フロンティア不動産投資法人[8964]から4口分の分配金。商業リート界のディフェンシブ王、不景気でも好景気でも相変わらずの分配水準です。 - 高配当株で配当金生活

フロンティア不動産投資法人[8964]から4口分の分配金。商業リート界のディフェンシブ王、不景気でも好景気でも相変わらずの分配水準です。

今回は、国内のリートではその上場銘柄数があまり多くない『商業施設』を中心に投資するリートである[8964]フロンティア不動産投資法人から分配金と資産運用報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

8964 フロンティア投資法人 資産運用報告書

[8964]フロンティア投資法人 資産運用報告書:さて、この[8964]フロンティア投資法人は前述のように『商業施設』に投資するリートなんですけれども、米国では最もメジャーとされるこの形態も日本では商業施設は『総合型リート』の一部として保有する事が多いためか、『商業施設型』とされるのは全銘柄の中で3銘柄しかないんですよね。

リートの投資対象にはオフィス・商業・住宅・物流・ホテルなど色々ありますけれども、個人的にはこの中で一番好むのが『住宅』そして、2番目に好んでいるのが『商業』です。住宅は好景気・不景気に関わらずある程度の稼働率が見込めますし、商業については長期の契約が多いため安定した分配金が見込めるためなんですよね。つまりは安定性重視ということですね。

フロンティア投資法人 運用報告会実施

[8964]フロンティア投資法人 運用報告会実施:[8964]フロンティア投資法人では来る10月9日に運用報告会を実施するようです。誰でも参加できるという訳ではなく、この紙を持っている人だけが参加できるという事なんですけれども、細かい質問もできる良い機会ですので、この銘柄を持っている首都圏の方は参加してみるのも悪くはないかと思うんですよね。

[8964]フロンティア投資法人 安定した分配金推移:[8964]フロンティア投資法人は不動産業界では泣く子も黙る[8801]三井不動産系列のリートでありまして、同社系列の商業施設を数多く保有しています。三井系のショッピングモールは私もちょくちょく利用しているのですが、本当によくできておりどこもそれなりに混んでいるところが多いように思いますよね。それだからか、リーマンショックを経てもこんな感じでほぼ9,000円台の安定した分配金推移となっています。

適度に分散されたポートフォリオ

[8964]フロンティア投資法人 適度に分散されたポートフォリオ:[8964]フロンティア投資法人が好んで投資する『大規模な商業施設』は都心にはなかなかないものでございまして、どうしても『郊外・地方』が多めになってしまうのは仕方ない事なのかもしれません。これは好き嫌いわかれるところだと思うのですが、個人的には『郊外・地方』も大都市圏であればこれからもそれなりに競争力を確保するものと見ています。他のリート銘柄との地域分散という観点からも良い事だと思うんですよね。

フロンティア投資法人 含み益が増大中

[8964]フロンティア投資法人 含み益が拡大中:不動産市況が活況になってきましたので、最近は『含み益』が拡大するリートが出てきています。競争力のある商業施設を多数保有している[8964]フロンティア投資法人も例外ではないんですけれども、この説明を読むと実は同社は今まで1回も含み損に陥った事がないとあるんですよね。リーマンショック時にも含み損ではなかったというのはかなり健闘している方だと思いますね。

[8964]フロンティア不動産投資法人から分配金をいただきました。

8964 フロンティア不動産投資法人 分配金

さて、今回は[8964]フロンティア不動産投資法人から1口あたり10,211円の分配金をいただきました。保有口数は4口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は34,589円ということになりました。

『賃料固定型』の長期契約が多いために長期にわたって分配金が安定する傾向のある[8964]フロンティア投資法人。今期の分配金が初めての10,000円超えに対し、来期の分配金予想が9,400円なのはちょっと不安に思う点がある方もいらっしゃると思うのですが、これは今期に1物件を売却しているためなんですよね。同社としては9,000円は安定分配ラインと定めているようですので、今後も長期投資する際は保守的に9,000円くらいを目安としておくと良いのではないでしょうか。

最近の[8964]フロンティア投資法人の株価は過去1年・2年ともにREIT指数とほぼ同じ値動きとなっています。REIT指数自体が好調なので、当然同社の株価も好調ということになりますね。分配金利回りは2014年9月下旬現在で3.6%前後まで下がってきておりまして、私が新規投資をする上ではちょっと物足りないかなという印象です。オフィス系と違って将来の分配金上昇余地があまりありませんからね。しばらくは様子見ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ