大和ハウス・レジデンシャル投資法人[8984]から分配金。あまりにも役に立たなさそうなホテルの『投資主優待券』も合わせていただきました。 - 高配当株で配当金生活

大和ハウス・レジデンシャル投資法人[8984]から分配金。あまりにも役に立たなさそうなホテルの『投資主優待券』も合わせていただきました。

足元では株価も業績も絶好調という[1925]大和ハウス工業。おとといはこの大和ハウス工業系列のリートで、物流施設中心に投資を行っている『[3263]大和ハウスリート投資法人』をご紹介しましたけれども、今回はもう一つの大和ハウス系リートである[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人をご紹介することにしたいと思います。

8984 ダイワハウス・レジデンシャル投資法人 資産運用報告書

[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人 資産運用報告書:さて、個人的には[1925]大和ハウス工業というと『住宅』というイメージなんですよね。実際は住宅を中心としつつも、商業施設・物流施設など総合的に扱っている親会社なんですけれども、会社名に『ハウス』と入っていると、どうしても『住宅系』かなと思ってしまいますよね。

アンケート

[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人 アンケート:配当金・事業報告書の書類とともに時々封入されているのが『アンケート』ですよね。アンケートに答えても対価のないアンケートは多いと思うのですが、[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人のアンケートは答えると500名様にクオカード500円分が当たるんだそうです。株主が全部で6,000人台しかない事を思うと結構大盤振る舞いかなと思いますね。当選確率はかなり高い方であると言えるでしょう。

投資主優待券

[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人 投資主優待券:[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人には実は『株主優待』があります。リートの場合は正確には『株』ではないので名称が『投資主優待』になるんですけれども、その優待券の内容が上記なんですよね。

同社の優待は、親会社の[1925]大和ハウス工業の系列であるダイワロイヤルホテルズの経営する全国26カ所の『ダイワロイヤルホテル』に1泊朝食付7,780円、1泊夕朝食付で12,500円で宿泊できるというものなんですよね。

この優待、一見悪くないように思うんですけれども、よくよく見ると1室2名以上でのご利用と書いてあります。つまりは、最低でも2人の宿泊で朝食付きだと15,560円になると言う事なんですよね。まあ、それでもホテル・時期の選択によっては悪くはない優待だとは思うのですが、少なくとも1人旅の私には『全く役に立たない優待』であると言えるのではないかと思います。

安定した分配傾向

[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人 安定した分配傾向:[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人はその名前の通り『住宅専門』に投資するリートであります。住宅リートは、不景気であっても景気が良くてもそれなりに収益が安定するというのが特徴でありまして、同社の分配金も非常に安定した推移となっているんですよね。今後も、下手な増資などをしない限りは安定した推移が続くのではないかと思います。

[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人から分配金です。

8984 大和ハウスレジデンシャル 分配金

さて、今回は[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人から1口あたり8,686円の分配金をいただきました。保有口数は3口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は22,068円ということになりました。

前述のように、安定した業績推移・安定した分配金水準をキープしてくれている[8984]大和ハウス・レジデンシャル投資法人なんですけれども、その事が評価されているためか、2014年11月下旬現在での分配金利回りは3.5%前後まで低下してきています。

この水準は、住宅専門リートの中では2番目に低い数字となっておりまして、[1925]大和ハウス工業の『住宅銘柄』としての信頼性の高さが浮き彫りになっていると思うんですよね。つまりただでさえ手堅い住宅系の中で、さらに手堅い銘柄ということになりますね。ただ、それであっても現状の分配金水準はちょっと低すぎるかなと思います。買い増しするのであれば、せめて分配利回り4%台で行いたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ