リンガーハット[8200]の株主優待券でまさかの『カキフライ+ヒレカツ』。とんかつ専門店の『浜勝』でいただきます。 - 高配当株で配当金生活

リンガーハット[8200]の株主優待券でまさかの『カキフライ+ヒレカツ』。とんかつ専門店の『浜勝』でいただきます。

単価がそれなりに安いのに、株主優待生活に不足しがちな野菜を大量にいただけるという事で私の優待生活には大きな力となっている[8200]リンガーハット。実は、指標面ではとんでもない割高株ではあるんですけれども、同社を応援する気持ちもあって現在は1,000株を保有しています。

[8200]リンガーハットの株主優待券を使う場合、普段はメインブランドの『リンガーハット』のお店で『野菜たっぷりちゃんぽん』などをいただく事が多いのですが、今回は久しぶりに同社のとんかつブランドであるとんかつ浜勝に行きたいと思いました。『とんかつ浜勝』は同社の地元九州には多く出店しているんですけれども、関西圏にはお店が少ないんですよね。ちょっと行きにくいというのが本音ですね。

リンガーハット[8200]の株主優待の内容 (2月/8月 年2回)

1枚500円+消費税相当の食事券
■ 100株以上:2枚
■ 300株以上:7枚
■ 500株以上:12枚
■ 1,000株以上:25枚
■ 2,000株以上:50枚

8200 リンガーハット 株主優待券

by カエレバ

[8200]リンガーハットの主要指標(2014年10月7日現在)

■ PER:49.85倍(予想)
■ PBR:3.44倍(実績)
■ ROE:6.5%(実績)
■ 配当利回り:0.59%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:35.5→-19.1→28.7→32.5→34.0(2015/02予想)
■ 直近5期の配当推移:10→10→10→10→10(2015/02予想)

とんかつ浜勝で『かきふらいとヒレ膳』をいただきます。

お茶とおしぼり

とんかつ浜勝 お茶とおしぼり:さて、この『とんかつ浜勝』はランチタイムであればもうちょっと安いメニューもあるんですけれども、今回はディナータイムという事でランチよりはちょっとお高めになっていますね。今回いただいたかきふらいとヒレ膳は1,490円+税と同社の中ではかなりお高めのメニューとなっています。さらに、優待券をキレイに使うために+100円で豚汁への変更も行いました。

カキフライ用タルタルソース・お漬け物

カキフライ用タルタルソース・お漬け物:お漬け物はちょっと凝っている内容に思えるんですけれども、この内容で『お代わり自由』と言う事です。塩分取り過ぎになってしまいそうなので、私自身がお代わりする事はありませんけれども、大盤振る舞いのように思いますよね。

かきふらいとヒレかつ・海老フライ:『かきふらいとヒレ膳』のメインになります。カキフライが3個にヒレカツに海老フライとちょっとボリュームのある構成になっていますね。カキフライは冬が旬のメニューなので、個人的にはちょっと早いように感じますが、それでも味は抜群でした。これから冬の間は『カキ』をいただく回数が増えそうですよね。

麦ご飯

麦ご飯:『麦ご飯』と『白米』から2者択一で選択できます。当然お代わり自由でありまして、個人的にはこういう時は麦ご飯やこのお店ではありませんが『十二穀米』などちょっと変わった方を選択してしまいがちなんですよね。

豚汁

豚汁:普通のお味噌汁から+100円追加して『豚汁』に変更しています。豚汁はさすがに『お代わり』する事はできませんけれども、普通のお味噌汁であればお代わり可能という事です。結構良心的な対応だと思いますね。

ということで、今回は[8200]リンガーハットのとんかつブランドである『とんかつ浜勝』におきまして、10月1日から発売開始となった冬限定のメニューであるかきふらいヒレ膳をいただきました。『とんかつ浜勝』はメインブランドのリンガーハットよりも単価が高めなので、優待券があまりがちという方には使ってほしいブランドになりますね。関西地域には合計2店舗しかないので、なかなか行けないお店なのですが、個人的にはオススメです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ