経ても株価はヨコヨコ推移。[6379]新興プランテックが6位に再登場です。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2014年11月21日)アベノミクスを経ても株価はヨコヨコ推移。[6379]新興プランテックが6位に再登場です。

今回は、2014年11月21日時点での高配当国内株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。

さて、今週の国内の大きなニュースと言えば何と言っても『衆議院の解散と消費税の増税の延期決定』だったのではないでしょうか。このブログは政治ブログではないので、選挙の事にはあまり触れませんけれども、消費税増税の延期についてはやはり気になってしまいますよね。

財政再建のために消費税を上げる事にしていたのに、延期してしまうと財政懸念がわき上がるのでは!?と私は直感で思っていたのですが、今の所は景気に対する+効果の方に注目が集まっていますよね。まあ、こういうのは一夜にして流れが変わる事もありますので、これからも注意してニュースを見守って行きたいと思います。

そんな感じで、今週は日本の株価は好調、そして週末には中国や欧州の金融緩和関係のニュースが出た事によりまして、ダウ平均株価も絶好調のままで終わる事となりました。ブログ内では度々述べているように株価が上がれば上がるほど不安になってしまう難しい性格の私なのですが、自分の決めた5%ルールで利益確定ポイントに達する度にきっちりと利益確定を入れる事にしたいと思っています。

今週の参考記事:急激に進む円安で米ドル建て資産が大爆発へ。[7741]HOYAなど13銘柄1,100万円分の利益確定を行いました。この1ヶ月で2回目の利確ですね。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。先日までは記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄で残念な決算があった時の嘆きのつぶやきや、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったものをご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第103回(2014/11/14):夢真ホールディングス(4.59%)/アズマハウス(4.34%)/京都きもの友禅(4.17%)
第102回(2014/11/7):夢真ホールディングス(4.50%)/アズマハウス(4.35%)/京都きもの友禅(4.17%)
第101回(2014/10/31):アズマハウス(4.42%)/京都きもの友禅(4.16%)/ウェッズ(4.12%)/
第100回(2014/10/24):アズマハウス(4.41%)/京都きもの友禅(4.17%)/ウェッズ(4.17%)/
第99回(2014/10/17):ゲンダイエージェンシー(4.65%)/ウェッズ(4.49%)/アズマハウス(4.46%)

2014年11月21日現在のランキングです

1(+1):☆[3293]アズマハウス:4.46%(+0.12%)
2(+1):☆[7615]京都きもの友禅:4.17%(+0.00%)
3(+1):☆[7551]ウェッズ:4.12%(+0.00%)
4(+2):☆[4718]早稲田アカデミー:3.79%(-0.02%)
5(+2):☆[2169]CDS:3.77%(-0.01%)
6(再):☆[6379]新興プランテック:3.75%(-)
6(+3):[1737]三井金属エンジニアリング:3.75%(-0.01%)
8(ー1):☆[9883]富士エレクトロニクス:3.73%(-0.05%)
9(ー4):☆[8096]兼松エレクトロニクス:3.72%(-0.10%)
10(再):☆[3834]朝日ネット:3.61%(-)
※ ☆マークは、私が配当金生活のポートフォリオで実際に保有している銘柄です。

さて、今週のランキングを見てみたいと思います。今週は、先週まで1位となっていた[2362]夢真ホールディングスが突然ランキングから消えてしまいました。このコーナーではランキングから消える場合は『悪材料』による事が一番多いんですけれども、同社の場合は逆でありまして株価が上がってPERが20倍を超えてしまったからなんですよね。このパターンは珍しいと思います。

配当性向100%を志向する[2362]夢真ホールディングスは2015年9月期の業績が予定通り推移すれば、今の株価でも配当利回りが6%前後になるという計算もあるようなんですよね。個人的には、こういった『極端な』会社はちょっと買いにくいという印象なのですが『面白い』銘柄である事は間違いない事なのかもしれませんね。

今週のランキングを見てみると、2銘柄が再登場となっていますけれども、そのうち今週は6位にランクインしている[6379]新興プランテックをご紹介することにしたいと思います。同社は以前に比べると最近は業績が減速傾向にありまして、来期は増収・増益となるものの、2014年11月6日に業績をやや下方修正した事から足元の株価はイマイチな推移となってしまっていますね。

この新興プランテック。名前から受ける印象は『新興企業』という方もいらっしゃると思うのですが、全然そんな事はございませんで、戦前に設立されているかなり老舗の起業なんですよね。主な事業は『製油所』『石油プラント』の日常のメンテナンスでありまして、最近はアメリカを中心とする『シェールガス革命』のせいで、業界の構造に変化が見られる可能性がある業種でもありますよね。その辺りが、最近の株価のイマイチさに表れているのかもしれません。

新興プランテック[6379]の主要指標(2014年11月23日現在)

■ PER:13.21倍(予想)
■ PBR:1.12倍(実績)
■ ROE:7.8%(実績)
■ 配当利回り:3.75%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:70.2→90.7→60.8→55.0→60.5(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:25→25→30→30→30(2015/03予想)

では、最後に新興プランテック[6379]の主要指標をチェックしておく事にしたいと思います。2012年3月期には1株あたり純利益(EPS)が特殊要因なしで90円あった事を思うと、今期は増収・増益とはいえ60円というのはちょっと物足りない印象ですね。元々は、67円程度の予想だったんですけれども、11月6日の中間期決算発表で1割程度の下方修正となってしまいました。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[6379]新興プランテック 過去5年間の株価チャート:さて、この[6379]新興プランテックは上記で見たように業績がやや減速傾向にあるからか、過去5年間の株価チャートをみると、株価指数の上げには大きく遅れをとっているようです。業界構造が変化する中で、業績が上向き基調になるかどうかというのは私が判断できる事ではありませんけれども、今の株高の場面ではこういう『出遅れ気味』の銘柄を狙うのは戦略の1つであると言えるでしょうね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ