JAL系商社のJALUX[2729]から4,000円分の株主優待券。国内空港のJAL系売店などで好きな商品を買い放題です。 - 高配当株で配当金生活

JAL系商社のJALUX[2729]から4,000円分の株主優待券。国内空港のJAL系売店などで好きな商品を買い放題です。

今回は、JAL系の商社である[2729]JALUXから、4,000円分の株主優待券をいただきましたので、読者の皆様にも同社の株主優待の制度や、利用できるお店などをご紹介することにしたいと思います。

[2729]JALUXは名前に『JAL』という文字が入っている通り、当然ながら[9201]日本航空系の商社ということになります。しかしながら、実は同社の筆頭株主は[2768]双日でありまして、実際は[2768]双日と[9201]日本航空の商社と航空系の雄が主導する『航空系商社』と言う事になりますね。

2729 株主優待の案内

[2729]JALUXからの案内:さて、今回は[2729]JALUXの年に2回のお楽しみである『株主優待券』をいただいています。実は、同社の株主優待券では同社が提供する通信販売でも利用することができまして、その通信販売のカタログについては10月下旬〜11月上旬に届くとありますね。この記事を書いている段階ではまだ届いていないんですけれども、届いたらこのブログでご紹介するかもしれません。

[2729]JALUXの株主優待券(3月9月 年2回)

株主優待商品券(1枚1,000円)
■ 100株以上:2枚
■ 500株以上:4枚
■ 2、000株以上:7枚
■ 4、000株以上:10枚
■ 6、000株以上:12枚
■ 10、000株以上:14枚

2729 JALUX 株主優待券の枚数

[2729]JALUXの株主優待券の配布枚数:さて、[2729]JALUXの株主優待券の配布枚数は上記のようになっています。株主優待券の『割』で言うと最低単位の100株を投資した時の割が最も良くなっています。個人的には同社は成長の余地があると見ていまして、もう少し優待が手厚いのであれば買い増しを行いたい所なんですけどね。

■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。オススメ口座を紹介しています。

2729 株主優待券

[2729]JALUXの株主優待券:[2729]JALUXの現在の保有株数は個人で100株+法人で100株の計200株となっています。ということで、今回いただいた優待券の金額は個人・法人各2,000円ずつで合計4,000円ということになりました。いずれ、沖縄か北海道に旅行に行くと思いますので、その時に沖縄土産・北海道土産を買い込む事にしたいと思います。

株主優待券が利用できるお店

[2729]JALUXの株主優待券が利用できるお店:[2729]JALUXの株主優待券は、基本的には『空港の売店』で利用することになります。同社の運営する空港の売店は国内線ではBLUE SKYというブランドでありまして、旅行でJALを使った事があると言う方は見た事があるという方が多いと思うんですよね。

また、国際線ターミナルには同社の免税店であるJAL DUTYFREEを出店しています。本来であれば、免税店の方が一発で使える金額が大きいと思うんですけれども『日本で免税品を買うと、旅行中ずっと持ち歩く必要がある』というのが面倒ですよね。その事を気にしないのであれば、同社の優待は免税店で使うと良いのかもしれませんね。

[2729]JALUXの主要指標(2014年10月31日現在)

■ PER:15.77倍(予想)
■ PBR:1.09倍(実績)
■ ROE:6.4%(実績)
■ 配当利回り:1.54%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:38.8→54.5→61.7→76.6→87.1(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:5→15→15→20→20(2015/03予想)

では、最後に[2729]JALUXの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。私は[2729]JALUXを株主優待銘柄として保有しております。実は、配当利回り単体ではあまり美味しい銘柄ではないんですよね。11月上旬現在の配当利回り+優待利回りは4.6%前後でありまして、同社の『お買い物券』に額面通りの価値を見いだせるのであればまあまあの水準なのではないかと思います。

さて、同社は意外に『空港売店以外の収入』が多い会社なんですけれども、それでも空港でのリテールに業績が左右されるのは自然な事ですよね。最近は、特に海外からの日本観光客が増えておりまして、基本的には同社には追い風であると見ています。ただ、疫病の流行など不測の事態もあり得ると思いますので、過度に楽観視するのは禁物ですよね。それを踏まえつつ、これからものんびりとホールドしてまいりたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ