ANA VISAプラチナ プレミアムカードの『プラチナプレミアムグルメクーポン』が到着。1人分の料金で2人分のコースが食べられます。 - 高配当株で配当金生活

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの『プラチナプレミアムグルメクーポン』が到着。1人分の料金で2人分のコースが食べられます。

今回は、久しぶりにクレジットカードの話題という事になりますね。私が保有しているクレジットカードのうち、ANAのマイレージをガンガン貯めるために愛用しているANA VISAプラチナ プレミアムカードからお手紙をいただきましたので、その内容を読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカードからのお手紙:さて『ANA VISAプラチナ プレミアムカード』は、ANAのプラチナカードかと思いきや、カードの種類としてはあくまで『三井住友VISAのプラチナカード』なんですよね。ということで、今回ご紹介するサービスについても、ANA VISAプラチナ プレミアムカードと三井住友VISAプラチナカードの共通のサービスということになります。

たっちゃんが現在保有しているクレジットカード一覧(2014/10月更新)
■ メインカード:アメックス・プラチナカード
■ JALマイル用:JALダイナースカード
■ ANAマイル用:ANA VISAプラチナ プレミアムカード
■ デルタ航空マイル用:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
■ 首都圏の電車用:ANAソラチカカード
■ 楽天市場用:年会費永年無料の楽天カード(年会費無料)
■ イオン用:イオンカードセレクト(年会費無料)
■ ドコモ料金支払用:DCMXレギュラーカード(年会費無料)

プラチナプレミアムグルメクーポンをいただきました。

プラチナプレミアムグルメクーポン

プラチナプレミアムグルメクーポンの案内:さて、今回はANA VISAプラチナ プレミアムカードからプラチナプレミアムグルメクーポンというクーポンをいただいています。『プラチナ』に『プレミアム』なんて単独で使っても仰々しい単語が重ねがけになっているんですよね。名前を聞いただけで『スゴい』クーポンに思えてしまいますが、それはあながち間違いではないんですよね。

プラチナプレミアムグルメクーポンの実物

プラチナプレミアムグルメクーポンの実物:こちらが、プラチナプレミアムグルメクーポンの実物になります。このクーポンは、グルメクーポンと名前がついている通り『レストランの割引サービス』ではあるんですけれども、このクーポンのスゴいところは2人以上のグループで食べにいくと『1人分が無料になる』という割引率の豪快さです。

対象のメニューはレストラン側が指定してくる『結構高めのコースメニュー』ではあるのですが、それでも2人で食べにいくと実質半額で高いコースメニューが食べられる訳ですからね。外食好きの方にはこれだけでANA VISAプラチナ プレミアムカードの年会費の元をとる事ができるかもしれません。

対象店舗数が増えています

プラチナプレミアムグルメクーポン 対象店舗数が増えています:ちなみに、前回いただいた『プラチナプレミアムグルメクーポン』がまだ手元にあったので、店舗数が増えているかどうかをチェックしています。関西と福岡地区しか調べていないのですが、このページを見る限り京都で2店舗、福岡で1店舗対象店舗が増えているようなんですよね。その他の地域でも対象店舗の増加はあるようで、全国では6店舗増加となっていました。

サ・グリル

ハイアット リージェンシー 京都『サ・グリル』:今回増えたお店のうち、代表して京都のハイアットリージェンシーにあるザ・グリルを例として見ておく事にしたいと思います。

ザ・グリルの場合、ディナータイムで税込み・サ込みで8,500円程度となるコースメニューが割引対象となっているようなんですけれども、実はこのコースはこのレストランのディナーコースで一番安めのコースのようなんですよね。

そう思うと、ザ・グリルの『プラチナプレミアムグルメクーポン』を使うのはかなりお得なような気がしてきました。まあ、2人以上で行く必要があるので私の場合は『一緒に行ってくれる人をどうするか』という最大の問題があるのですが、このブログをご覧の読者の皆様ならば『プラチナプレミアムグルメクーポン』を有効に使えるという方も多いのではないでしょうか!?

ということで、今回はANA VISAプラチナ プレミアムカードの目玉サービスの1つであるプラチナプレミアムグルメクーポンをご紹介しました。このクレジットカードは年会費が8万円以上もするので、基本的には『元を取る』という感覚ではおすすめできないんですけれども、それでも『プラチナカード』の中では比較的持ちやすい方ではないかと思うんですよね。プラチナ狙いの方にはオススメです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ