アメリカ最大級の電力会社[DUK]デュークエナジーから66株分の配当金。買い時を待っている間に株価が上がって大後悔時代!? - 高配当株で配当金生活

アメリカ最大級の電力会社[DUK]デュークエナジーから66株分の配当金。買い時を待っている間に株価が上がって大後悔時代!?

2014年10月現在の足元のアメリカの景気は『それなりに好調』だというのがニュースなどで言われる所だと思うのですが、個人的には『好調な時こそ次の不景気に備える』事が重要だと思うんですよね。まあ、私の場合景気が良くても悪くても公共株だろ!とツッコミが入りそうな所ですが、実際の所景気の変動に関係なく、それなりの配当を継続してくれる『公共系の株式』は配当金生活の主力となっています。

デューク・エナジー
※ 上記画像は[DUK]デューク・エナジーの公式ウェブサイトから引用

アメリカ大手電力株の[DUK]デューク・エナジー:さて、今回はアメリカ大手の電力株の一角である[DUK]デューク・エナジーから配当金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。同社は、アメリカの電力株の中では時価総額・売上高ともに首位争いをしている会社なのですが、顧客となるお客さんは1,200万人程度と、日本国内の大手電力の事を思うと、やや物足りない感があるかもしれませんね。

デューク・エナジー 配当金の動向
※ 上記の表は[DUK]デューク・エナジーの公式ウェブサイトから引用

[DUK]デューク・エナジー 配当金の動向:さて、同社の公式ウエブサイトに掲載されていた過去の配当金のデータをご紹介することにしたいと思います。実は、リーマンショックの前後では減配を行った事もある同社ですけれども、ここ最近は株式3分割を考慮した後の調整後で毎年四半期ベースで0.015$の増配というのが定番になっているようですね。年間ベースでは1株0.06$の増配ペースと言う事になります。

DUK 株価チャート
※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスの公式ウェブサイトから引用

[DUK]デューク・エナジー 過去5年間の株価の動向:さて、景気が良くても悪くてもそれほど変動しないまったりとした業績が魅力だと思っている[DUK]デューク・エナジーですけれども、実は株価はこの5年間でジリジリと上昇しておりまして、2014年10月下旬からさかのぼって過去5年間の上昇率は65%となっています。同じ期間のS&P500の上昇率が78%ですので、実は株価指数に対して大きく出遅れていると言う事はないんですよね。

景気が良くても悪くても、それほど業績が変動しない[DUK]デューク・エナジーではありますが、株価はこんな感じでそれなりに変動しているようですので、可能であれば景気が悪い時に買う方が望ましいと言う事になりますね。ただ、株価を下げる時も代表的な株価指数と比較して多少まったりと下げると予想されますので、『景気が良い時に公共株を買う』を買うというのも悪い選択肢ではないと思います。

[DUK]デューク・エナジーから配当金です。

DUK 配当金

さて、今回は[DUK]デューク・エナジーから1株あたり0.795$の配当金をいただきました。保有株数は66株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は40.08$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,284円ということになります。

[DUK]Duke Energy Corpの主要指標(2014年10月19日現在)

■ PER:25.3倍
■ PBR:1.4倍
■ ROE:6.49%
■ 配当利回り:4.05%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:2.49→3.00→3.83→3.07→3.76(2013/12実績)
■ 直近5期の配当推移:2.82→2.91→2.97→3.03→3.09(2013/12実績)

では、最後に[DUK]Duke Energy Corpの主要指標の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。同社はアメリカの典型的なディフェンシブ株らしく、毎期毎期少しずつ着実に増配をしてくれている株式という事になりますね。記事中でも述べましたが、最近は年あたり0.06$ずつの増配という事になっています。

最近は、なぜかアメリカの公共系の株価が好調でありまして、配当利回りはついに4%を切ろうかという水準まで下がってきてしまいました。夏には配当利回りが4.5%程度あった訳ですから、最近の株価の好調さが見てとれますよね。

今後も、[DUK]Duke Energy Corpの業績自体はまったりと推移するのではないかと予測しています。それでも、出来れば買い増しする時は配当利回り4%台半ばくらいは欲しかったんですよね。いずれ買い増しをしよう、買い増しをしようと思っているうちに、株価がスルスル上がってきてしまいました。いつかチャンスはあると思うので、その時にはきっちり買い増しを行いたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ