東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯、出来立てホヤホヤで驚愕の広さ、77平米のお部屋をご紹介です。(東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅 その3) - 高配当株で配当金生活

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯、出来立てホヤホヤで驚愕の広さ、77平米のお部屋をご紹介です。(東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅 その3)

今回は毎日1記事ずつ更新している『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』の第3回目の記事となります。前回の記事では、京都市営地下鉄と京都市営バスを乗り継いで東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAに到着いたしました。今回は、ホテルにチェックインをいたしまして、その後、今回宿泊するお部屋をご紹介することにしたいと思います。

さて、ここで『東急ハーヴェストクラブ』について少しおさらいをしておく事にしたいと思います。私は配当金生活スタート後、以前からの夢でありました『別荘』を買おうかと思ったんですけれども、さすがにそれはちょっと高すぎるのではないか!?と思いまして、結局は東急ハーヴェスト・有馬六彩(上記画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)を購入する事になりました。

『東急ハーヴェストクラブ』は全国に30弱の施設を保有しておりまして、基本的にはどこかの会員であれば全国どこの施設も利用する事が可能です。ホーム施設であれば予約が取りやすいなどの違いはあるものの、私のように平日メインで活動している人にはそれほどの差は感じられないのかもしれませんね。

今回は『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA』という施設を利用しているのですが、基本的にはこの施設は1人1泊4,538円で利用できます。ただ、今回は親孝行の旅行もかねておりまして、ルームチャージ制のお値段のVIALAタイプというちょっと豪華な客室をチョイスいたしました。この部屋であれば、1人あたりの値段は上がってしまうのですが、部屋の内装がさらに豪華になりまして、さらに『全室露天風呂付き』となるのです。

しかしながら、VIALAタイプは『ルームチャージ制』なので、1人で宿泊するのであればめっちゃ損になってしまうんですよね。普段であれば有馬温泉なら1泊3,888円で宿泊できる『通常タイプのお部屋』を毎回選択しています。

この記事以外の『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』の記事はこちら。

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯『VIALA』タイプのお部屋です。

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯に到着

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯に到着:さて、京都市営地下鉄の北大路駅から京都市バスに揺られる事約15分、東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯に到着いたしました。こちらは『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯』の入り口部分になりますね。出来てまだ1ヶ月も経っていない施設だからか、そのキレイさは言葉で表せないほどです。

ファミリータイプ・和室

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 ファミリータイプ・和室:今回はせっかくの機会なので『VIALA』タイプの中でも多少豪華なファミリータイプというお部屋を予約しております。そのお部屋の広さは77平方メートルということで、なんと私が住んでいるマンションのお部屋よりも広いんですよね。こちらは、和室でありまして夜になるとここに布団が敷かれる事になります。

ファミリータイプ・洋室

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 ファミリータイプ・洋室:そして、こちらはファミリータイプの『洋室』になりますね。こちらはベッド2台が設置されておりまして、ここに2名、和室の方に2名の合計4名くらいまでが宿泊できるタイプのお部屋と言う事になりますね。ベッドが大きいのは当然としまして、やはり出来立てのホテルだからか『キレイさ』が半端ないですね。

ファミリータイプ・リビング

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 ファミリータイプ・リビング:こちらはファミリータイプの『リビング』です。2つ上の写真で紹介している『和室』と隣接しています。普段は、実家に帰った時くらいしかリビングでの家族の語らいがない私なので、こういう場所でのんびりするのは貴重な機会と言えるのかもしれませんね。

液晶テレビなど

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 液晶テレビなど:液晶テレビについては特筆すべき点はありませんけれども、なんとビックリ『DVDプレイヤー』や『CDプレイヤー』などが最初から設置されているんですよね。私は必要ない設備ですけれども、人によってはここで映画を見るなんて言う方もいらっしゃるのかもしれませんね。

浴衣など

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 浴衣など:『温泉メイン』という旅館ではない東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯ですけれども、定番の『浴衣』も準備がなされています。男性向けと思われる大サイズと女性向けと思われる中サイズの2種類のサイズが置かれてありました。

お茶など

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 お茶など:私は面倒くさがりなので、普段は使う事が少ないんですけれども、お茶の設備もこんな感じで整っています。お金の話をするのはちょっとセコいですけれども、日本茶のパックは無料でありまして、右側に見えているコーヒーのパックは有料での販売ということでした。

セーフティーボックスなど

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 セーフティーボックスなど:77平方メートルもある大きなお部屋なので、クローゼットは複数準備されていました。中には、こんな感じでセーフティーボックスも設置されていますね。まあ、日本の治安では必要ないかもしれませんけれども・・・。個人的には、このタイプのお部屋にしては『ハンガー』がちょっと少ないかなと感じました。いずれ改善される事を期待したいですね。

2種類のスリッパ

東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯 2種類のスリッパ:さて、こちらは『スリッパ』なんですけれども、東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯では2種類のスリッパが準備されていました。白いスリッパの方はお部屋用、黒いスリッパの方は大浴場に行く時用と言う事なんですよね。

ということで、今回は『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』その3の『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA』のお部屋を中心にご紹介しました。あれ!?お部屋の中の温泉は!?というツッコミが聞こえてきそうですが、次回、その4でお部屋の中の温泉と、その他ホテル内の施設をご紹介することにしたいと思います。このシリーズは完結まで毎日1記事ずつアップしますので、興味のある方は毎日ご覧いただければ幸いでございます。

■ 前の記事:その2 初心者にはちょっと難しい!? 京都市営地下鉄と市営バス乗車です。
■ 次の記事:その4 客室内で豪華なお庭を見ながら露天風呂タイム。足湯もご紹介です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ