利益確定した現金をそのままにしておくのはもったいないので『個人向け国債』を1,000万円分購入しました。5万円のキャンペーンのおまけ付き。 - 高配当株で配当金生活

利益確定した現金をそのままにしておくのはもったいないので『個人向け国債』を1,000万円分購入しました。5万円のキャンペーンのおまけ付き。

リーマンショック後という配当金生活のスタート時点に恵まれていた私。その後、アベノミクス相場のスタートまではその基準価額は一進一退の攻防を続けておりましたが、2013年からは利益確定ポイントに定期的に到達しておりまして、手元には利益確定をした後の現金が余ってきています。

参考:「配当金生活のポートフォリオ」の運用実績と受取配当金の総額

配当金生活ファンド過去の基準価額

2014年度(2014/4/1〜)の税引後の受取配当金:3,701,657円
2009年4月から現在までの合計受取配当金:約3,970万円
ポートフォリオの基準価額:14,781(2014/09/29現在)

基準価額は2009/4/1を10,000としています。配当金は生活費に充てるため再投資しません。2014年8月までにポートフォリオの基準価額にして合計4,500ポイント分を利益確定したため、現在は現金比率が約31%であり、その現金を元に地方都市に区分所有マンションとリゾート会員権を購入しました。残りの現金は、相場急落に備えてナンピン用資金としております。

さて、上記のように2014年8月までにポートフォリオの基準価額にして4,500ポイント分を利益確定した私は、現在のところポートフォリオの現金比率が31%となっています。厳密に言うと、この中から地方都市のマンションを購入しているので現金がドーンと余っている訳でもないんですけれども、それでも使うお金以上に配当金収入・利益確定分が多く、現金が貯まっていっている状況です。

本来は、貯まっている現金はイザという時のナンピン用資金でありますので、本当は現金で置いておくのが筋ではあるんですけれども、それはそれでちょっともったいないのかなと思いまして、今回余っている現金のうち1,000万円分を個人向け国債に振り向ける事にしました。なお、この追加購入分の個人向け国債についてはポートフォリオ上は『現金』として扱う事にしたいと思います。

野村證券のキャンペーンに乗っかって個人向け国債を購入です。

野村證券 個人向け国債キャンペーン

[8604]野村證券の個人向け国債キャンペーン(10月):さて、今回私が利用するキャンペーンは[8604]野村證券の個人向け国債キャンペーンという事になりますね。最近は、毎月ほぼ同じ内容でキャンペーンが行われておりまして、普段からブログをご覧いただいている方には重複かと思うのですが、改めてキャンペーンの内容をご紹介しておく事にしたいと思います。

キャッシュバックの内容

[8604]野村證券の個人向け国債キャンペーン キャッシュバックの内容:基本的には大手証券会社3社でほぼ横並びの『個人向け国債』のキャッシュバックは上記のようになっています。100万円・500万円・1000万円以上でキャッシュバックの率が良くなりまして、1,000万円以上の購入であれば0.5%のキャッシュバックがなされるのが特徴ですね。今後の戦略としては、1,000万円浮く毎にちょっとずつ積み増しを行っていきたいと思っています。

第55回 個人向け利付国債(変動10年)

第55回 個人向け利付国債(変動10年):今回購入する個人向け国債は『第55回 個人向け利付国債(変動10年)』になります。10年国債なのに利率が0.34%というのは驚愕の低利率と感じる方もいらっしゃると思いますが、この商品は『変動金利』であり、さらに1年後からは元本保証で解約できるという利点があるんですよね。今のように『債券高』の場面で買うには最適の商品のように思います。

個人向け利付国債(変動10年)を購入完了

第55回 個人向け利付国債(変動10年)を購入します:さて、今回[8604]野村證券の口座に個人向け国債を1,000万円ピッタリ買えるだけのお金を入金しようとしていたのですが、初回利子調整額があるのを忘れていましたね。これから野村證券などで個人向け国債を購入するという方は、1,000万円ちょうどではなくちょっとだけ多めに入金するのを忘れないようにしましょう。

今回はちょっと多めの現金を野村證券の口座に入れていましたので、『第55回 個人向け利付国債(変動10年)』の購入が無事完了いたしました。今回のキャンペーンでいただける金額は50,000円という事になるのですが、このキャンペーン分の金額は忘れた頃の12月中旬にひっそりと入金されるんだそうです。

ということで、今回は[8604]野村證券のサイトで久しぶりに個人向け国債を1,000万円分購入いたしました。本当は、効率の事だけを考えると余っている現金は大手3社の個人向け国債キャンペーンでまわし続けるのが良いのですが、そもそもこういうキャンペーンでいただけるお金は、金額が大きくなると雑所得として申告しないといけないのが面倒なんですよね。ということで、キャンペーンまわしについては今のところは行わないつもりです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ