ハウスフリーダム[8996]から中間報告書。当ブログでは珍しいQ-Board上場の高配当銘柄、業績は急減速で株価もイマイチです。 - 高配当株で配当金生活

ハウスフリーダム[8996]から中間報告書。当ブログでは珍しいQ-Board上場の高配当銘柄、業績は急減速で株価もイマイチです。

基本的に『小型株で高配当の銘柄』を好む傾向にある私ですけれども、『小型株』と言ってもその上場市場は東証2部やジャスダックのものが多いように思うんですよね。それ以外のいわゆる『新興市場』に上場している銘柄はあまり買わない傾向にあります。特に理由がある訳ではないので、今までたまたまこうなっているのかもしれませんけどね。

8996 ハウスフリーダム 事業報告書

[8996]ハウスフリーダム 中間報告書:さて、今回は[8996]ハウスフリーダムから中間報告書をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この中間報告書の右上を見ていただくとわかると思うんですけれども、実はこの[8996]ハウスフリーダムは福岡証券取引所のQ-Boardに上場している銘柄なのです。私の保有銘柄ではおそらく唯一の『Q-Board』銘柄だと思うんですよね。

いわゆる地方の証券取引所が開設している新興市場としては、札幌の『アンビシャス』と名古屋の『セントレックス』にこの福岡の『Q-Board』があります。新興市場だからと言って私の好まない『ネット関係』ばかりが上場されている訳でもなく、高配当にこだわらないのであれば、将来に化ける可能性もある面白い企業がそれなりに上場していると思うんですよね。

今期は業績大減速

[8996]ハウスフリーダム 今期は業績大減速:しかしながら、今回の記事でご紹介する[8996]ハウスフリーダムは目下『足踏み状態』どころか『大減速状態』となってしまっているんですよね。1つ上の写真をご覧いただくとわかるように、同社は『戸建て住宅』が主力の事業となっているんですけれども、この戸建て住宅が増税後の反動減や、建築資材の高騰などで苦しんでいるんだそうです。

ハウスフリーダム 配当は継続されるか!?

[8996]ハウスフリーダム 配当は継続されるか!?:2011年12月期までは1株27円の配当金、2012年12月期からは1株20円の配当金がなされてきている[8996]ハウスフリーダム。同社は現状では配当利回り4%台の超高配当ではあるのですが、過去には業績の水準を見て前述のような減配が行われた事もありました。

上の記事でも『利益還元は経営上の重要課題』としながらも、『内部留保金の確保と株主還元等のバランスを考慮』とありますので、今期のような業績が2年以上続くのであればさらなる減配は視野に入れておかなくてはならないのかもしれません。その分、株価が割安となっている現状なのですが、皆さんはどのようにお感じになるのでしょうか!?

ハウスフリーダム[8996]の主要指標(2014年9月28日現在)

■ PER:89.8倍(予想)
■ PBR:1.05倍(実績)
■ ROE:15.3%(実績)
■ 配当利回り:4.55%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:73.7→65.7→37.6→67.6→4.9(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:27→27→20→20→20(2014/12予想)

さて、今期は元々業績大減速という予想を発表していた[8896]ハウスフリーダムですけれども、それでも半年前の予想数字では1株あたりの純利益(EPS)は30円前後となっていたんですよね。それが結局4.9円の予想となりまして、1株配当が20円である事を思うとちょっと心もとない水準まで減速してしまっています。

今のところ、2015年12月期の業績予想としては1株あたり純利益が30円程度となっておりますので、来期の業績が予想通り行くのであれば配当は継続されると思うのですが、そもそも同社の規模の戸建て・マンション販売系の会社は元々業績が揺れ動きやすい傾向にあるんですよね。過度に期待はしすぎないようにしたいと思います。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[8996]ハウスフリーダムの過去2年間株価チャート:今期の業績予想が大減速となってしまった事から、[8996]ハウスフリーダムの過去2年間の株価チャートを見ると、アベノミクス相場なんのそのの独自の道を歩んでいます。実際、同社の業績減速の割には株価が下がっていないというのはある意味ここ2年の相場全体の堅調さのおかげなのかもしれませんね。

さて、来期も同社の業績が回復するとは言い切れないため、同社の株式はここで損切りしてしまうかは迷うところなのですが、売ったところで代わりに買う銘柄もそれほど魅力的なものがありませんので、当面はキープという事にしたいと思います。将来減配されてしまうとすると、その時は泣きながらホールドか損切りかは未定です。その時に判断したいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ