配当金生活のポートフォリオ(2014年9月末時点)今月は円安が追い風、海外リートが向かい風も結果としては連続で自己最高資産額を更新です。 - 高配当株で配当金生活

配当金生活のポートフォリオ(2014年9月末時点)今月は円安が追い風、海外リートが向かい風も結果としては連続で自己最高資産額を更新です。

配当金生活のポートフォリオの2014年9月のまとめ記事になります。この記事では、2014年9月のほぼ最終営業日である9月29日時点での配当金生活のポートフォリオの概要をご紹介することにしたいと思います。

本来であれば、2014年9月の最終営業日である明日9月30日にポートフォリオをまとめるのが通常なんですけれども、明日はたまたまお出かけという事になっているため、1日早い9月29日の集計という事になりました。私のポートフォリオは値動きが1日単位ではそれほど大きくない事から、明日まとめるのと今日まとめるのとでは結果には大差ないのではないかと思います。

今月の大きなテーマと言えば、何と言っても米ドルに対するドル安だったのではないかと思います。そんな中では、アメリカ好きの私のポートフォリオは大幅プラスになるという直感なんですけれども、実は今月は米国リートの調子が悪かったんですよね。

『アメリカの長期金利の上昇→リートの金利負担の増加→リートの収益の悪化』という連想で、金利が上昇しそうな時のリートの値動きとしては良くある光景なんですけれども、過去を振り返ってみると金利が上がる=景気が良くなっているということで、中期的には『金利上昇=リート安』とはならない事が多いんだそうです。短期的には下がる可能性は高そうなんですけどね。

さて、そんな感じで『良い事』『悪い事』が色々と交錯する分散ポートフォリオらしく、今月2014年9月もポートフォリオの基準価額はほぼ1%程度の変動幅に収まっています。国内では日経平均株価が絶好調である中、ちょっとこのプラスでは物足りないという方もいらっしゃるかもしれませんが、私としてはこれくらいの値動きの方が性にあっていますね。

2014年9月のポートフォリオの基準価額はこうなりました。

今月のポートフォリオ基準価額:14,781(先月比:+1.14%)

基準価額推移

※参考 過去の基準価額一覧
■ 2014年9月末:14,781
■ 2014年8月末:14,614
■ 2014年7月末:14,469
■ 2014年6月末:14,380
■ 2013年12月末:13,911
■ 2013年6月末:13,288
■ 2012年12月末:11,521
■ 2012年6月末:10,729
■ 2011年12月末:9,979
■ 2011年6月末:10,601
■ 2010年12月末:10,782
■ 2010年6月末:10,425
■ 2009年12月末:10,241

基準価額はポートフォリオを組んだ2009年4月1日を10,000として計算しています。計算の仕方は投資信託と同じ、配当金は分配されたものとして生活費にまわしているため、再投資は行っていません。また、税金のややこしくなる海外ものは個人で、国内物は法人で運用する傾向にあります。

参考:たっちゃんが投資・生活などでメインで使っている口座たち

■ 国内株:SBI証券
■ 海外株(米国株・米国ETF):マネックス証券
■ 国内債券(ほとんどが個人向け国債):野村證券
■ 海外債券:SMBC日興証券
■ 日常の決済:三井住友銀行
■ ネット銀行:楽天銀行

ポートフォリオについては、毎月1回更新を行っておりまして、検索などで直接この記事にたどり着いた場合は最新の内容ではない場合がございます。記事のタイトルの日付が数ヶ月以上過去になっている場合は、最新のポートフォリオを改めてご確認いただければ幸いでございます。

国内株式:16.77%(-0.02%)

国内高配当株式に関する個別の記事をご覧になりたい方はこちらから。

注:銘柄の後の数字は保有銘柄数の記号が入っている場合は、個人・法人両方とも保有していることを示し、法人・個人の順の株数となっております。

■ [2222]寿スピリッツ:100
■ [2411]ゲンダイエージェンシー:600
■ [2674]ハードオフコーポレーション:600
■ [2675]ダイナック:100
■ [2685]アダストリアHD:100
■ [2702]マクドナルド:300+100
■ [2729]JALUX:100+100
■ [2809]キユーピー:100
■ [2924]イフジ産業:450
■ [3002]グンゼ:1000
■ [3038]神戸物産:100
■ [3048]ビックカメラ:100+100
■ [3087]ドトール日レスHD:100
■ [3176]三洋貿易:200
■ [3190]ホットマン:100+100
■ [3313]ブックオフ:200+100
■ [3387]クリエイト・レストランツHD:100
■ [3397]トリドール:100+100
■ [3817]SRAホールディングス:300
■ [3834]朝日ネット:1000
■ [4327]日本エス・エイチ・エル:200
■ [4502]武田薬品工業:200
■ [4568]第一三共:600
■ [4641]アルプス技研:200
■ [4665]ダスキン:100+300
■ [4705]クリップ:400
■ [6249]ゲームカードジョイコHD:100
■ [6257]藤商事:200
■ [6379]新興プランテック:400
■ [6757]OSGコーポレーション:300
■ [6889]オーデリック:100
■ [7421]カッパ・クリエイト:100+100
■ [7445]ライトオン:100+100
■ [7518]ネットワンシステムズ:300
■ [7550]ゼンショーHD:1000
■ [7561]ハークスレイ:200
■ [7615]京都きもの友禅:400
■ [7741]HOYA:100
■ [7751]キヤノン:300
■ [7861]東京リスマ:300
■ [8031]三井物産:400+200
■ [8096]兼松エレクトロニクス:400
■ [8119]三栄コーポ:1000
■ [8132]シナネン:1000
■ [8151]東陽テクニカ:200
■ [8153]モスフードサービス:100+100
■ [8179]ロイヤルHD:1000
■ [8200]リンガーハット:1000
■ [8267]イオン:100+100
■ [8411]みずほFG:1000
■ [8898]センチュリー21ジャパン:100
■ [9021]西日本旅客鉃道:300
■ [9055]アルプス物流:300
■ [9201]日本航空:300
■ [9202]全日本空輸:1000+4000
■ [9432]NTT:400
■ [9436]沖縄セルラー:600
■ [9437]NTTドコモ:1200
■ [9505]北陸電力:300
■ [9513]電源開発:300
■ [9622]スペース:300
■ [9696]ウィザス:500
■ [9850]グルメ杵屋:1000
■ [9861]吉野家HD:100+100
■ [9887]松屋フーズ:100+100
■ [9934]因幡電機産業:100
■ [9936]王将フードサービス:100+100
■ [9945]プレナス:100+100

外国株式:19.56%(+0.30%)

海外高配当株式に関する個別の記事をご覧になりたい方はこちらから。

■ [1681]上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング):620
■ [AEP]アメリカンエレクトリックパワー:117
■ [GSK]グラクソスミスクライン:95
■ [MO]アルトリアグループ:142
■ [SO]サザンカンパニー:119
■ [T]AT&T:195
■ [DVY]iシェアーズ好配当株式ETF
■ [JXI]iシェアーズグローバル公益事業ETF
■ [PFF]iシェアーズ米国優先株式ETF
■ [IXP]iシェアーズグローバル電気通信ETF

国内債券:14.27%(-0.45%)

国内債券に関する個別の記事をご覧になりたい方はこちらから。

■ 個人向け国債:2,990万円
■ 2年国債・10年国債:50万円
■ [8960]ユナイテッド・アーバン投資法人債:100万円
SBI証券で購入したイギリス系債券:140万円
SBI証券で購入したソフトバンク社債:100万円
住信SBIネット銀行劣後債:40万円

海外債券:21.89%(+0.64%)

海外債券に関する個別の記事をご覧になりたい方はこちらから。

■ [AGG]iシェアーズ・コア米国総合債券市場 ETF
■ [LQD]iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債 ETF
■ [1677]上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型:270
■ [1566]上場インデックスファンド新興国債券:58
SBI証券で購入したブラジルレアル債:15,000レアル分
SMBC日興証券で購入したゼロクーポン債・国債など

国内REIT:16.40%(-0.12%)

国内REITに関する個別の記事をご覧になりたい方はこちらから。

■ [8951]日本ビルファンド:2
■ [8952]ジャパンリアルエステイト:2
■ [8953]日本リテールファンド:9
■ [8954]オリックス不動産:8
■ [8955]日本プライムリアルティ:5
■ [8957]東急リアル・エステート:11
■ [8958]グローバル・ワン:4
■ [8960]ユナイテッド・アーバン:11
■ [8961]森トラスト総合リート:9
■ [8964]フロンティア:4
■ [8967]日本ロジスティクス:7
■ [8968]福岡リート:10
■ [8973]積水ハウスSI:15
■ [8977]阪急リート:3
■ [8982]トップリート:2
■ [8984]大和不動産レジデンシャル:3
■ [8987]ジャパンエクセレント:10
■ [3226]日本アコモデーションファンド:5
■ [3227]MIDリート:4
■ [3234]森ヒルズリート:9
■ [3249]産業ファンド:2
■ [3263]大和ハウスリート:4
■ [3269]アドバンス・レジデンス:8
■ [3282]コンフォリア・レジデンシャル:6
■ [3285]野村不動産マスターファンド:7

海外リート:11.11%(-0.34%)

海外REITに関する個別の記事をご覧になりたい方はこちらから。

■ [1555]上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT):1740
■ [1590]iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF(ダウ・ジョーンズ米国不動産):36
■ [IYR]iシェアーズ 米国不動産 ETF
■ [IFGL]iシェアーズ 先進国(除く米国) 不動産 ETF
■ [RWX]SPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート ETF

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ