秋の特別金利キャンペーン。大和証券と大和ネクスト銀行の口座をダブルで開設すると『1年・0.40%(税引前)』の定期預金が作れるようです。 - 高配当株で配当金生活

秋の特別金利キャンペーン。大和証券と大和ネクスト銀行の口座をダブルで開設すると『1年・0.40%(税引前)』の定期預金が作れるようです。

2014年も10月に入って、内外ともに株価がやや低落傾向にありますので、そろそろナンピンを考えているという方もいらっしゃると思いますが、私は『売りは早く、買いは遅く』という傾向にありますので、ここまで利益確定してきた資金はまだまだ現金で置きっぱなしとなっているんですよね。

そういう資金の一時的な預け先として、私は2014年8月〜9月に近畿地区限定で実施されていた三井住友銀行の定期預金キャンペーンに注目しました。その条件は『3ヶ月で0.6%(税引き前)』とそれほど悪くはなかったんですけれども、結局は壮絶なオチが待っておりまして、時間だけを浪費したと言う事になってしまったのです。

■ 参考 キャンペーンご紹介:近畿地区限定の[8316]三井住友銀行の超大盤振る舞いキャンペーン。税引き前3ヶ月0.6%の定期を1,000万円分組んできました。
■ 参考 オチはこちら:三井住友銀行『たっちゃんよ、3ヶ月0.6%の定期預金を作ってもらったが、あれやっぱり無しにするわ』。という事で残念ながら定期を解約しました。

さて、[8316]三井住友銀行のキャンペーンで『やっぱりナシにする』と壮大なオチとなってしまった私の『定期預金のキャンペーン』ですけれども、今回の記事でご紹介する[8601]大和証券と大和ネクスト銀行の定期預金キャンペーンについてはおそらくは大丈夫だと思いますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

参考:たっちゃんが投資・生活などでメインで使っている口座たち

■ 国内株:SBI証券
■ 海外株(米国株・米国ETF):マネックス証券
■ 国内債券(ほとんどが個人向け国債):野村證券
■ 海外債券:SMBC日興証券
■ 日常の決済:三井住友銀行
■ ネット銀行:楽天銀行

今回は[8601]大和証券と大和ネクスト銀行のWキャンペーンです。

Wキャンペーンの内容
※ 上記画像は大和ネクスト銀行のウェブサイトから引用

[8601]大和証券と大和ネクスト銀行のWキャンペーン:さて、今回は[8601]大和証券と同社系列の銀行の『大和ネクスト銀行』のWキャンペーンと言う事になりますね。定期預金の預入先は、銀行の方の大和ネクスト銀行でありまして、今回新規で口座を開設する場合は半年もの・1年ものの定期預金の金利が税引き前で0.4%になると言う事です。

なお、今回の口座の開設は『大和証券』『大和ネクスト銀行』両方を開設する必要があると言う事なんですよね。私は大手証券では野村證券・SMBC日興証券の口座は保有しているんですけれども、大和証券の口座は持っていませんでしたので、この機会に口座を開設して、1,000万円て程度の定期預金を組んでも良いのかなと思いました。まあ、実際は口座を開設しても大和証券の方では個人向け国債キャンペーンと生外債以外はそうそう買わないと思うのですが・・・。

大和ネクスト銀行 普段の利率
※ 上記図表は大和ネクスト銀行のウェブサイトから引用

大和ネクスト銀行 普段の利率:さて、こちらは大和ネクスト銀行のキャンペーンが適用されない場合の各種利率になります。普通預金で0.04%というのは私が普段愛用しているイオン銀行に比べるとちょっと物足りないですけれども、『大和証券に預け入れているお金』についても自動的に適用されるようですので、悪くはない条件のように思いますね。これは米ドルなどの外貨についても同様のようです。実際に使ってみて、便利だと思う点が他にあれば別途読者の皆様にもご紹介するようにしたいと思います。

ということで、今回は2014年11月28日まで募集している大和ネクスト銀行の秋の特別金利キャンペーンについてご紹介しました。最低金額が300万円からなので、全ての読者の方が対象になる訳ではないのですが、それなりに浮いているお金があるという方には魅力的なキャンペーンではないかと思います。私は、期間内に1,000万円ほど定期を作ろうと考えています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ