ANA7便 1回目の洋食の機内食。キャビア・ステーキなどコテコテの洋食メニューです。(ANAファーストクラスで行くサンフランシスコの旅 その24) - 高配当株で配当金生活

ANA7便 1回目の洋食の機内食。キャビア・ステーキなどコテコテの洋食メニューです。(ANAファーストクラスで行くサンフランシスコの旅 その24)

今回は毎日1記事ずつ更新している『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅行記』の第24回目の記事となります。今回は、ANAHD[9202]のサンフランシスコ発成田空港行き、ANA7便の1回目の洋食の機内食をご紹介することにしたいと思います。日本発の洋食ほど繊細ではありませんが、良くも悪くもアメリカっぽい洋食のように思いますね。

この記事以外の『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅』の記事はこちら。

定番すぎてコテコテの機内食ですが、無難な美味しさでした。

うんしゅう蜜柑ジュース

今月のソフトドリンク『うんしゅう蜜柑ジュース』:さて、本来ファーストクラスであれば『クリュッグ』などのめちゃくちゃ高いシャンパンで一人乾杯というのが定番の楽しみ方だそうなんですけれども、飛行機に乗るとスグに酔っぱらってしまう私はうんしゅう蜜柑ジュースで乾杯することにしたいと思います。

by カエレバ

この『うんしゅう蜜柑ジュース』は、一見ただの『蜜柑ジュース』にも見えてしまうんですけれども、そこはさすが[9202]ANAのファーストクラス、この蜜柑ジュースはあの千疋屋さんの蜜柑ジュースなんですよね。上の画像は千疋屋さんの公式ウェブサイトのリンクなんですけれども、そのお値段の高さに腰を抜かす事は確実ではないかと思います。

アミューズ

今回のアミューズ:パテ・ド・カンパーニュ、エリンギ茸のソテー パルメザンチーズ風味、スモークサーモンとクリームチーズのミルフィーユ仕立て、チーズペッパーバー

本日のパン

本日のパン:4種のパンから自由に選択、ノルマンディー産イズニーバター・オリーブオイルとともに提供されます。

アペタイザー(1)

アペタイザー(1):キャビアにトラディショナルなガーニッシュを添えて

キャビア

さて、ファーストクラスのアペタイザーと言えばやはりキャビアであるというのが私の感想です。他の選択肢が『カニ』『カモ』となっており、それも決して悪くはないんですけれども、どうしてもキャビアに比べると劣ってしまう印象がありますよね。また、日本発の便のように凝ったキャビア料理も良いと思うのですが、私はこんな感じで素直にキャビアをいただく方が好みかなと思いますね。

ニース風サラダ

アペタイザー(2):ニース風サラダ

:ガーデンサラダ

アペタイザー(3):ガーデンサラダ(クリーミーブラックペッパードレッシング)。サラダ食べ過ぎじゃない!?というツッコミもあると思いますが、アメリカ滞在中は野菜がちょっと少なめな気がしたので、ここでバランスを整えたいと思います。

牛フィレ肉のステーキ プロヴァンス風

メインディッシュ:牛フィレ肉のステーキ プロヴァンス風。他の選択肢はシーバスのソテー、豚バラ肉の煮込みでした。ファーストクラスのメインディッシュに敢えて豚バラというのも乙なものかなと感じたんですけれども、結局は洋食機内食の超定番である『ステーキ』に落ち着いています。

アイスクリームとシャーベット

デザート:アイスクリームとシャーベットの取り合わせ。他の選択肢である『チーズケーキ』『りんごのタルト』にも惹かれるところはあったのですが、アメリカ滞在中はオーバーカロリーな気がしたので、ちょっとでもあっさりと終われそうなアイスクリームを選択しました。まあ、3つもアイスが入っているので全然『ローカロリー』ではありませんよね。

ということで、今回は『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅』その24のANA7便 成田空港行きの1回目の洋食の機内食を中心にご紹介しました。次回、その25ではANA7便の2回目の機内食をご紹介する事にしたいと思います。このシリーズは完結まで毎日1記事ずつアップしますので、興味のある方は毎日ご覧いただければ幸いでございます。

■ 前の記事:その23 ANA7便 成田空港行 ファーストクラスの座席とアメニティをご紹介
■ 次の記事:その25 ANA7便 成田空港行 ファーストクラス2回目の機内食をご紹介

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ