1日・2日乗車券が良心的な沖縄都市モノレール『ゆいれーる』のご紹介です。(ANAプレミアムクラスで行く沖縄本島の旅 その3) - 高配当株で配当金生活

1日・2日乗車券が良心的な沖縄都市モノレール『ゆいれーる』のご紹介です。(ANAプレミアムクラスで行く沖縄本島の旅 その3)

今回は毎日1記事ずつ更新している『ANAプレミアムクラスで行く沖縄本島の旅』の第3回目の記事となります。今回は、那覇市内にお住まいの方や観光客の皆さんの交通の足となっている沖縄都市モノレール ゆいれーるをご紹介することにしたいと思います。

ゆいレール 1日乗車券

ゆいレール 良心的な1日・2日乗車券:さて、観光で那覇市内などを中心に廻るという方にオススメしたいのが、ゆいレールの1日・2日乗車券となります。普通、1日乗車券というと『その日の終電まで』しか使えないのが常識的な考え方だと思うんですけれども、ゆいレールは観光客が多い事に配慮してくれているのか、乗車した時間から24時間・48時間使えるチケットなんですよね。

つまりは、1泊2日の旅行であれば概ね1日乗車券でまかなわれますし、2泊3日の旅行であれば2日乗車券で十分な事が多いでしょう。ちなみに、上の公式ウェブサイトの記述を見るとちょっと不自然な空白があるのですが、実は昔は3日乗車券というものもあったんですよね。ゆいレールの担当の方が『HTMLの表の削り方』をご存知ないのかも!?ちょっと微笑ましいですよね。

この記事以外の『ANAプレミアムクラスで行く沖縄本島の旅』の記事はこちら。

今回は、2日乗車券を購入してゆいレールに乗車します。

那覇空港に到着しました

那覇空港に到着しました:ということで、今回の記事は『那覇空港』に到着した所からスタートとなります。この後、空港1階で荷物を受け取って、そのままエスカレーターで2階に上がってモノレールの那覇空港駅に向かう事になりますね。

那覇新都心 リュークスタワー

那覇新都心 リュークスタワー:時々ブログで書いている通り、本当は沖縄に住んでみたいと思っている私。沖縄県の読者の方からは、早く引っ越しなよというコメントもいただいた事があるのですが、親が兵庫県在住のため、まだ沖縄引っ越しの決断ができていないんですよね。東急ハーヴェストクラブの有馬温泉の会員権を持っている事も沖縄引っ越しがためらわれる理由の1つかもしれません。

ちなみに、もし私が那覇市に引っ越すとすれば候補の1つとして挙げているのがこのリュークスタワーというタワーマンションになります。今はちょっと高いと感じますので、いずれ買うとすれば景気が悪い時に中古で・・・ということになるのかもしれませんね。

ゆいレール 那覇空港駅

ゆいレール 那覇空港駅:ということで、ゆいレールの那覇空港駅が近づいてまいりました。この日は2014年9月の下旬だったんですけれども、大阪をはじめとする関西地方は秋の気配が漂ってきている中、まだまだ那覇は夏でありまして、最高気温が32度もあったんですよね。この写真からもその『暑さ』がある程度伝わるのではないでしょうか。

ゆいレール 那覇空港駅構内

ゆいレール 那覇空港駅構内:さて、那覇空港駅にて『2日乗車券』を購入してコンコースに上がってまいりました。沖縄のゆいレールは昼間の時間帯で10分に1本と、本数の面ではかなり便利なんですけれども、まだまだお客さんがそれほど多くないからか2両編成なんですよね。夕方などのラッシュ時にはめっちゃ混雑する事もあります。まあ、仕方ない事ではありますけどね。

ゆいレール 2日乗車券

ゆいレール 2日乗車券:今回購入した『ゆいれーるの2日乗車券』がこちらになります。この2日乗車券は、券売機では買えないようですので、皆さんも購入する時は窓口で購入する事を忘れないようにしたいですね。また、私が沖縄に行き始めてからほぼ一環して南部の新興住宅街の『豊崎エリア』の広告が入っているように思います。悪くはないエリアだと思いますが、交通がやや不便なんですよね。

ゆいレール 壺川駅に到着:さて、日本で一番西にある駅である『那覇空港駅』、そして日本で一番南にある駅である『赤嶺駅』などを経てゆいレールは今回の目的地である壺川駅に到着しました。

実は、この壺川駅の目の前にある駅ビルは[8960]ユナイテッド・アーバンの『壺川スクエアビル』という物件なんですよね。この写真のビルは郵便局でありまして、『壺川スクエアビル』はメルキュールホテルの後ろ側のビルなんですけれども、今思ってみると[8960]ユナイテッド・アーバンの投資主なのにそのビルの写真を撮っていないというのは失敗でしたね。

ということで、今回は『ANAプレミアムクラスで行く沖縄本島の旅』その3の沖縄都市モノレール『ゆいレール』を中心にご紹介しました。次回、その4では今回宿泊するホテルである『メルキュールホテル沖縄那覇』をご紹介することにしたいと思います。このシリーズは完結まで毎日1記事ずつアップしますので、興味のある方は毎日ご覧いただければ幸いでございます。

■ 前の記事:その2 ANA765便 伊丹空港=那覇空港 プレミアムクラスの機内食など
■ 次の記事:その4 今回の滞在ホテル・メルキュールホテル沖縄那覇のお部屋をご紹介。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ