2014年10月『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』その1。いきなり有名コーヒー店の『イノダコーヒ』で休憩タイムです。 - 高配当株で配当金生活

2014年10月『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』その1。いきなり有名コーヒー店の『イノダコーヒ』で休憩タイムです。

このブログで定期的にご紹介しているちょっとセレブな旅行生活のコンテンツ。『投資ブログ』に旅行のコンテンツなんていらないんじゃないの!?という読者の方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのブログは『投資ブログ』ではなくて『配当金生活を紹介するブログ』ですので、全てが投資の記事で構成される訳でもないんですよね。実際は、投資の記事でなくてもできるだけ『上場企業』をご紹介できるようには努力しているんですけどね。

さて、今回はこのブログでは初めての京都旅行をご紹介することにしたいと思います。今回の旅行のメインは『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA』という施設になります。

東急ハーヴェストクラブは、東急系のリゾート会員権でありまして、私はアベノミクス相場で利益確定した資金の一部を使って地元兵庫県の『有馬六彩』という施設の会員権を購入いたしました。お部屋やその会員権の仕組みなどが気になるという方は、過去の参考記事もご覧いただければ幸いでございます。

■ 過去の参考記事:日本三名泉の有馬温泉『有馬六彩』。たまには親への感謝という事で部屋の中に温泉が付いているお部屋に宿泊です。

この『東急ハーヴェストクラブ』の新しい施設として、2014年10月4日に『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA』という施設が登場しました。この東急ハーヴェストクラブは、自分が会員権を持っていない全国の施設でもどこでも利用できるというのが特徴でありまして、私は地元の有馬温泉だけではなく全国津々浦々の施設を楽しんで利用しています。

ということで、今回の旅のメインは出来たばかりの超きれいな高級リゾートである『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA』のご紹介ということになるのですが、それ以外の観光・お食事・交通なども合わせまして全部で12記事程度の旅行記としてご紹介することにしたいと思います。毎日午後4時前後に12日連続で更新しますので、興味のある方は毎日ブログをご覧いただければ幸いでございます。

この記事以外の『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』の記事はこちら。

『イノダコーヒ』京都駅・ポルタ支店にやってまいりました。

イノダコーヒ ポルタ支店

イノダコーヒ 京都駅・ポルタ支店:さて、私の自宅の最寄りのJRの駅まで歩いて、そこから快速=新快速と乗り継いで約50分で京都駅に到着です。東急ハーヴェストの施設はどこも大体『アーリーチェックイン』ができないので、今回はちょっと遅めの昼食を京都駅でいただく所から始める事にしたいと思います。今回の記事でご紹介するお店はイノダコーヒの京都駅・ポルタ支店ということになりますね。いつの間にか『全席禁煙』となっておりまして、タバコ嫌いの方には自信を持ってオススメできるお店になりました。

お手拭きなど

イノダコーヒ お手拭きなど:この『イノダコーヒ』なんですけれども、よくよく見るとイノダコーヒーではなくイノダコーヒなんですよね。これは誤植ではなく、正式名称がこうなっているのです。また、今回訪れている京都駅の地下街のポルタ支店は比較的新しい支店なのですが、都心部にある本店は50年程度経っておりまして、これはこれで『観光スポット』になると思うんですよね。京都観光中の休憩にはオススメできるお店です。

京都新聞

イノダコーヒ 京都新聞:喫茶店というと『新聞を読みながら』コーヒーをいただきたい所ではないでしょうか。私は、旅行に行くと大体その土地の新聞を読むようにしているんですけれども、京都というとやはり京都新聞ではないかと思うんですよね。この京都新聞を読みながら美味しいコーヒーをいただくことにしたいと思います。

ポークヒレカツサンド

イノダコーヒ ポークヒレカツサンド:今回は『ポークヒレカツサンド』とコーヒーのセット(1,130円)をいただいています。本当はビーフカツにしようかな・・と思ったんですけれども、ポークカツサンドとビーフカツサンドでかなりの値段の差があったんですよね。『それくらい払えよ!』とツッコミが聞こえてきそうですが、ビフカツサンドの方はまたの機会ということにしたいと思います。

イノダコーヒ アラビアの真珠

イノダコーヒ アラビアの真珠:この『イノダコーヒ』で最も有名なコーヒーのブランドの1つがアラビアの真珠というブランドです。モカコーヒーをベースに香り、コク、酸味を絶妙なバランスに仕上げたヨーロピアンタイプの深焙りブレンドとの事なんですよね。

by カエレバ

普段の私は、コーヒーはブラックで飲む派なんですけれども、このイノダコーヒのアラビアの真珠は砂糖・ミルク入りで飲む事が推奨と言う事なので、私はこの商品を飲むときだけは砂糖・ミルクをいただく事にしています。言葉で説明するのは難しいのですが、このコーヒーは本当に奥深いと思うんですよね。京都在住ならば週1以上は確実に行ってしまいそうです。

ということで、今回は『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALAの旅』その1のイノダコーヒ 京都駅・ポルタ支店を中心にご紹介しました。次回、その2では京都市営地下鉄・京都市営バスを乗り継いで『東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯』まで移動することにしたいと思います。このシリーズは完結まで毎日1記事ずつアップしますので、興味のある方は毎日ご覧いただければ幸いでございます。

■ 次の記事:その2 初心者にはちょっと難しい!? 京都市営地下鉄と市営バス乗車です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ