日本マクドナルド[2702]の朝食メニュー『ビッグブレックファーストDX』でブランチ。ついに公式ウェブサイトで優待利用ルールが明文化されましたね。 - 高配当株で配当金生活

日本マクドナルド[2702]の朝食メニュー『ビッグブレックファーストDX』でブランチ。ついに公式ウェブサイトで優待利用ルールが明文化されましたね。

最近は『業績がイマイチの』という枕詞がすっかり板につくようになってしまった[2702]日本マクドナルド。一部地域でチキンマックナゲットの無料チケットを配布したようなんですけれども、6割のお客さんが『無料でも食べたくない』と答えているというアンケート結果もあるようなんですよね。まあ、この状態が2年も3年も続くとは私は思っていないんですけれども、それでも業績復活までの道のりは長そうです。

さて、今回は久しぶりにこの[2702]日本マクドナルドの株主優待券を使ってブランチをいただく事にしました。そのメニューは、このブログでは久しぶりに登場という事になるビッグブレックファーストデラックスです。このメニューは、ちょっと特殊な形態のメニューであるためか、登場した頃は『株主優待券の運用』がバラバラでちょっと困った過去もあったのですが、いつの間にか公式ウェブサイトにも以下の記述が追加されていましたね。

サンドイッチお引換券、サイドメニューお引換券を同時にご利用いただいた場合に限り、ビッグブレックファスト、またはビッグブレックファスト デラックスともお引換えいただけます。(日本マクドナルドの公式ウェブサイトから引用)

今まで、このビッグブレックファーストをいただく時、『サンドイッチの引換券』だけでOKとするお店・担当者もあったようですけれども、ウェブ上に上記の事が明記されたからにはこれからは自主的に『サイドメニューの引換券』も提出するようにしたいと思います。

日本マクドナルドホールディングス[2702]の株主優待 (12月6月/年2回)

優待食事券
■ 100株〜:1冊
■ 300株〜:3冊
■ 500株〜:5冊
※1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚

■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。オススメ口座を紹介しています。

2702 日本マクドナルド 株主優待券

日本マクドナルドHD[2702]の主要指標(2014年10月26日現在)

■ PER:-------倍(予想)
■ PBR:2.07倍(実績)
■ ROE:3.0%(実績)
■ 配当利回り:1.14%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:59.2→100.0→96.8→38.6→-127.9(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:30→30→30→30→30(2014/12予想)

[2702]日本マクドナルドのビッグブレックファーストDXをいただきます。

2702 日本マクドナルド ビッグブレックファーストデラックス

[2702]日本マクドナルド ビッグブレックファーストデラックス:ということで、株主優待券のうち『バーガー引換券』『サイドメニュー引き換え券』の2枚を提出してビッグブレックファーストの注文を行いました。お店はいつもいつも若者達がたむろしていて結構騒がしいので、今回も持ち帰りでいただいています。

ビッグブレックファーストデラックス ホットケーキ・マフィン・スクランブルエッグ・ソーセージ:さて『ビッグブレックファースト』の中身はこんな感じになっています。元々はアメリカのマクドナルドの朝食メニューだったこのメニューなので、とにかくボリュームが満点な事が特徴ですよね。昔、アメリカに行った時のマクドナルドの朝食メニューも過去に記事にしていますので、興味のある方は合わせてご覧ください。

■参考:株主優待券は使えませんがマクドナルド[MCD]・ニューヨークの「巨大朝食セット」の噂を聞いたので食べに行ってきました。

ビッグブレックファーストデラックス ハッシュポテトなど:『ビッグブレックファースト』と一緒にいただけるのがストロベリージャムにホットケーキシロップ、バターに胡椒と塩ですね。上でご紹介しているアメリカのマクドナルドよりは控えめですけれども、個人的にはこれでも全部使い切るにはちょっと多すぎると思うんですよね。結局、ホットケーキシロップは毎回のこしてしまってちょっともったいないかなと思うんですよね。

ということで、今回は[2702]日本マクドナルドの朝食メニューであるビッグブレックファーストデラックスでブランチタイムを楽しみました。かなり『野菜不足』になってしまうのが玉にきずですけれども、野菜は他の食事の時に補うということでたまにはこんなブランチも悪くはないのではないでしょうか。同社の優待でいただけるメニューの中では相対的にはオススメですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ