投資に関する2014年9月の人気記事ランキング(国内外高配当株式・株主優待銘柄を除く)ネタ振り→オチまでが壮大な定期預金の話題が上位ランクイン。 - 高配当株で配当金生活

投資に関する2014年9月の人気記事ランキング(国内外高配当株式・株主優待銘柄を除く)ネタ振り→オチまでが壮大な定期預金の話題が上位ランクイン。

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2014年9月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた株主優待銘柄・国内外高配当銘柄以外の投資関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。

当ブログの人気の二大系統のコンテンツと言えば『高配当株式』『株主優待銘柄』でありまして、読者の皆様も私のブログにはこの2系統の記事を期待しているという方が多いのではないでしょうか!?そもそも、このブログのタイトルが『高配当株式で配当金生活』なので致し方ない部分もあると思うのですが・・・・。

しかしながら、配当金生活のポートフォリオに占める『株式』の割合は全体の36%にしか過ぎず、それ以外の『債券』『リート』などの割合が64%も占めているのです。

ということで、私のように元本変動の少ないまったりとしたポートフォリオを目指したいという方は、実はこのランキングでご紹介している商品こそ重要なのではないかと思うんですよね。この記事は、他の記事でご紹介している株主優待銘柄の人気ランキング高配当銘柄の人気ランキングよりはアクセス数が少ない記事だと思うのですが、本当はこの記事こそ読者の皆様に読んでいただきたい記事であります。

なお、今回のランキングは当ブログの2014年8月30日から2014年9月28日までのアクセス数を元に作成しています。ランキングをチェックしていただき、もし興味がある投資商品がございましたら、元の記事もチェックしていただければ幸いでございます。具体的な内容のご紹介は各個別の記事で行っています。

第10位:[8960]ユナイテッド・アーバン投資法人(国内リート)

ユナイテッド・アーバン投資法人[8960]から11口分の分配金。時価総額上位の地域分散・用途分散型リート、個人的にはお好みですね。

第9位:[8977]阪急リート投資法人(国内リート)

阪急リート投資法人[8977]から3口分の分配金。阪急ブランドらしく関西エリアに注力する総合型のリートです。

第8位:[1677]上場インデックスファンド海外債券(海外債券)

長年愛する海外債券ETF。[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金。最近の円安を受けて少しずつ利益確定中です。

第7位:[1555]上場インデックス豪州リート(海外リート)

上場インデックスファンド豪州リート[1555]から1,740口分の分配金。最近は豪州為替が円に対して絶好調、そろそろ売り時かも!?

第6位:普通の日本国債(国内債券)

今になって思うと夢の日本国債『第288回利付国債(10年)』50万円分の利金をいただきました。利率は1.7%です。

第5位:個人向け国債(国内債券)

大和証券[8601]から9月の個人向け国債購入大盤振る舞いキャンペーン。税引前金利2%の円定期預金付きの特別企画です。

第4位:マネックス証券の米国株サービス拡充(外国株式)

マネックス証券で『米国ADR』の取扱が拡充。超高配当海外株が次々登場しています。

第3位:グローバルcoco債ファンド(投資信託)

名前がかわいいのに6%台の超高分配に期待できる債券商品!? 9月1日新設定の投資信託『グローバルCoCo債ファンド』をご紹介です。

第2位:[8316]三井住友銀行(定期預金)

近畿地区限定の[8316]三井住友銀行の超大盤振る舞いキャンペーン。税引き前3ヶ月0.6%の定期を1,000万円分組んできました。

第1位:[3287]星野リゾート・リート投資法人(国内リート)

星野リゾート・リート投資法人[3287]から投資主優待券(株主優待券)と分配金。今年のリート銘柄の台風の目!? 株価は大躍進中です。

ということで、2014年8月に多くの方に読んでいただいた『高配当株式』『株主優待銘柄』以外の記事は[3287]星野リゾート・リート投資法人に関する記事でありました。同社は正確に言うと『投資主優待』があるので、ランク外としても良かったのですが、このランキングは基本的にリートも含まれる事としていますので、今月は株主優待のランキングの方と双方でランクインという事にしています。

さて、2位にランクインしているのは[8316]三井住友銀行の近畿地区限定3ヶ月・0.6%の定期預金の話題となります。このブログをご覧になって、定期預金を作った関西の読者の方も多いのではないでしょうか!? 私の定期預金は単純なミスにより、壮大なオチを迎えてしまった訳なんですけれども、そのオチまで込みで多くの読者の方にご覧いただけたようです。

2014年9月 投資関連の記事トップ10のまとめ

1位:[3287]星野リゾート・リート投資法人(国内リート)
2位:[8316]三井住友銀行(定期預金)
3位:グローバルcoco債ファンド(投資信託)
4位:マネックス証券の米国株サービス拡充(外国株式)
5位:個人向け国債(国内債券)
6位:普通の日本国債(国内債券)
7位:[1555]上場インデックス豪州リート(海外リート)
8位:[1677]上場インデックスファンド海外債券(海外債券)
9位:[8977]阪急リート投資法人(国内リート)
10位:[8960]ユナイテッド・アーバン投資法人(国内リート)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ