購入から間もなく10年の投資信託。日興アセットマネジメントの『GW7つの卵』の2014年7月〜9月四半期レビューをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

購入から間もなく10年の投資信託。日興アセットマネジメントの『GW7つの卵』の2014年7月〜9月四半期レビューをいただきました。

今回は、私が保有している投資商品の中では珍しい信託報酬が高いタイプの投資信託である『GW7つの卵(日興アセットマネジメント)』から四半期レビューをいただきましたので、そのうちの一部を読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

GW7つの卵 四半期レビュー

GW7つの卵 四半期レビュー:さて、このGW7つの卵ですけれども、普段から『信託報酬の高い商品』を好まない私が保有している唯一の『信託報酬が高い』投資信託なんですよね。

※ 参考:当ブログで定期的に積み立てを行っている投資信託
■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信
両投信ともに、2012年11月から月額1万円の積立を開始しています。両ファンドの運用状況につきましては、定期的にこのブログ内でご報告していきたいと思っています。

投資信託のうち、年間の運用経費にあたる『信託報酬』が比較的低い上記の2商品は、現在も積み立てを続けている投資信託なんですけれども、なぜ私は『GW7つの卵』を約10年前に10万円分買ってしまったのでしょうか!?

この件については、過去の記事でも述べた事があるんですけれども、実は私の友達が日興証券で働いていたからという理由なんですよね。10年前は、私は配当金生活の資金を作るために昼夜休みなく働き続けていたのですが、そういう私であっても『超仕事が忙しい君でも、GW7つの卵のレビューだけでも読んでおくと、投資の世界で何が起きてるかわかるよ。』とアドバイスされたのです。そのアドバイスを受けて、とりあえず10万円分だけ買っておいた商品なんですよね。

購入から約10年弱経ちました:さて、その『GW7つの卵』は私が2005年に購入してから来年で10周年と言う事になります。2005年の購入以降、すぐに小泉郵政解散があって株価は好調となり、その後リーマンショックで株価は崩壊、そしてアベノミクス相場で回復となっているのですが、それら全ての行事を乗り越えて今の所は+40%程度の成績になっていますね。年率1.944%の信託報酬を払ってコレなので、信託報酬さえ安ければ50%台の+と言う事になったんですね。

GW7つの卵の商品概要をおさらいしておきます。

GW7つの卵資産構成

GW7つの卵 資産構成:さて、ここでGW7つの卵の資産構成をおさらいしておきたいと思います。『コロンブスの卵』のことわざの通り、この投資信託では上のように色々な資産に分散して投資することが特徴となっています。投資信託の誕生が10年以上前であるため、当時まだ時価総額の小さかった『リート』は対象になっていないんですね。リート好きの方は気をつけましょう。

GW7つの卵 通貨別の構成

GW7つの卵 通貨別の構成:続いて、ここでGW7つの卵の通貨別の構成を見ておきたいと思います。大型の分散型投資信託らしく、円・米ドル・ユーロ・ポンドなどにキレイに分散がなされていますね。個人的な好みとしては米ドルはもう少し多くても良い気がするのですが、一般的に考えるとこんなものでしょうか。皆さんのポートフォリオ組成の参考になるかもしれませんね。

マザーファンド毎の成績

GW7つの卵 マザーファンド毎の成績:こういった系統の投資信託を安いインデックス投信で組もうと思えば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで投資するのが良いと思うんですけれども、実は『GW7つの卵』はインデックス投信ではないんですよね。

つまりは、この『GW7つの卵』は、積極的にリターンを取りに行く『アクティブ型投資信託』の集合体(ファンドオブファンズ)と言う事になるのです。こんな形で7つの卵に例えられる『7つの投資信託』は、ベンチマークに勝っているものもあれば、負けているものもあるんですよね。その勝った負けたの分析はこのレポートの中で詳しく述べられています。

ということで、今回はSMBC日興証券で購入している日興アセットマネジメントの投資信託GW7つの卵の四半期レビュー(2014 7-9月号)をご紹介しました。既に自力でポートフォリオを組むようになった私としては、この商品は無用の長物かもしれませんけれども、友達との付き合いの関係もありますし、これからも出来るだけ長期で保有する事にしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ