モスフードサービス[8153]。2014年10月 大阪株主向けIR説明会のメインイベント『ティータイム懇親会』と豪華なお土産のご紹介です。 - 高配当株で配当金生活

モスフードサービス[8153]。2014年10月 大阪株主向けIR説明会のメインイベント『ティータイム懇親会』と豪華なお土産のご紹介です。

昨日の午前中の記事でもご紹介した、先週2014年10月2日に開催された[8153]モスフードサービスの『IR説明会 in 大阪』。前半の記事では、社長による経営指針の説明や、業績サマリーなど真面目な話が続きました。

8153 モスフードサービス IR説明会

[8153]モスフードサービス IR説明会の様子:当然ながら、今回の[8153]モスフードサービスのIR説明会のメインは真面目な話でありまして、ここから先の話題はおまけでしかないようにも思うのですが、一般的な個人株主として『ティータイム懇親会』なんてものがあれば、そちらに期待してしまうのは心情ではないでしょうか。今回は、まずその懇親会からご紹介することにしたいと思います。

モスフードサービス[8153]の株主優待 (3月9月/年2回)

「株主ご優待券」(500円券)
■ 100株以上:2枚(1,000円)
■ 500株以上:10枚(5,000円)
■ 1,000株以上:20枚(10,000円)

8153 モスフードサービス 株主優待券

モスフードサービス[8153]の主要指標(2014年10月6日現在)

■ PER:54.40倍(予想)
■ PBR:1.65倍(実績)
■ ROE:4.2%(実績)
■ 配当利回り:1.00%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:60.1→59.1→49.3→56.6→40.5(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→20→22→22(2015/03予想)

ティータイム懇親会の軽食はかなりのボリュームです。

8153 ティータイム懇親会 軽食

[8153]モスフードサービス ティータイム懇親会スタート:さて、記事の前半でご紹介しました会場での『IR説明会』が終わりまして、ウェスティンホテル大阪内の2階から4階に移動してまいりました。ここが今回の懇親会の会場となりまして、入り口で飲み物と軽食をいただいて、好きなテーブルにつく事になります。概ね参加者は150〜200名ほどはいらっしゃるように思いますね。テーブルは全部で14ありまして、このテーブルのそれぞれに役員・社員の方がついてお話をする事になります。

ティータイム懇親会の軽食

[8153]モスフードサービス ティータイム懇親会の軽食:改めて今回の懇親会の軽食を見ておきます。メインはサンドイッチでありまして、これは[8153]モスフードサービスの商品という訳ではないようですね。ウェスティン側で準備したサンドイッチとの事でした。今日は懇親会でそれなりの量の軽食が出る事を想定して昼食抜きでやってきた私ですが、普通に昼食を食べていたとすると午後3時台にこれを完食するのは難しかったでしょう。

また、サンドイッチに添えてあるクッキーは、[8153]モスフードサービスの傘下の紅茶店であるマザーリーフで提供されているものです。マザーリーフは全国に20店舗ほど展開しているお店なので、中にはお店を見た事があるという読者の方もいらっしゃるのではないかと思いますね。非常に美味しいクッキーだったと思います。

懇親会終了後に以下のお土産をいただきました。

お土産1 試食券

お土産(1) フォカッチャ試食券:さて、今回の[8153]モスフードサービスのIR説明会では2つのお土産をいただきました。まず、こちらは10月7日から全国で発売されているフォカッチャの試食券という事になりますね。写真には2つのフォカッチャが写っていますが、このどちらかを選択していただくという事になります。追加料金を支払うとセットにすることもできるようですね。

お土産(2) MOS CARD:もう一つのお土産は、最近モスバーガーでの発行枚数が100万枚を超えたというプリペイドカードのMOS CARDですね。このカードは最初から1,000円分がチャージされているという事です。このカード、毎月25日から29日にチャージをすると4%のプレミアムが付くそうなんですよね。自宅のすぐ近所にモスがあれば、愛用しそうなカードですね。

前半:[8153]モスフードサービスのIR説明会・経営指針や業績サマリー等

ということで、2回に分けて2014年10月2日に大阪のウェスティンホテルで開催された[8153]モスフードサービスのIR説明会・ティータイム懇親会の様子を中心にご紹介しました。正直、儲かっているかどうかという観点で言うと魅力に欠ける同社なのですが、こういう株主重視・顧客重視の姿勢は評価しても良いのではないかと思うんですよね。これからも、同社の株を持ちながら、サービスも愛用していきたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ